お酒

免疫スイッチを刺激!? 最近わかった「にごり酢」のすごいパワーとは

昔から「体にいい」と言われるお酢。料理からではなく、健康飲料として採り入れている人もいます。最近では、”酢酸菌”のパワーがすごいことがわかり、その力を秘める「にごり酢」に注目が集まっているようです。

約束は二重構造。雑用ができない者に大きな仕事は来ない【佐藤優】

「約束を守ること」は仕事の基本ですが、最近はこれがないがしろにされているような雰囲気もあります。一方で、約束を厳格に守ろうとしすぎると、人間関係において弊害が出てくることも……。外交官として要人と渡り合ってきた佐藤優さんが、約束と信頼の関係…

外交官の酒宴は真剣勝負! “飲まれない”酒とのつき合い方【佐藤優】

ビジネスパーソンにとって、酒とのつき合い方は意外に大きなポイント。酒が入ると人が変わったり他人にからんだりして、それまでの人間関係を壊してしまうような例がたくさんあります。逆に上手に酒が飲めれば、これほど人との関係を円滑にできる手段はあり…

「赤ワインは体にいい」にエビデンスなし!? 飲酒の健康リスクの真実

お酒といえば、「百薬の長」とか「赤ワインに含まれるポリフェノールが体にいい」などと言われることがあります。一方で、飲酒は様々な病気の元になるという説があるのも事実。医師で医療ジャーナリストの松村むつみ氏によれば、相反するような内容の「エビ…

「ウチの人、アルコール依存症かも……」どう対処するのが正解か

「このごろ、あの人昼間でもお酒のニオイがする」「最近、身なりが不潔っぽくなってきた」…。家庭や職場などで、お酒を飲みすぎている人や、飲みすぎによる異変を感じられる人がいたとき、どのように対処すればいいのでしょうか? 依存症のリスク者に対して…

飲む言い訳の定番「酒は百薬の長」には根拠がなかった!

お酒が好きな人は、自分の中でいろいろな理屈をつけて、なんとかして飲む理由を見つけようとします。もしあなたが「『酒は百薬の長』って言うくらいだから、少し飲むのは体にいいはずだ」と思っているなら、それはただちに見直した方がいい考え方の一つです…

“ストロング系”には要注意! アルコールの依存性は覚醒剤をも上回る

普段の行動が制限されると、どうしてもストレスがたまり、身体と心は無意識のうちに“他の何か”で発散させようとします。その対象が害の少ないものであればいいのですが、簡単に手に入る「お酒」に向かってしまう人もいます。知らずのうちに深みにハマってし…

「もう、僕たちにお酒は必要ない!」禁酒で手に入る7つのメリット

人類とアルコールは古代エジプト時代からの長いおつき合い。お酒を飲むと「気分がよくなる」などの短期的なメリットはあるものの、最近はこうした考え方や飲み方が逆転するような動きも見られ、アルコールをとりまく世界は急速に変わろうとしています。そし…

要警戒! 毎日晩酌する人は立派なアルコール依存症の予備軍です

外でお酒を飲む機会は減っていますが、「かえって家でたくさん飲んでしまう…」という方が多くいるようです。「自分は大丈夫」と思っていても、いつの間にか耐性ができて“アルコール依存症”になってしまうケースは多いもの。アルコール依存症の専門医として多…