お金

“月100万円使う資産家”が「100円のムダ使い」を心底嫌う理由

“お金持ちになる”“お金を増やす”というと、どうしても節約をすることを考えてしまいます。それも絶対的に必要なことではあるのですが、すでにお金持ちになっている人は、「お金の使い方」が上手いからお金持ちになれたという一面もあるのです。どうしたらお…

プロに相談? 雑誌を買う? 初心者が必ずハマる「投資の落とし穴」

「今の貯金だけでは老後が不安」「社会保障費がかさんで手取りがなかなか増えない…」。このような理由で投資を始める方が最近増えていますが、投資の世界は完全なる「自己責任」の世界。高い授業料を払ってお金と時間をムダにしないために、投資を始めるとき…

今さら聞けない「iDeCo」「ふるさと納税」のお得なしくみとは

”老後2000万円問題”を機に「iDeCo(個人型確定拠出年金)」や「ふるさと納税」にあらためてスポットが当たりました。気になりつつもまだやっていない…という人も多いのではないでしょうか。「会社員にとって具体的にどうお得なのか」について、公認会計士・…

もし富士山が噴火したら被害総額は?… お金にまつわる豆知識5選

「”老後2000万円問題”はコロナ禍でどう変化したか」「いまさら聞けない”YouTuber が儲かるしくみ”」「もし富士山が噴火したら、被害額はどれくらいか」…など。雑談力が高まりそうな、お金に関する豆知識を5つご紹介します。

なぜ節税のやりすぎはNG? 社会人が知っておきたい企業会計の基礎

コロナ禍で世の中は一変し、先行きの読めない時代になりました。勤め先や関連会社がいつどうなるかもわかりません。そもそも会計的には、儲かっている会社であっても、資金繰りに失敗すると「倒産」の憂き目に遭ってしまいます。そのしくみについて、経営コ…

お金持ちになりたい人が「絶対にやっておいた方がいいこと」とは

「無いよりあったほうがいい」「たくさん欲しい」と思うのが”お金”。必ずしも、頭のいい人や年収の多い人がお金持ちになれるわけではないのは、なぜでしょうか。ヨーロッパ最高峰のマネーコーチとも称されるボード・シェーファー氏によると、いくつかの重要…

報酬制のおこづかいがNGな理由を5女1男をもつ大人気FPが解説

ファイナンシャルプランナーの横山夫妻は、子供が小学3年生になると、毎月500円の「おこづかい制」でお金を与えるようにしているそうです。学年が上がるたびに月100円ずつ増える仕組みですが、きょうだいのうち五女だけは毎月600円でのスタートだったとか。…

浪費がちな還暦世代は今の若者に“お金の価値観”を学べ【佐藤優】

60歳を超えたほとんどの人が直面させられるのが「収入減」。それなのにお金を気にせず使えたころの感覚を修正できず、いつの間にか目減りする貯蓄に恐怖を覚えたという人もいます。作家の佐藤優さんによると、そこで参考になるのが現在の若者たちのお金に対…

定年後の再就職を成功させるには「50代からの準備」が不可欠な理由

人生100年時代、できるだけ長くしっかり稼ぐことが必要不可欠になってきています。それには、まず定年後の「再就職」を成功させなければなりませんが、なかなかうまくいかないという人も多いようです。シニア世代の再就職を成功させる実践的ノウハウを、人材…

「つい買ってしまった…」をなくす“冷却期間”の重要性【佐藤優】

ネットとの接触時間が増えるにつれ、物欲を刺激する広告にさらされる時間も長くなります。ワンクリックで購入できる気軽さから、つい実際には必要のなかったものまで買ってしまいがちですが、作家の佐藤優さんは無駄遣いを防ぐ簡単な方法があると言います。…

お金を貸すくらいなら“あげてしまう”のがベストな理由【佐藤優】

「利害を超えた関係」といえば聞こえはいいですが、実際は家族であれ親しい友人であれ、必ずといっていいほどお金が人間関係に大きな影響を与えています。お金の貸し借りが原因となって関係を損なってしまわないように、その扱いは慎重になる必要があります…

iDeCo(イデコ)は「年金は自己責任」という国からのメッセージ

税制面で大きな優遇が受けられることから、開始以来多くの人が加入しているiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)。徴収できるはずの税金を国が免税してまでこの仕組みを推進しようとするのはなぜでしょうか? そこには政府からの日本国民へのある“メッセージ…

普通の人は金融商品ではなく健康へ投資するのが一番効果的【佐藤優】

「これからの時代は投資で資産運用しなければならない」など、一般の個人に投資を促す声がよく聞こえてきます。しかし、「個人投資家は不利な条件で戦うことが前提だ」と作家の佐藤優さんは話します。さらに、お金を増やそうとする以前に、「自分の健康」へ…

あなたが思うより早く「管理職への選別」は終わっている【佐藤優】

個人に運、不運があるように、世代にも運、不運があります。バブル崩壊後に成人となり、就職氷河期を経験した40代は、運が悪かった世代だと言えるかもしれません。作家の佐藤優さんが働く40代の人に焦点を当てて、生き残りのために実践的な指針を示してくれ…

40代でシングルの人には相応の覚悟と準備が必要になる【佐藤優】

日本における未婚率は年々上昇しており、2019年の国勢調査によると40代の未婚率は40代前半で24.6%・40代後半で21.0%となっており、およそ4~5人に1人が未婚ということになります。独身だとパートナーに束縛されないというメリットはあるものの、自由があるこ…

副業ではわからない「お金を手に入れること」の難しさ【佐藤優】

コロナ禍では日々の暮らしにも困る人が増える一方、高級品の消費もそれほど落ち込んではいません。以前よりますます格差が拡大してきていると感じている人も多いのではないでしょうか。作家でマルクスを長年研究している佐藤優氏は、資本主義では必然的に格…

戦争は平等を実現する手段!? 大格差時代を生き抜くには【佐藤優】

コロナ禍では日々の暮らしにも困る人が増える一方、高級品の消費もそれほど落ち込んではいません。以前よりますます格差が拡大してきていると感じている人も多いのではないでしょうか。作家でマルクスを長年研究している佐藤優氏は、資本主義では必然的に格…

資本主義社会の本質は『わらしべ長者』が教えてくれる【佐藤優】

思わぬ収入があった、無駄使いをしてしまった、将来に備えて投資をした――。私たちは日々お金に感情を動かされながら生活していますが、そもそもお金とは何でしょう? お金が多くあれば幸せになれるのか、なくても精神的な豊かさがあればいいのか。お金と密接…

年収700万円より1000万円の方が大きな不満を感じる理由【佐藤優】

「給料は多ければ多いほどいい」――。これは多くの人の偽らざる本音でしょうが、働き方や心身にかかるストレスのことを考えると、実はそれほど単純なことではないかもしれません。作家の佐藤優さんが、この時代のお金と働きがいの関係について教えてくれます。

80歳になっても資産が減らない!? 「取り崩し運用」のすごい効果

以前話題になった「老後2000万円問題」を例に出すまでもなく、老後資金の不安を抱えている人は数多くいます。そこで必要になるのが「投資」ですが、いざ実行しようとしても、投資に対する誤ったイメージや疑問が壁になっているようです。そこで、一般投資家…

暴落も問題ナシ! 投資初心者が老後資金をつくるたった1つの方法

以前話題になった「老後2000万円問題」を例に出すまでもなく、老後資金の不安を抱えている人は数多くいます。そこで必要になるのが「投資」ですが、いざ実行しようとしても、投資に対する誤ったイメージや疑問が壁になっているようです。そこで、一般投資家…

勉強より大切! 子どもを幸せにするには「お金の価値観」を育てなさい

5女1男をもつ大人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの家庭では、月に一度「家族マネー会議」を開き、家計について貯蓄額まですべてオープンにしているそうです。それによって子どもには「お金の価値観」が育ち、他にも思わぬ効果が生まれていた…

原価22円の一万円札が「お金」と信じられているカラクリ【佐藤優】

「生きるうえで、お金はなくてはならないもの。誰だってお金はほしいし、たくさん稼ぎたい。ただし、お金には麻薬のような、ある種人間の感覚を麻痺させる力がある」――。そう語るのは元外交官で作家の佐藤優氏。お金の大切さや怖さと同時に、お金の本質につ…

電子マネーは「魔法のカード」!? 子どもにお金の価値を教える方法

急速にキャッシュレス化が進む昨今、子どもにはお金に対する考え方をしっかり教えておく必要があります。学校では行われないお金の教育について、キッズマネースクール代表の三浦康司さんに教えてもらいました。子どもと一緒に知っておきたい、「これからの…

お金の失敗は早い方がいい! 日本の子供に足りない「お金の教養」

日本でも急速にキャッシュレス化が進んでおり、お金の形はどんどん変化しています。親としては、これからの時代を生きる子どもたちに、できるだけ正しく「お金」のことを教えたいものです。お金との向き合い方について、キッズマネースクール代表の三浦康司…

シニアの再就職で履歴書に書くべきこと・絶対書くべきでないこと

60歳で定年リタイアできるのは今や一握り。むしろ、長すぎる老後を少しでも充実したものにするために、60歳を超えてからも転職してバリバリ働きたいという人が増えています。でも、そこで自分の経歴をアピールしようと履歴書にいろいろ書き込んでしまうと………

50代からは「お金意識」を少しずつシフトチェンジする

給料頼みでサラリーマン人生を送ってきた人ほど要注意。定年の文字がちらつき始めた50代からは今までの「お金意識」を変えないと、大変な老後を送るはめになるかもしれません。やみくもにお金を貯めるのではなく、未来の明るくするお金意識の持ち方を中谷彰…

子どもに「投資」について教えるのに、早すぎるということはない

5女1男をもつ大人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの家庭では、月に一度「家族マネー会議」を開き、家計について貯蓄額まですべてオープンにしているそうです。それにはどんな狙いがあり、どんな効果が生まれているのでしょうか?

将来お金で失敗しない子になる 「家族マネー会議」のススメ

5女1男をもつ大人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの家庭では、月に一度「家族マネー会議」を開き、家計について貯蓄額まですべてオープンにしているそうです。それにはどんな狙いがあり、どんな効果が生まれているのでしょうか?

定年後も「年金+300万円」稼ぎたい人が捨てるべき5つの意識

現在50代の人は、「逃げ切れない世代」に属しています。だとすれば、定年後も「時給1200円」というような仕事をするのではなく、できるだけ現役時代と変わらなく稼いで老後を充実させたいと思うはずです。しかしそれには、50代のうちから意識を変えて、スキ…

「若いうちに使うお金は財産」林修先生が言う本当の意味

お金とは目的ではなく手段であり、稼ぐこと以上にその使い方に目的や品格が求められる――。テレビでも活躍する人気予備校講師の林修先生に、本当に自分を向上させてくれるお金の使い方ついて教えてもらいました。

日本人の年金がピンチ!? 運用成績が世界と比べて明らかに低い理由

これから急激な少子高齢化を迎える日本では、「年金」の原資不足が懸念されています。政府は少しでもそれを補おうと巨大な資金を投資に回していますが、その成績は世界標準の半分以下。それにはどのような理由があるのでしょうか。信州大学特任教授の上地明…

再雇用でも年収を減らしたくない人の「リファラル採用」戦略とは

50代にもなると、定年後の再雇用のことが気になってくるもの。リクルート出身で1万人以上の人に働き方についてのインタビューをしてきた大塚寿さんは、60歳を超えても満足のいく働き方をするには、早くから役職定年や定年・再雇用、再就職について戦略的に…

副業に才能は不要! “平凡”だからこそ稼げる3つのステップ

ボーナスがあてにならない昨今、副業でもはじめてみようかなと考えている人は多いかもしれません。じつは、副業で稼ぐのに「華やかな経験」「目覚ましい実績」「ネットやSNSの知識」なんていりません。あなたの持ち味を生かした、無理のない副業の見つけ方を…

50歳でも遅くない! “世界の成長に乗るだけ”の老後資金づくり

老後には最低限「2000万円」が必要だといわれます。「でも、もう50歳で貯金がほとんどなくて……いまさら間に合うの?」という人でも大丈夫! 「貯金ゼロ・知識ゼロ」でも、世界ではごく当たり前の2つの資産運用術を実践するだけで、リスクを最小限に抑えた老…