お金

お金の失敗は早い方がいい! 日本の子供に足りない「お金の教養」

日本でも急速にキャッシュレス化が進んでおり、お金の形はどんどん変化しています。親としては、これからの時代を生きる子どもたちに、できるだけ正しく「お金」のことを教えたいものです。お金との向き合い方について、キッズマネースクール代表の三浦康司…

シニアの再就職で履歴書に書くべきこと・絶対書くべきでないこと

60歳で定年リタイアできるのは今や一握り。むしろ、長すぎる老後を少しでも充実したものにするために、60歳を超えてからも転職してバリバリ働きたいという人が増えています。でも、そこで自分の経歴をアピールしようと履歴書にいろいろ書き込んでしまうと………

50代からは「お金意識」を少しずつシフトチェンジする

給料頼みでサラリーマン人生を送ってきた人ほど要注意。定年の文字がちらつき始めた50代からは今までの「お金意識」を変えないと、大変な老後を送るはめになるかもしれません。やみくもにお金を貯めるのではなく、未来の明るくするお金意識の持ち方を中谷彰…

子どもに「投資」について教えるのに、早すぎるということはない

5女1男をもつ大人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの家庭では、月に一度「家族マネー会議」を開き、家計について貯蓄額まですべてオープンにしているそうです。それにはどんな狙いがあり、どんな効果が生まれているのでしょうか?

将来お金で失敗しない子になる 「家族マネー会議」のススメ

5女1男をもつ大人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの家庭では、月に一度「家族マネー会議」を開き、家計について貯蓄額まですべてオープンにしているそうです。それにはどんな狙いがあり、どんな効果が生まれているのでしょうか?

定年後も「年金+300万円」稼ぎたい人が捨てるべき5つの意識

現在50代の人は、「逃げ切れない世代」に属しています。だとすれば、定年後も「時給1200円」というような仕事をするのではなく、できるだけ現役時代と変わらなく稼いで老後を充実させたいと思うはずです。しかしそれには、50代のうちから意識を変えて、スキ…

「若いうちに使うお金は財産」林修先生が言う本当の意味

お金とは目的ではなく手段であり、稼ぐこと以上にその使い方に目的や品格が求められる――。テレビでも活躍する人気予備校講師の林修先生に、本当に自分を向上させてくれるお金の使い方ついて教えてもらいました。

日本人の年金がピンチ!? 運用成績が世界と比べて明らかに低い理由

これから急激な少子高齢化を迎える日本では、「年金」の原資不足が懸念されています。政府は少しでもそれを補おうと巨大な資金を投資に回していますが、その成績は世界標準の半分以下。それにはどのような理由があるのでしょうか。信州大学特任教授の上地明…

再雇用でも年収を減らしたくない人の「リファラル採用」戦略とは

50代にもなると、定年後の再雇用のことが気になってくるもの。リクルート出身で1万人以上の人に働き方についてのインタビューをしてきた大塚寿さんは、60歳を超えても満足のいく働き方をするには、早くから役職定年や定年・再雇用、再就職について戦略的に…

副業に才能は不要! “平凡”だからこそ稼げる3つのステップ

ボーナスがあてにならない昨今、副業でもはじめてみようかなと考えている人は多いかもしれません。じつは、副業で稼ぐのに「華やかな経験」「目覚ましい実績」「ネットやSNSの知識」なんていりません。あなたの持ち味を生かした、無理のない副業の見つけ方を…

50歳でも遅くない! “世界の成長に乗るだけ”の老後資金づくり

老後には最低限「2000万円」が必要だといわれます。「でも、もう50歳で貯金がほとんどなくて……いまさら間に合うの?」という人でも大丈夫! 「貯金ゼロ・知識ゼロ」でも、世界ではごく当たり前の2つの資産運用術を実践するだけで、リスクを最小限に抑えた老…

iDeCo(イデコ)は「年金は自己責任」という国からのメッセージ

税制面で大きな優遇が受けられることから、開始以来多くの人が加入しているiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)。本来は徴収できるはずの税金を国が免税するのはなぜでしょうか? そこには政府からの日本国民へのある“メッセージ”が込められています。老後…

報酬制のおこづかいがNGな理由を5女1男をもつ大人気FPが解説

ファイナンシャルプランナーの横山夫妻は、子供が小学3年生になると、毎月500円の「おこづかい制」でお金を与えるようにしているそうです。学年が上がるたびに月100円ずつ増える仕組みですが、きょうだいのうち五女だけは毎月600円でのスタートだったとか。…