がん検診

50歳を過ぎたら定期的に検診を受けたい部位は?「がん」対策の真実

がんのリスクは、年齢が上がるにつれて高まる一方で、性別・年代によって罹患しやすい部位が異なるという側面もあります。定年が気になり始める50歳前後は、がん対策を考えるひとつのポイントになりそうです。がん検診の専門家である中山富雄先生に、お話を…

がん自体よりダメージ大!?「がんの疑い」を告げられる精神的負担

がん検診で、がんはないのに「がんの疑いあり」とされて精密検査を要求されることを「偽陽性」といいます。結果的にがんではないと診断されたとしても、それまでの心理的不安や葛藤は実際にがんである場合をも上回るほどだそうです。国立がん研究センターに…

コロナでがん検診の受診率が低下…懸念される“進行がん”の大幅増

「日本人の2人に1人ががんになる」といわれていますが、日本のがん検診受診率は先進国のなかでも最低レベル。さらに、このコロナ禍で「不要不急の外出自粛」が呼びかけられたこともあり、2020年度のがん検診受診率は大きく減ってしまったそうです。未発見…