ひきこもり

“心配性タイプ”の精神科医が勧める「いったん保留」という魔法

“度を越した心配性”と自認する精神科医の鹿目将至先生によると、最近では「不安」に加えて「焦り」を感じる患者さんが増えているようです。そのようななか、心をラクに保つためにはどうしたらいいのでしょうか。具体策を教えていただきました。

自粛生活は危険!?「コロナストレス」に負けない脳をつくる3要素

出口の見えない自粛生活により、多くの人がストレスを感じながら過ごしています。セロトニン研究の第一人者である有田秀穂氏いわく、生活様式の変化を余儀なくされた今、必要なのは「私たちにもともと備わる“ストレスを消すための機能”を活性化すること」。…

不登校の原因はメンタルじゃない!? 意外に知らない副腎疲労の怖さ

うっかりミスが多い、朝起きられないといったことから、「どうしてうちの子は……」と悩んでいる親御さんは多いかもしれません。スクエアクリニック院長の本間良子先生は「その状態は性格や心の問題ではなく、副腎疲労が原因かも」と指摘します。あまり聞き慣…

中高年ひきこもり―スキルを過信して会社を辞めてしまった人の末路

ひきこもりといえば、若い人たちがなるもの。そんなイメージとは異なり、実は中高年のひきこもりが多いという事実が明らかになっています。2018年の内閣府の実態調査によると、40~64歳のひきこもりは推計約61万人。「中高年のひきこもり」は、突然の会社か…

親の介護、突然の解雇…「中高年ひきこもり」は他人事じゃない

ひきこもりといえば、若い人たちがなるもの。そんなイメージとは異なり、実は中高年のひきこもりが多いという事実が明らかになっています。2018年の内閣府の実態調査によると、40~64歳のひきこもりは推計約61万人。「中高年のひきこもり」は、突然の会社か…