ピョートル・フェリクス・グジバチ

プロノイア・グループ株式会社代表取締役/モティファイ株式会社取締役チーフサイエンティスト。プロノイア・グループにて、企業がイノベーションを起こすため組織文化の変革コンサルティングを行い、その知見・メソッドをモティファイにてテクノロジー化。2社の経営を通じ、変革コンサルティングをAIに置き換える挑戦をする。 ポーランド生まれ。2000年に来日し、ベルリッツ、モルガン・スタンレーを経て、2011年、Googleに入社。アジア・パシフィック地域におけるピープル・ディベロップメント(人材開発)に携わったのち、2014年からはグローバル・ラーニング・ストラテジー(グローバル人材の育成戦略)の作成に携わり、人材育成と組織開発、リーダーシップ開発の分野で活躍。2015年に独立し現職。 著書に『リラックスイングリッシュ』(KADOKAWA)『日本人の知らない会議の鉄則』(ダイヤモンド社)、『世界最高のチーム』(朝日新聞出版)等がある。

「誰と会わないか」で人間関係をデザインするグーグル流人脈術

「自分の成長は“誰といっしょにいるか”が大きく左右するだけに、人間関係は意識的に狭くすることも大切だ」――。元グーグルのピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、人脈と仕事の成果についてこのように提言しています。仕事も人生も大きく変わるグーグル流…

グーグル流!大きな成果を上げるには「to do リスト」を捨てる

生産性は「何をしないか」で決まるという元グーグル人材育成統括部長のピョートル・フェリクス・グジバチ氏。もしも効率よくタスクを進めるために「to do リスト」を活用しているとしたら、「not to doリスト」を大事にしてほしいというが……。果たしてその真…

「がんばらない」のに成果10倍! グーグル流働き方の極意とは 

「がんばります!」が仕事における口ぐせになってはいませんか? グーグルのように‟新しい未来”を創るニューエリートは、あれもこれもこなそうとするのではなく、「ムダを捨てること」をもっとも大切にしています。つまり「がんばらない」のです。どうして「…