ボード・シェーファー

1960年ドイツケルン生まれ。 16歳のとき、ドイツから単身でカリフォルニアの高校へ。アメリカ英語がわからず、ホテルのベッドに座って絶望の日々を過ごすが、持ち前の反骨精神から、ドイツ語教師となり生き抜く。ドイツに戻り法律の学生生活の中で400万円の借金を負い、26歳のときにはさらに大きな借金を抱え会社を倒産させるが、最初のコーチの助けの下一年半で借金を完済。30歳で資産運用金で生活できるまでになる。その後、経営コンサルタントとして成功を収め、様々な国でセミナーを開催し好評を得ている。資産形成と幸福に関する本の著者として著名で、世界的にお金の指導者と呼ばれている。 代表作『Der Weg Zur Finanziellen Freiheit』(The Road to Financial Freedom)は世界1000万部以上のベストセラーで30か国語以上に翻訳されている。

時間の少ない高齢者ほど投資の「リスク」を受け入れる力が必要だ

将来についての不安はいろいろありますが、突き詰めれば「お金」に関することが一番大きなものでしょう。それでは、不安がなくなるくらいお金持ちになるには、どうすればいいのでしょうか。経営・資産形成コンサルタントのボード・シェーファーさんは「『複…

貯蓄500万円以下の人はカードを捨てるべき―富裕層のお金常識

カネ余りの昨今、私たちの周りには気軽に借金ができる仕組みがたくさんあります。なかでも、クレジットカードが“借金”だとは思わない人が多いかもしれませんが、経営・資産形成コンサルタントのボード・シェーファーさんによると、これも立派な借金だという…

"本当のお金持ち"は投資ではなく「貯蓄」から生まれる納得の理由

「お金持ちになる」というと、この低金利・株高時代には貯蓄より投資が先に思いつきますが、実際には大富豪は逆の順序で生まれているそうです。経営・資産形成コンサルタントのボード・シェーファーさんは「世界の億万長者は倹約家が多い。お金持ちになるた…

お金持ちになりたい人が「絶対にやっておいた方がいいこと」とは

「無いよりあったほうがいい」「たくさん欲しい」と思うのが”お金”。必ずしも、頭のいい人や年収の多い人がお金持ちになれるわけではないのは、なぜでしょうか。ヨーロッパ最高峰のマネーコーチとも称されるボード・シェーファー氏によると、いくつかの重要…