マナー

自分の写真が無断でSNS上に…ありがちな「ネットのハラスメント」

近年ではいろいろなことが「ハラスメント」と結びつき、それを窮屈に感じている人もいます。だからこそ押さえておきたいのが、「やってしまいがちなNG行為」。これは特に、ネット上で多く見られるようです。でも事前に注意点がわかっていれば、過剰に気にす…

「冗談のつもり」はもう通用しない―やってはいけないハラスメント

言ったほうは「なんの気なし」「ちょっとした冗談のつもり」だったとしても、それが“ハラスメント”に該当するというケースは珍しくありません。2020年6月から(中小企業は2022年4月から)「改正労働施策推進法」(通称:パワハラ防止法)が適用され、ハラ…

「知らなかった」では済まされない! 新種のハラスメントに要注意

コロハラ、キメハラ、ソジハラといった言葉をご存じでしょうか。時代の変化とともに新しい概念が生じるものですが、もはやハラスメントについては「知らなかった」では済まされません。「セクハラ防止法」の施行時に旧労働省セクハラ調査研究会委員だった野…

ポイントは3つ! 「大ハラスメント時代」に当事者にならない極意

「パワハラ」が社会問題化して久しいですが、様々な言葉と結びついた新しい”ハラスメント”が続々と登場しています。そんな現状に、「何がセーフで何がアウト?」と戸惑っている方も多いかもしれません。こうした時代の波にのまれないためのポイントを、日本…