三橋健

1939年、石川県生まれ。神道学者。神道学博士。國學院大學大学院文学研究科神道学専攻博士課程を修了。永年、國學院大學神道文化学部および同大学院教授を務め、2010年、定年退職。現在は、日本の神道文化研究会の代表として活躍している。

「八百万(やおよろず)の神」と言うけれど、神様の実際の数とは?

アニミズム(多神教)を信仰のルーツとする日本。誰もが「八百万の神」という言葉を知っていますが、実際のところ、日本の神様の数はどれくらいなのでしょうか。神道学者の三橋健先生監修のもと、ご紹介します。

「〇〇神社」「□□大社」…呼び名がいろいろあるのはどういうこと?

日本人の多くが初もうでに出かけますが、神社のなかには、明治神宮や出雲大社など「○○神社」と呼ばれないところがあります。そうした違いがあるのはなぜでしょうか。神道学者の三橋健先生監修のもと、ご紹介します。

初もうで前に知っておきたい! おみくじを二度引いてはいけない理由

「お守りの中には何が入っているのか」「おみくじはなぜ二回引いてはいけないのか」など、お正月になるとふと、気になるかもしれません。そうした神社にまつわる疑問について、神道学者の三橋健先生監修のもとご紹介します。