上地明徳

1958年東京生まれ。オンライン金融ビジネススクール「上地ゼミ」主催者、一般向けには同じくオンラインで学べる「アール宅配便」を通じて長期国際分散投資の啓蒙活動を行う。また、信州大学経営大学院特任教授としてファイナンス科目を担当。早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了、米国モルガン・スタンレー証券にトレーダーとして入社。1998年、日本初の投資信託専門証券会社の設立に参画、同社にて専務取締役。その後、米国大手資産運用会社にてアドバイザーを歴任。『ダマされたくない人の資産運用術』(小社刊)のほか著書・論文多数。2014年、大阪銀行 協会より論文『銀行の投資信託販売と投資家の行動バイアス』で優秀賞を受賞。2016年、『年金民営化の経済分析』で特別賞受賞。

80歳になっても資産が減らない!? 「取り崩し運用」のすごい効果

以前話題になった「老後2000万円問題」を例に出すまでもなく、老後資金の不安を抱えている人は数多くいます。そこで必要になるのが「投資」ですが、いざ実行しようとしても、投資に対する誤ったイメージや疑問が壁になっているようです。そこで、一般投資家…

暴落も問題ナシ! 投資初心者が老後資金をつくるたった1つの方法

以前話題になった「老後2000万円問題」を例に出すまでもなく、老後資金の不安を抱えている人は数多くいます。そこで必要になるのが「投資」ですが、いざ実行しようとしても、投資に対する誤ったイメージや疑問が壁になっているようです。そこで、一般投資家…

日本人の年金がピンチ!? 運用成績が世界と比べて明らかに低い理由

これから急激な少子高齢化を迎える日本では、「年金」の原資不足が懸念されています。政府は少しでもそれを補おうと巨大な資金を投資に回していますが、その成績は世界標準の半分以下。それにはどのような理由があるのでしょうか。信州大学特任教授の上地明…

50歳でも遅くない! “世界の成長に乗るだけ”の老後資金づくり

老後には最低限「2000万円」が必要だといわれます。「でも、もう50歳で貯金がほとんどなくて……いまさら間に合うの?」という人でも大丈夫! 「貯金ゼロ・知識ゼロ」でも、世界ではごく当たり前の2つの資産運用術を実践するだけで、リスクを最小限に抑えた老…