人間関係

なぜマッキンゼーでは「怒り」のコントロールが重要視されるのか

ビジネスに求められるスキルはいろいろあるが、そのベースとなる最も大切なものが「感情コントロール」の技術だ。マッキンゼーでは問題解決のスキルをそのまま感情コントロールに応用し、メンタルの安定に大きく貢献している。マッキンゼーをはじめとした外…

言い換えるだけ! 人生にブレイクスルーが起こる言葉の使い方

毎日頑張っているはずなのに、どうも仕事の結果はいまひとつ……。でも、もしかしたら「言葉の選び方」を変えるだけで、驚くほど良い結果を引き寄せられるかもしれません。「言葉」によって営業部門の実績を130%アップさせた伝説のトレーナー、松本秀男さんが…

CAは知っている!「超一流」の人ほどまわりに謙虚になる理由

「誰もが認めるような地位や実績を手にしているのに、超一流の方に限って謙虚で、感動を覚えることすらある」と話すのは、元日本航空のキャビンアテンダント(CA)の清水裕美子氏。超一流の人ほど、「自分はすごい」とアピールするような態度を取らないと言…

「自分のものは何もない」―心がスッと軽くなるマヤ人の考え方

うまくいかない人間関係、先が見えない不安な日々、なんだか「心」押しつぶされてしまいそう……。そんなときは、今から約4000年前、現在のメキシコやグアテマラあたり、ユカタン半島のジャングルに住んでいた「マヤ民族の叡智」にヒントを求めてみましょ…

マッキンゼー流! 混乱した思考をシンプルに整理する5つの方法

ビジネスに求められるスキルはいろいろあるが、そのベースとなる最も大切なものが「感情コントロール」の技術だ。マッキンゼーでは問題解決のスキルをそのまま感情コントロールに応用し、メンタルの安定に大きく貢献している。マッキンゼーをはじめとした外…

超一流ほど「相手を気づかう言葉」を自然に使っている理由

「物は言いよう」という言葉の通り、同じ内容を伝えるにしても、“ちょっとしたひとこと”をプラスすることで受け手の印象が大きく変わります。キャビンアテンダント(CA)として多くのエグゼクティブと接してきた清水裕美子氏は、「超一流の方は、言葉の選び…

怒りや悲しみを見える化!マッキンゼー流感情コントロールの技術

ビジネスに求められるスキルはいろいろあるが、そのベースとなる最も大切なものが「感情コントロール」の技術だ。マッキンゼーでは問題解決のスキルをそのまま感情コントロールに応用し、メンタルの安定に大きく貢献している。マッキンゼーをはじめとした外…

超一流が実践! クレームをクレームと感じさせない4つの伝え方

仕事柄、“超一流”と称される人と接する機会の多いキャビンアテンダント(CA)。そうした超一流の人たちにはCAの心をグッとつかむような『気くばり』があり、クレームでさえ相手への思いやりが感じられるのだそうです。日本航空の元客室乗務員で国際線のファ…

「ペットが病気なので休みたい」という“今どき部下”にどう答えるか

想定外のことを言ってきた若手部下をうまくコントロールしてこそ「できる上司」。しかし、多様化している価値観の中で、どうリーダーシップをとっていけばいいのか悩んでいる人も多いでしょう。職場の改善対策の専門コンサルタントとして300を超える企業や官…

あなたの身近な人が「敏感な人」だったら―HSPとの正しい接し方

小さなことを気にしてしまい、ちょっとしたことにも敏感に反応してしまう人をHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)と呼びます。これは性格の問題ではなく生まれ持った気質で、些細なことによく気がつく半面、周囲の人に振り回されて困惑したり、自分…

「昔ながらの指導」はもうNG。繊細な部下への正しいダメ出し法

いま、職場ではストレスに極端に弱い「繊細な部下」が増えつつあります。心が折れやすい彼らを立派なビジネスパーソンに成長させるには、愛情を持って叱らなければならない場面もあるのです。「昔ながらのやり方」が通用しない時代の指導方法を、職場の改善…

敏感すぎる人(HSP)が人間関係でひそかに困っている6つのこと

敏感すぎるため傷つきやすく、疲れやすいHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の人は、人間関係でも苦労が絶えません。日常生活の中で悩むことが多いであろう6つのシーンを想定し、その対処法について、日本におけるHSP研究の第一人者である長沼…

なぜ、いまどきの社員は心が折れやすい「繊細くん」ばかりなのか

「若手が何も言わずに辞めてしまう……」と悩む管理職が増えています。職場の改善対策の専門コンサルタントとして、20年近く300を超える企業や官庁などで研修を行ってきた渡部卓氏は、「繊細な世代」の思考や心理を知ることがこれからますます大切になると言い…

45歳の新人営業マンを異例の昇進へと導いた「ひと言」

仕事のありきたりな定型句にちょっとした言葉を加えたり、いつものメールに一文を加えるだけで、人間関係はもちろん自身への評価、仕事の業績、そして自分の未来さえも大きく変えることもできます。リーダーシップやコミュニケーション、子育て講演などで活…

任せるだけではダメ! 部下が自分から動くようになる3つの方法

「もっと優秀な人材がいれば成果が上がるのに……」 業績を見てはそんなため息をつく前に、成果を出せるように部下を動かすテクニックを身につけましょう。男性と女性とでは、仕事に対する姿勢や考え方が違いますし、上司から受ける言葉の解釈も違います。“デ…

「最初のひと言」で商談の成果は9割決まっている

仕事のありきたりな定型句にちょっとした言葉を加えたり、いつものメールに一文を加えるだけで、人間関係はもちろん自身への評価、仕事の業績、そして自分の未来さえも大きく変えることもできます。リーダーシップやコミュニケーション、子育て講演などで活…

男性部下と女性部下でこんなに違う! やる気を引き出す接し方

デキる上司は男性部下と女性部下の違いを知っていて、接し方を変えることで成果を上げています。時代の変化とともに女性の社会進出がこれからも進んでいくことを考えると、約95%もの上司が苦手意識を持っているといわれる「異性の部下」とのかかわり方を知…

「温度のある言葉」を意識して使うと家族の距離はグッと近くなる

言葉は人間関係をつくっていくことの基本です。もしいま家族とうまくつながれていないとすれば、自分が使っている言葉では何かが足りないのかもしれません……。リーダーシップやコミュニケーション、子育て講演などで活躍する松本秀男さんに、上手な言葉の使…