介護

79歳の料理研究家が伝授!「要介護」を遠ざける朝昼晩レシピ

一般的に、年齢が上がるほど食事の量が減りがちですが、栄養不足は健康維持の大敵。とりわけ大事なのが「たんぱく質」なのだとか。79歳の現役料理研究家で、作家としても活躍する村上祥子さんに、オススメのレシピを教えていただきました。

介護のやり方はそれぞれ別! 認知症「4つのタイプ」の見分け方

認知症には大きく分けて4つのタイプがあり、それぞれ対処法が少し異なります。患者とその家族に30年以上寄り添ってきた、医学博士の吉田勝明先生に教えていただきました。

50代になったら親と自分の介護について目星をつけておく【佐藤優】

子どもの進路、自分の健康や生きがい、パートナーとの関係など、50代になるとさまざま心配事が明らかになってきますが、そのなかでも特に重要性が高いのが「介護問題」ではないでしょうか。作家の佐藤優さんは親の介護だけではなく、自分の介護にも気を配っ…

高齢者にも“ダメ”はNG! 認知症を食い止める声かけの言葉10選

認知機能を上げるには介護をする方の話し方が大切です。「でも、具体的にどう声かけをすればいいのかわからない…」という方に向けて、より具体的なセンテンスや話し方のヒントをご紹介していきます。患者とその家族に30年以上寄り添ってきた、医学博士の吉田…

ついに親が要介護…身近な人が必ず知っておくべき3つの心構え

認知症になる方は年々増加し、その介護に向き合う方も増えています。親や身近な人が認知症になったとき、周囲の人はどのような心構えで接する必要があるのでしょうか?患者とその家族に30年以上寄り添ってきた医学博士の吉田勝明先生に教えていただきました。

大きな声で呼びかけるのは絶対NG! 認知症が進まない“話し方”

認知症になる方は年々増加し、その介護に向き合う方も増えています。親や身近な人が認知症になったとき、「症状が進行してほしくない」と思う方は多いでしょう。それには、認知症の人への話し方を工夫することが大切です。患者とその家族に30年以上寄り添っ…

親を叱りつけてしまう人が知らない、認知症の人の“心の中”

認知症になる方は年々増加し、その介護に向き合う方も増えています。親や身近な人が認知症になったとき、「症状が進行してほしくない」と思う方は多いでしょう。それには、まず認知症の人が物事をどう考えているのかを知ることが大切です。患者とその家族に3…

親の介護、突然の解雇…「中高年ひきこもり」は他人事じゃない

ひきこもりといえば、若い人たちがなるもの。そんなイメージとは異なり、実は中高年のひきこもりが多いという事実が明らかになっています。2018年の内閣府の実態調査によると、40~64歳のひきこもりは推計約61万人。「中高年のひきこもり」は、突然の会社か…