仕事術

仕事をやり始めてしまえば“やる気”は後からついてくる【中野信子】

「やる気が途切れがち」「何をやっても集中が続かない」「そもそもやる気が湧かない」…真剣に取り組もうとするほど陥りがちな悩みともいえますが、ちょっとした工夫でそれを解決できるとしたら、試さない手はありません。脳科学者の中野信子先生に、具体的な…

「集中できない…」は生命を守る“脳のシステム”だった【中野信子】

やるべきことが多いときや、慌ただしいとき、1つ1つに集中して効率的にこなすことが大事です。しかし、どんなに自分の好きな分野や興味がある内容に取り組む場合でも、集中状態を持続させるのは容易ではありません。そこで、様々なメディアで活躍する脳科…

たったひと言が‟極上のプレゼント”に! できる大人の言葉の選び方

同じ事実、同じ出来事なのに、選ぶ言葉によって相手に与える影響は大きく変わります。あなたの「小さな言葉のプレゼント」が、出逢う人に「大きな喜びと感動」を与える――。そんな言葉の使い方を、実際に言葉によって人生を大きく変えた松本秀男さんが教えて…

ほめる達人が使っている‟オンリーワン”を感じさせる究極の言い方

いい人間関係を築ける人は感情の伝え方が上手です。それはいかに相手の心に響くかを考えて言葉を選んでいるから。人の価値を見つけ、元気にする「ほめる達人」の松本秀男さんに、いい関係を引き寄せる言い換えの極意を聞きました。

言い換えるだけ! 人生にブレイクスルーが起こる言葉の使い方

毎日頑張っているはずなのに、どうも仕事の結果はいまひとつ……。でも、もしかしたら「言葉の選び方」を変えるだけで、驚くほど良い結果を引き寄せられるかもしれません。「言葉」によって営業部門の実績を130%アップさせた伝説のトレーナー、松本秀男さんが…

45歳の新人営業マンを異例の昇進へと導いた「ひと言」

仕事のありきたりな定型句にちょっとした言葉を加えたり、いつものメールに一文を加えるだけで、人間関係はもちろん自身への評価、仕事の業績、そして自分の未来さえも大きく変えることもできます。リーダーシップやコミュニケーション、子育て講演などで活…

「最初のひと言」で商談の成果は9割決まっている

仕事のありきたりな定型句にちょっとした言葉を加えたり、いつものメールに一文を加えるだけで、人間関係はもちろん自身への評価、仕事の業績、そして自分の未来さえも大きく変えることもできます。リーダーシップやコミュニケーション、子育て講演などで活…

パソコン仕事でこのショートカットを使ってない人は1年で30時間損している

ショートカットを一度使うことで短縮できる時間はわずか1、2秒にすぎないかもしれない。しかし、覚えるのが面倒だからと“力ワザ”で仕事をしていると、ムダが積み重なって年間では膨大な時間を失っていることになる。よく使うものから身につけていこう。

時間とお金のムダ!? パソコンは毎日シャットダウンしなくていい

パソコンの電源の操作には、「シャットダウン」、「スリープ」、「休止状態」の3つがあることをご存じでしょうか? この3種類の電源操作の特徴をしっかり理解し使い分けられれば、電気代と時間を節約できます。