伝え方

CAは知っている!「超一流」の人ほどまわりに謙虚になる理由

「誰もが認めるような地位や実績を手にしているのに、超一流の方に限って謙虚で、感動を覚えることすらある」と話すのは、元日本航空のキャビンアテンダント(CA)の清水裕美子氏。超一流の人ほど、「自分はすごい」とアピールするような態度を取らないと言…

超一流ほど「相手を気づかう言葉」を自然に使っている理由

「物は言いよう」という言葉の通り、同じ内容を伝えるにしても、“ちょっとしたひとこと”をプラスすることで受け手の印象が大きく変わります。キャビンアテンダント(CA)として多くのエグゼクティブと接してきた清水裕美子氏は、「超一流の方は、言葉の選び…

超一流が実践! クレームをクレームと感じさせない4つの伝え方

仕事柄、“超一流”と称される人と接する機会の多いキャビンアテンダント(CA)。そうした超一流の人たちにはCAの心をグッとつかむような『気くばり』があり、クレームでさえ相手への思いやりが感じられるのだそうです。日本航空の元客室乗務員で国際線のファ…

「頭がいい」は要注意! どんな相手にも通用するほめ方6つのツボ

ほめ上手な人がほめると、相手は心から喜んで時に顔を赤らめながら満更でもなさそうな表情をする。一方、ほめるのが下手な人がたまにほめると要領を得ず、おかしなことを言い出す。人間はほめられるのを好む。上手に人をほめるだけで、人生に大きな違いがも…

10秒で伝わる! 頭がいい人の説明に必ずある「4つの原則」

説明のうまい人と説明のヘタな人がいる。説明上手はそれだけで物事がスムーズに進む一方、説明ベタは理解してもらえないだけでなく、誤解が起こるなどの支障が起こる。言葉を使うだけなのに何が違うのか? 本来、説明は「10秒」で事足りるのに、説明がヘタな…