働き方

超一流ほど「相手を気づかう言葉」を自然に使っている理由

「物は言いよう」という言葉の通り、同じ内容を伝えるにしても、“ちょっとしたひとこと”をプラスすることで受け手の印象が大きく変わります。キャビンアテンダント(CA)として多くのエグゼクティブと接してきた清水裕美子氏は、「超一流の方は、言葉の選び…

労働時間がムダに長い人に共通する2つの特徴―本田直之の仕事観

もはや「長時間労働=がんばっている」ではないにもかかわらず、多くの人が意識を改められずにいます。これからの働く人は「時間」をどのようにマネジメントするべきなのか? 世界をまたいで自由な働き方をしてきた本田直之さんに、その考え方を教えてもらい…

怒りや悲しみを見える化!マッキンゼー流感情コントロールの技術

ビジネスに求められるスキルはいろいろあるが、そのベースとなる最も大切なものが「感情コントロール」の技術だ。マッキンゼーでは問題解決のスキルをそのまま感情コントロールに応用し、メンタルの安定に大きく貢献している。マッキンゼーをはじめとした外…

オンライン就活は「カメラ映り」が9割!? 失敗しない12のコツ

キャリアコンサルタントとして25年以上学生に就活支援を行ってきた瀧本博史さんは、“就活のオンライン化〟は大きな変化であると言います。しかし、「人が人を選ぶ」という面接の本質はオンラインになっても変わりません。従来の面接対策が役に立つのはもちろ…

超一流が実践! クレームをクレームと感じさせない4つの伝え方

仕事柄、“超一流”と称される人と接する機会の多いキャビンアテンダント(CA)。そうした超一流の人たちにはCAの心をグッとつかむような『気くばり』があり、クレームでさえ相手への思いやりが感じられるのだそうです。日本航空の元客室乗務員で国際線のファ…

「ペットが病気なので休みたい」という“今どき部下”にどう答えるか

想定外のことを言ってきた若手部下をうまくコントロールしてこそ「できる上司」。しかし、多様化している価値観の中で、どうリーダーシップをとっていけばいいのか悩んでいる人も多いでしょう。職場の改善対策の専門コンサルタントとして300を超える企業や官…

知らない英単語をマルで囲むだけ! 4ステップの語彙力アップ術

英語学習において、単語力と読解力は地球の自転と公転のようなもの。どちらかがあるだけでは前に進むことはできません。効率的な語彙力UPの秘訣を、著書累計400万部のデイビッド・セインさんに教えてもらいましょう。

「正解」を求めすぎると動けなくなる―感性に任せることの重要性

たいていのことは手元のスマホひとつで調べられるようになった昨今、「答え」や「正解」がないと行動に移せない、デメリットばかりを探して行動しないという人が増えています。それによって何が失われ、私たちはどんなことに注意して行動するべきなのか? 自…

「誰と会わないか」で人間関係をデザインするグーグル流人脈術

「自分の成長は“誰といっしょにいるか”が大きく左右するだけに、人間関係は意識的に狭くすることも大切だ」――。元グーグルのピョートル・フェリクス・グジバチ氏は、人脈と仕事の成果についてこのように提言しています。仕事も人生も大きく変わるグーグル流…

シニアの再就職で履歴書に書くべきこと・絶対書くべきでないこと

60歳で定年リタイアできるのは今や一握り。むしろ、長すぎる老後を少しでも充実したものにするために、60歳を超えてからも転職してバリバリ働きたいという人が増えています。でも、そこで自分の経歴をアピールしようと履歴書にいろいろ書き込んでしまうと………

「昔ながらの指導」はもうNG。繊細な部下への正しいダメ出し法

いま、職場ではストレスに極端に弱い「繊細な部下」が増えつつあります。心が折れやすい彼らを立派なビジネスパーソンに成長させるには、愛情を持って叱らなければならない場面もあるのです。「昔ながらのやり方」が通用しない時代の指導方法を、職場の改善…

基本単語でここまで言える!残念な気持ちを伝える「2単語英会話」

日本でも企業などで「英語公用語化」が叫ばれて数年経ちますが まだまだ英語を使いこなしている人は少ないようです。それは、「恥ずかしくないような英語をしゃべらなきゃ」という思いが強すぎて、逆になかなか言葉が出ないことも原因かもしれません。でも、…

グーグル流!大きな成果を上げるには「to do リスト」を捨てる

生産性は「何をしないか」で決まるという元グーグル人材育成統括部長のピョートル・フェリクス・グジバチ氏。もしも効率よくタスクを進めるために「to do リスト」を活用しているとしたら、「not to doリスト」を大事にしてほしいというが……。果たしてその真…

なぜ、いまどきの社員は心が折れやすい「繊細くん」ばかりなのか

「若手が何も言わずに辞めてしまう……」と悩む管理職が増えています。職場の改善対策の専門コンサルタントとして、20年近く300を超える企業や官庁などで研修を行ってきた渡部卓氏は、「繊細な世代」の思考や心理を知ることがこれからますます大切になると言い…

ネイティブを激しく困惑させる日本人の“直訳”英会話④

外国人を前にすると、つい頭に浮かんだ日本語を”直訳”してしまう人は多いものです。でも、相手には妙なニュアンスで伝わり、困らせているとしたら…? 使い勝手が抜群にいいフレーズを3つ、“日米ネイティブ”のセイン先生が教えてくれます。

「ゴキゲンな50代」を過ごせる人の5つの秘訣 

年配の男性にはフキゲンなイメージがあります。全員ではありません。ゴキゲンな50代もいれば、フキゲンな50代もいるのです。ただし、真ん中はいません。「どちらになるかは自分で決められる」という中谷彰宏さんに、ゴキゲンな50代を過ごす秘訣を聞きました。

「がんばらない」のに成果10倍! グーグル流働き方の極意とは 

「がんばります!」が仕事における口ぐせになってはいませんか? グーグルのように‟新しい未来”を創るニューエリートは、あれもこれもこなそうとするのではなく、「ムダを捨てること」をもっとも大切にしています。つまり「がんばらない」のです。どうして「…

自分の仕事はAI時代に残るか消えるか―「AI耐性」をチェック

AIはわれわれの仕事に大きなインパクトを与え、着実に浸食しているが、ITコンサルタントである水野操氏は、AIへの耐性は業界や仕事によって違うので、すぐAIにすべての仕事が奪われるということではないと解説する。AIに耐性のある仕事とAIにとって替わら…

仕事が奪われると警戒する人が知らない“強いAI・弱いAI”の視点

ITコンサルタントである水野操氏は、「今やっている仕事がAIに奪われてしまう心配はないか」という質問を受けることが多いという。だが、AIにも「強いAI」「弱いAI」の2種類があり、その違いをしっかり認識していれば、実際には過度に恐れる必要…

仕事も子供も老後もあきらめない! 女性が知っておきたい稼ぎ方

女性の場合、結婚、出産・育児、介護などのライフイベントが仕事に与える影響は大きいもの。収入が安定しないと、「人生100年」といわれる時代に老後不安が残ります。働き方の自由度が高まっている今、女性はどうすれば人生を充実させるような仕事へとシフト…

「セキュリティソフトを二重にかければ安心」が絶対NGなワケ

Windows7のサポート終了によって、パソコンのハードはそのままでWindows10にOSをアップグレードした、または思いきってWindows10のパソコンを新規に購入したという人は多いだろう。だが、二つのOSの間にはWindows8もあったため、大きく操作が異なる部分も…

信用の仕組みを変える「ブロックチェーン」を人に説明できますか

「ブロックチェーン」というキーワードが登場してしばらくたちますが、それがどのような仕組みで成り立っていて、どのように私たちの社会を変えるのかと聞かれて、正しく説明できる人は多くないでしょう。ITコンサルタントの水野操氏ができる限り平易に説…

50代からは「お金意識」を少しずつシフトチェンジする

給料頼みでサラリーマン人生を送ってきた人ほど要注意。定年の文字がちらつき始めた50代からは今までの「お金意識」を変えないと、大変な老後を送るはめになるかもしれません。やみくもにお金を貯めるのではなく、未来の明るくするお金意識の持ち方を中谷彰…

基本単語でここまで言える! SNSの「2単語英会話」

日本でも企業などで「英語公用語化」が叫ばれて数年経ちますが まだまだ英語を使いこなしている人は少ないようです。それは、「恥ずかしくないような英語をしゃべらなきゃ」という思いが強すぎて、逆になかなか言葉が出ないことも原因かもしれません。でも、…

「いい商品なのに売れない」と嘆く人が忘れているメッセージの価値

せっかくいい商品をつくったのに、その魅力がお客さまに伝わらずに日の目を見ないまま……。よくある失敗ですが、では売り手はお客さまにどんな方法で何を伝えるべきなのでしょうか? MBAコンサルタントの佐藤義典さんに、マーケティング戦略で大切な「メッセ…

50代から元気になる人、しょぼくれてしまう人はどこが違うのか?

50代になると、多くの人は元気がなくなってしまいます。人生を、20歳から60歳の基準で考えて、もう残りわずかという気持ちになるからです。現代は、その先にも人生は続いています。実際は、人生の上がりにはまったくなっていません。「本当の勝負は50代から…

50歳からはあえて“アウェー”に飛び込む――本田直之の人生観

いつも同じコミュニティの仲間と一緒にいると、新しい価値観を教えてくれる人、あなたの古い考えを否定してくれる人とのコミュニケーションが減ってしまいがちです。一歩先行くライフスタイルを実践してきた本田直之さんが、変化の時代に対応し、自分の人生…

基本単語でここまで言える!オフィスの「2単語英会話」

ネイティブはすぐ単語を短くしたり、表現を省略したりします。つまり、日常的な会話も「2単語」でOK! 英語指導者のデイビッド・セインさんに使い方のコツを教えてもらいました。

MBAコンサルタントがたどり着いたマーケティング戦略の本質とは

マーケティング戦略というと、小難しい理論がたくさん出てくる複雑なものと思いがちです。しかし、MBAコンサルタントの佐藤義典さんは、マーケティングとは「うれしさ」というたった一つの言葉に集約されるシンプルなものだと主張します。「売れない時代」に…

ネイティブを激しく困惑させる日本人の“直訳”英会話③

外国人を前にすると、つい頭に浮かんだ日本語を”直訳”してしまう人は多いものです。でも、相手には妙なニュアンスで伝わり、困らせているとしたら…? 使い勝手が抜群にいいフレーズを3つ、“日米ネイティブ”のセイン先生が教えてくれます。

大切にすべきはお金ではなく「自分にとって快適かどうか」

クルマ、家、時計……。“当たり前の水準”に合わせる暮らしをしていると、いつの間にか身動きが取れなくなってしまいかねません。一歩先行くライフスタイルを実践してきた本田直之さんが、50代になってからのお金との向き合い方を教えてくれます。

45歳の新人営業マンを異例の昇進へと導いた「ひと言」

仕事のありきたりな定型句にちょっとした言葉を加えたり、いつものメールに一文を加えるだけで、人間関係はもちろん自身への評価、仕事の業績、そして自分の未来さえも大きく変えることもできます。リーダーシップやコミュニケーション、子育て講演などで活…

基本単語でここまで言える!日常生活の「2単語英会話」

「たった2単語で英会話なんてできるの?」と思う方は大勢いると思います。でも、たった2単語、されど2単語。たった2単語で英語は通じるんです! しかも、誰でも知ってる単語の組み合わせで。使える2単語フレーズをたくさん紹介するので、ぜひ試してみて…

Windows7から10にアップグレードした人がまず驚く4つの大きな変更点

Windows7のサポート終了によって、パソコンのハードはそのままでWindows10にOSをアップグレードした、または思いきってWindows10のパソコンを新規に購入したという人は多いだろう。だが、二つのOSの間にはWindows8もあったため、大きく操作が異なる部分も…

定年後も「年金+300万円」稼ぎたい人が捨てるべき5つの意識

現在50代の人は、「逃げ切れない世代」に属しています。だとすれば、定年後も「時給1200円」というような仕事をするのではなく、できるだけ現役時代と変わらなく稼いで老後を充実させたいと思うはずです。しかしそれには、50代のうちから意識を変えて、スキ…

断食で体を定期的にリブート―50歳からの食事は“引き算”で考える

食事は生活の基本であり、健康を支える土台です。食べたものが明日以降の体を作り、ちょっとした食習慣のケアの差が健康状態の大きな違いになっていきます。仕事と遊びをハイレベルで両立させている本田直之さんが、50代からの食事術についてヒントを与えて…

「若いうちに使うお金は財産」林修先生が言う本当の意味

お金とは目的ではなく手段であり、稼ぐこと以上にその使い方に目的や品格が求められる――。テレビでも活躍する人気予備校講師の林修先生に、本当に自分を向上させてくれるお金の使い方ついて教えてもらいました。

任せるだけではダメ! 部下が自分から動くようになる3つの方法

「もっと優秀な人材がいれば成果が上がるのに……」 業績を見てはそんなため息をつく前に、成果を出せるように部下を動かすテクニックを身につけましょう。男性と女性とでは、仕事に対する姿勢や考え方が違いますし、上司から受ける言葉の解釈も違います。“デ…

ドラッグストアで大量に見かける「楽天売上No.1!」商品の謎

ドラッグストアやバラエティーショップなどで、「楽天で売上No.1!」とか「@cosmeでナンバーワン!」といったシールが貼られた商品を見たことはないでしょうか。1位は1つしかないはずなのに、たくさんの商品に貼られています。そのカラクリと各企業がここ…

再雇用でも年収を減らしたくない人の「リファラル採用」戦略とは

50代にもなると、定年後の再雇用のことが気になってくるもの。リクルート出身で1万人以上の人に働き方についてのインタビューをしてきた大塚寿さんは、60歳を超えても満足のいく働き方をするには、早くから役職定年や定年・再雇用、再就職について戦略的に…

副業に才能は不要! “平凡”だからこそ稼げる3つのステップ

ボーナスがあてにならない昨今、副業でもはじめてみようかなと考えている人は多いかもしれません。じつは、副業で稼ぐのに「華やかな経験」「目覚ましい実績」「ネットやSNSの知識」なんていりません。あなたの持ち味を生かした、無理のない副業の見つけ方を…

「最初のひと言」で商談の成果は9割決まっている

仕事のありきたりな定型句にちょっとした言葉を加えたり、いつものメールに一文を加えるだけで、人間関係はもちろん自身への評価、仕事の業績、そして自分の未来さえも大きく変えることもできます。リーダーシップやコミュニケーション、子育て講演などで活…

男性部下と女性部下でこんなに違う! やる気を引き出す接し方

デキる上司は男性部下と女性部下の違いを知っていて、接し方を変えることで成果を上げています。時代の変化とともに女性の社会進出がこれからも進んでいくことを考えると、約95%もの上司が苦手意識を持っているといわれる「異性の部下」とのかかわり方を知…

マーケティングを市場調査と勘違いしている人が生き残れない訳④

入社したての女性社員が、 突然レストランの再建を命じられる──。 現場との対立、迫る期限……。 期限の2カ月で、本当に店を再建できるのか? モノを売るすべての人に必要な、 本当に使えるマーケティングの知識がマンガでわかる!

プライバシーに敏感ならWindows10を初期設定で使ってはいけない

という人も多いだろう。だが、Windows10は“ユーザー寄り”であるがために、そのまま使うと多くの個人情報を第三者に渡してしまうことになりかねない。注意すべき点をまとめた。

マーケティングを市場調査と勘違いしている人が生き残れない訳③

入社したての女性社員が、 突然レストランの再建を命じられる──。 現場との対立、迫る期限……。 期限の2カ月で、本当に店を再建できるのか? モノを売るすべての人に必要な、 本当に使えるマーケティングの知識がマンガでわかる!

「PB=低品質」を変えたセブンプレミアムのブランド戦略

2007年の発売以来、累計販売額は10兆円となり、名実ともに国内ナンバーワンのPB(=プライベートブランド)として成長した「セブンプレミアム」。PBのパッケージに、ある文言を入れることで売上げがはね上がった西友。いまやPBに「安かろう、悪かろう…

偽サイトに釣り上げようとする「フィッシング詐欺」に要注意

メールにあるリンクをクリックしたら、見慣れたサイトの画面が現れた。サイトの不自然な部分には気がつかず手続きを進めたが、実は個人情報を奪うことが目的だった……。このような経験、ありませんか?

マーケティングを市場調査と勘違いしている人が生き残れない訳②

入社したての女性社員が、 突然レストランの再建を命じられる──。 現場との対立、迫る期限……。 期限の2カ月で、本当に店を再建できるのか? モノを売るすべての人に必要な、 本当に使えるマーケティングの知識がマンガでわかる!

パソコン仕事でこのショートカットを使ってない人は1年で30時間損している

ショートカットを一度使うことで短縮できる時間はわずか1、2秒にすぎないかもしれない。しかし、覚えるのが面倒だからと“力ワザ”で仕事をしていると、ムダが積み重なって年間では膨大な時間を失っていることになる。よく使うものから身につけていこう。