働き方

Windows7から10にアップグレードした人がまず驚く4つの大きな変更点

Windows7のサポート終了によって、パソコンのハードはそのままでWindows10にOSをアップグレードした、または思いきってWindows10のパソコンを新規に購入したという人は多いだろう。だが、二つのOSの間にはWindows8もあったため、大きく操作が異なる部分も…

定年後も「年金+300万円」稼ぎたい人が捨てるべき5つの意識

現在50代の人は、「逃げ切れない世代」に属しています。だとすれば、定年後も「時給1200円」というような仕事をするのではなく、できるだけ現役時代と変わらなく稼いで老後を充実させたいと思うはずです。しかしそれには、50代のうちから意識を変えて、スキ…

断食で体を定期的にリブート―50歳からの食事は“引き算”で考える

食事は生活の基本であり、健康を支える土台です。食べたものが明日以降の体を作り、ちょっとした食習慣のケアの差が健康状態の大きな違いになっていきます。仕事と遊びをハイレベルで両立させている本田直之さんが、50代からの食事術についてヒントを与えて…

「若いうちに使うお金は財産」林修先生が言う本当の意味

お金とは目的ではなく手段であり、稼ぐこと以上にその使い方に目的や品格が求められる――。テレビでも活躍する人気予備校講師の林修先生に、本当に自分を向上させてくれるお金の使い方ついて教えてもらいました。

任せるだけではダメ! 部下が自分から動くようになる3つの方法

「もっと優秀な人材がいれば成果が上がるのに……」 業績を見てはそんなため息をつく前に、成果を出せるように部下を動かすテクニックを身につけましょう。男性と女性とでは、仕事に対する姿勢や考え方が違いますし、上司から受ける言葉の解釈も違います。“デ…

ドラッグストアで大量に見かける「楽天売上No.1!」商品の謎

ドラッグストアやバラエティーショップなどで、「楽天で売上No.1!」とか「@cosmeでナンバーワン!」といったシールが貼られた商品を見たことはないでしょうか。1位は1つしかないはずなのに、たくさんの商品に貼られています。そのカラクリと各企業がここ…

再雇用でも年収を減らしたくない人の「リファラル採用」戦略とは

50代にもなると、定年後の再雇用のことが気になってくるもの。リクルート出身で1万人以上の人に働き方についてのインタビューをしてきた大塚寿さんは、60歳を超えても満足のいく働き方をするには、早くから役職定年や定年・再雇用、再就職について戦略的に…

副業に才能は不要! “平凡”だからこそ稼げる3つのステップ

ボーナスがあてにならない昨今、副業でもはじめてみようかなと考えている人は多いかもしれません。じつは、副業で稼ぐのに「華やかな経験」「目覚ましい実績」「ネットやSNSの知識」なんていりません。あなたの持ち味を生かした、無理のない副業の見つけ方を…

「最初のひと言」で商談の成果は9割決まっている

仕事のありきたりな定型句にちょっとした言葉を加えたり、いつものメールに一文を加えるだけで、人間関係はもちろん自身への評価、仕事の業績、そして自分の未来さえも大きく変えることもできます。リーダーシップやコミュニケーション、子育て講演などで活…

男性部下と女性部下でこんなに違う! やる気を引き出す接し方

デキる上司は男性部下と女性部下の違いを知っていて、接し方を変えることで成果を上げています。時代の変化とともに女性の社会進出がこれからも進んでいくことを考えると、約95%もの上司が苦手意識を持っているといわれる「異性の部下」とのかかわり方を知…

マーケティングを市場調査と勘違いしている人が生き残れない訳④

入社したての女性社員が、 突然レストランの再建を命じられる──。 現場との対立、迫る期限……。 期限の2カ月で、本当に店を再建できるのか? モノを売るすべての人に必要な、 本当に使えるマーケティングの知識がマンガでわかる!

プライバシーに敏感ならWindows10を初期設定で使ってはいけない

という人も多いだろう。だが、Windows10は“ユーザー寄り”であるがために、そのまま使うと多くの個人情報を第三者に渡してしまうことになりかねない。注意すべき点をまとめた。

マーケティングを市場調査と勘違いしている人が生き残れない訳③

入社したての女性社員が、 突然レストランの再建を命じられる──。 現場との対立、迫る期限……。 期限の2カ月で、本当に店を再建できるのか? モノを売るすべての人に必要な、 本当に使えるマーケティングの知識がマンガでわかる!

「PB=低品質」を変えたセブンプレミアムのブランド戦略

2007年の発売以来、累計販売額は10兆円となり、名実ともに国内ナンバーワンのPB(=プライベートブランド)として成長した「セブンプレミアム」。PBのパッケージに、ある文言を入れることで売上げがはね上がった西友。いまやPBに「安かろう、悪かろう…

偽サイトに釣り上げようとする「フィッシング詐欺」に要注意

メールにあるリンクをクリックしたら、見慣れたサイトの画面が現れた。サイトの不自然な部分には気がつかず手続きを進めたが、実は個人情報を奪うことが目的だった……。このような経験、ありませんか?

マーケティングを市場調査と勘違いしている人が生き残れない訳②

入社したての女性社員が、 突然レストランの再建を命じられる──。 現場との対立、迫る期限……。 期限の2カ月で、本当に店を再建できるのか? モノを売るすべての人に必要な、 本当に使えるマーケティングの知識がマンガでわかる!

パソコン仕事でこのショートカットを使ってない人は1年で30時間損している

ショートカットを一度使うことで短縮できる時間はわずか1、2秒にすぎないかもしれない。しかし、覚えるのが面倒だからと“力ワザ”で仕事をしていると、ムダが積み重なって年間では膨大な時間を失っていることになる。よく使うものから身につけていこう。

東大に合格して泣いている若者に林修先生は何と声をかけるか

テレビでも活躍する大人気予備校講師の林修先生は、人生のさまざまな物事に「勝負」という感覚を持ち込んでいると言います。そこにはどのような心構えで臨み、結果に対してどう向き合うべきなのか――。林修先生の勝負に対するスタンスを教えてもらいます。

ネイティブを激しく困惑させる日本人の“直訳”英会話②

気の利いたフレーズを英語でも言ってみたいけど、日本語ネイティブのアタマで考えた英文は外国人にとって大きな「?」がつくものばかり……。「日本人よりも日本人らしい」と言われる英語指導者のデイビッド・セインさんに考え方のコツを教えてもらいましょう。

シンプルなのになぜ印象に残る? 「無印良品」のブランド力の秘密

アルファベットのMを使った「マクドナルド」、ギリシャ神話のセイレーンをモデルにした「スターバックス」、数字の7が特徴的な「セブンイレブン」……。強いブランドには印象的なロゴがあるものです。にもかかわらず、ロゴに頼らず成功しているブランドがあり…

9割の日本人が苦手!? 英会話での「YES」と「NO」 の使い分け

日本語と英語では、YesとNoの意味合いが逆になることがあります。そもそもの日本語と英語の構造の違い、また日本人と欧米人の発想の違いがその原因です。「郷に入れば郷に従え」で、英語を使うなら英語脳に切り替えて考えるようにすると、とっさのときに間違…

iDeCo(イデコ)は「年金は自己責任」という国からのメッセージ

税制面で大きな優遇が受けられることから、開始以来多くの人が加入しているiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)。本来は徴収できるはずの税金を国が免税するのはなぜでしょうか? そこには政府からの日本国民へのある“メッセージ”が込められています。老後…

マーケティングを市場調査と勘違いしている人が生き残れない訳①

入社したての女性社員が、 突然レストランの再建を命じられる──。 現場との対立、迫る期限……。 期限の2カ月で、本当に店を再建できるのか? モノを売るすべての人に必要な、 本当に使えるマーケティングの知識がマンガでわかる!

林修先生が“おすすめの本”を絶対人に教えない理由

何をどのように読むかが人格形成を大きく左右する――。テレビでも活躍する人気予備校講師の林修先生に、自分を高めてくれる本との向き合い方について教えてもらいます。

時間とお金のムダ!? パソコンは毎日シャットダウンしなくていい

パソコンの電源の操作には、「シャットダウン」、「スリープ」、「休止状態」の3つがあることをご存じでしょうか? この3種類の電源操作の特徴をしっかり理解し使い分けられれば、電気代と時間を節約できます。

ネイティブを激しく困惑させる日本人の“直訳”英会話①

仕事で急にネイティブと会話しなければならなくなった、英語で電話がかかってきた、急いで英文メールを打たなければいけない――。こんなとき、つい思いついた日本語を“直訳”してしまっていませんか? 通じればまだいいですが、意図とはまるで違う意味になって…