再雇用

自分のスキルを過大評価して会社を飛び出したシニアの末路

政府は「人生100年時代」を力強く推進しています。その背景には、健康ならシニアになるべく長く働いてもらい、社会保障費の負担を減らしたい。社会保障費を得るのではなく、払う側にいて社会を安定させてほしい。このような思惑があるのです。だからといって…

「70歳定年法」で逆に“定年が早まる人”が大量に出るカラクリ

かつて60歳だった定年は65歳へと延長され、2021年4月の「改正高年齢者雇用安定法」では、70歳までの継続雇用が努力義務とされました。「ということは、70歳までは働き続けられるんだな」と単純に考えるのはキケン。実は、そこには国の思惑と企業の事情が大…

86歳でも現役! 生涯働き続けるには「3つの定年」を意識する

かつて60歳だった定年は65歳へと延長され、2021年4月の「改正高年齢者雇用安定法」では、70歳までの継続雇用が努力義務とされました。ということは、実質的に定年が消滅した生涯現役社会が到来したとも言えます。しかし、長くしっかり稼ぎ続けられる人と、…

50代以降も「求められる人」とそうでない人は、何が違うのか?

人生が長くなり、「いつまで働けるか」が気になる人は多いでしょう。何歳になっても“求められる人”でいつづけられれば、不安に苛まれることはなくなります。その分岐点となりそうな50代に向けて、中谷彰宏さんに極意を伺いました。

定年後の再就職を成功させるには「50代からの準備」が不可欠な理由

人生100年時代、できるだけ長くしっかり稼ぐことが必要不可欠になってきています。それには、まず定年後の「再就職」を成功させなければなりませんが、なかなかうまくいかないという人も多いようです。シニア世代の再就職を成功させる実践的ノウハウを、人材…

シニアの再就職で履歴書に書くべきこと・絶対書くべきでないこと

60歳で定年リタイアできるのは今や一握り。むしろ、長すぎる老後を少しでも充実したものにするために、60歳を超えてからも転職してバリバリ働きたいという人が増えています。でも、そこで自分の経歴をアピールしようと履歴書にいろいろ書き込んでしまうと………

定年後も「年金+300万円」稼ぎたい人が捨てるべき5つの意識

現在50代の人は、「逃げ切れない世代」に属しています。だとすれば、定年後も「時給1200円」というような仕事をするのではなく、できるだけ現役時代と変わらなく稼いで老後を充実させたいと思うはずです。しかしそれには、50代のうちから意識を変えて、スキ…

再雇用でも年収を減らしたくない人の「リファラル採用」戦略とは

50代にもなると、定年後の再雇用のことが気になってくるもの。リクルート出身で1万人以上の人に働き方についてのインタビューをしてきた大塚寿さんは、60歳を超えても満足のいく働き方をするには、早くから役職定年や定年・再雇用、再就職について戦略的に…