前橋健二

東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授。日本の調味料研究の第一人者。1998年、東京農業大学大学院農学研究科博士後期課程単位取得満期退学。博士(農芸化学)。同大学応用生物科学部醸造科学科助手、講師、准教授を経て、2016年より現職2003年には米国モネル化学感覚研究所にて味覚遺伝子の研究に従事。発酵における微生物と成分変化、発酵調味料、味の解析や味覚のしくみなど、「発酵」と「味」について、多方面から科学的アプローチを続けている。

免疫スイッチを刺激!? 最近わかった「にごり酢」のすごいパワーとは

昔から「体にいい」と言われるお酢。料理からではなく、健康飲料として採り入れている人もいます。最近では、”酢酸菌”のパワーがすごいことがわかり、その力を秘める「にごり酢」に注目が集まっているようです。