大原昌人

株式会社ダニエルズアーク代表取締役。YouTubeプロデューサー。元「楽天市場」プロデューサー。 慶應義塾大学環境情報学部卒業後、楽天株式会社に入社。データ分析力を買われてクリエイティブ部門に配属。フリマアプリ「ラクマ」や、年間100億円規模の流通を生み出す「6時間タイムセール」など、数々のヒット企画に参画する。2016年、今では当たり前になった「買って応援企画」の火つけ役として話題に。同年「楽天市場MVP賞」を受賞。2017年からは国内最大級の流通額を誇る「楽天スーパーSALE」の総合プロデューサーに最年少で就任。1週間で683億円という驚異の売上最高記録を生み出した。 2018年、株式会社ダニエルズアークを設立し、代表に就任。「誰でも夢が見られるチャレンジの場を作る」ことを掲げ、全国各地に活躍の場を広げている。コカ・コーラ、サムスン、花王など、大企業からの引き合いが絶えず、最近では大手webメディアも取引先に。著書に『売れない時代にすぐ売る技術』(サンマーク出版)、『すべての仕事を2分の1の時間で終わらせる ガチ速仕事術』(ぱる出版)がある。

Youtubeで学び五輪メダリストに!? 動画の何がそんなにすごいのか

前回の記事で、近年YouTubeの伸び方が凄まじく、なかでもノウハウ系コンテンツの検索ニーズが高まっているという話がありました。では、その理由はいったいどこにあるのでしょうか。そもそもYouTubeの成り立ちとは? 株式会社ダニエルズアーク代表の大原昌人…

「売れないお店」が、YouTubeを使ったら月商1000万円を超えた話

「YouTube」というと、単なる娯楽用の動画媒体だと思っている人は多いかもしれません。しかし現在では“検索エンジン”として使う人が増えており、ビジネス上の集客ツールとして注目が高まっています。コロナ禍でピンチに陥った小さな会社が、YouTubeを使って…