大塚まひさ

薬剤師/漢方臨床指導士/うるおいコンシェルジュ 株式会社Orient代表取締役。大学を卒業後、製薬会社にてMR(医薬情報担当者)、臨床開発受託機関にて抗がん剤臨床開発職を経て、漢方に出会う。自身に漢方薬を試したところ、月に鎮痛薬を80錠飲んでいた状態から2週間でゼロに。万年の不機嫌や吹き出物もなくなり、漢方のすごさを体感する。本格的に漢方を学び、漢方臨床指導士資格を取得。漢方にあるマイナスイメージを払拭し、心身ともに美しくなれる漢方を広めるため、オリジナル漢方茶「うるおい美漢茶®」を創る。販売数10万袋超、愛飲者は延べ5000人にのぼる。「うるおい漢方セミナー」主宰、執筆活動も行っている。

風邪、ウイルス、花粉症…季節の変わり目に役立つ! 漢方式食事術

風邪やウイルス、アレルギーなどによって、体調を崩しやすいのが季節の変わり目。そんなときは栄養をたくさん摂るのが良さそうですが、必ずしもそうではないようです。薬剤師であり、漢方の専門家でもある大塚まひささんにお話をうかがいました。

「甘いもの」がやめられないのは不調のサイン! 体が整う漢方習慣

「疲れていると、ついつい甘いものを食べ過ぎてしまう」「ダイエットをしたいけれど、お菓子がやめられない」ということはありませんか? 食事以外のものでお腹をいっぱいにしてしまい、必要な栄養が摂れないと、健康によくないばかりか体の乾燥や老け顔を進…

“病は気から”は本当だった!? 健康を保つのに大事な「気」の秘密

気温が低くなるにつれ、体調を崩す人が増えていきます。「病は気から」というけれど、そもそも「気」とは何なのでしょうか? 漢方とうるおいの専門家である大塚まひささんに、「気」の正体と、病気を遠ざけるヒントについて伺いました。