大平哲也

福島県立医科大学医学部疫学講座主任教授。同放射線医学県民健康管理センター健康調査支援部門長。大阪大学大学院医学系研究科招へい教授。日本笑い学会理事。 福島県いわき市生まれ。福島県立医科大学卒業。筑波大学大学院医学研究科博士課程修了。大阪府立成人病センター、ミネソタ大学疫学・社会健康医学部門研究員、大阪大学医学系研究科准教授などを経て現職。専門は疫学、公衆衛生学、予防医学、内科学、心身医学。 循環器疾患をはじめとする生活習慣病、認知症などの身体・心理的リスクファクターの研究および心理的健康と生活習慣との関連について研究。運動や笑いなどを使ったストレス解消法の研究でも知られており、テレビや雑誌などでも活躍している。

延命、免疫力UP―最新研究でわかった「笑い」のすごい健康効果

「笑う」ことには様々な効果があります。しかし、ただ単に笑えばいいというだけではないようです。笑いの最新研究から導き出された健康効果を医師の大平哲也先生に教えてもらいました。

ストレスが体に出る人?心に出る人? それぞれ異なる対処法

現代社会でストレスを受けずに生活していくことは至難の業。だとしたら、できるだけ自分でストレスのダメージから身を守る方法を身につけるしかありません。それには、ある「特性」を知っておくことが必要だと医師の大平哲也先生は言います。何かとストレス…

コロナ太りは当然の現象!? 東日本大震災後との驚くべき共通点

自粛生活によって「コロナ太り」をしたという人も多いでしょう。じつは同じような現象が東日本大震災以降でも起こりました。東日本大震災以降、福島で追跡調査を続ける医師の大平哲也先生が、「ウィズコロナ時代」に心も体も健康に過ごすためのヒントを教え…