女性

【追悼】99歳の寂聴さんが、これからを生きる女性に「大切にしてほしい」こと

2021年11月11日、作家の瀬戸内寂聴さんが亡くなっていたことがわかりました。享年99歳。故人をしのび、寂聴さんと66歳年下の秘書である瀬尾まなほさんによる、1968年刊行のベストセラー『愛の倫理』の新装復刊記念の対談を再掲します。当時と比べた現代女性…

美容の専門家がNYセレブから学んだ「ナンバーレスな生き方」とは

“美しい人”には共通点があるのだそうです。その1つは「ナンバーレスな生き方」。世界トップクラスのセレブが集うニューヨークで、ビューティー・ディレクターとして様々な国出身の人の肌や心と触れ合ってきたCHIKAさんにお話を伺いました。

毎日たった1分! 自分を整える「洗顔メディテーション」のすすめ

美や健康にこだわる人の多いニューヨークで、「ミス・パーフェクト」と呼ばれていた人気セラピストのCHIKAさん。これまで20カ国以上、1万人強のお肌と人生に向き合ってきたなか、いかに「自分だけの時間を持ち、セルフケアをすること」が大切か気づいたそう…

安物は有害?「界面活性剤」はNG? シャンプー選びの正解とは

ヘアスタイルひとつで、人のイメージは大きく変わります。特に女性にとって美しい髪はあこがれですが、「パサつく」「くせ毛」「ハリがない」「薄毛」「白髪」など、髪にまつわる悩みは尽きないもの。皮膚科医の吉木伸子先生によると、毛髪ケアは近年、大き…

「女性の薄毛」はどうして起こる? パターン診断をやってみよう

薄毛というと、おもに男性の悩みという印象があるかもしれません。しかし女性もほぼすべての人が、加齢によって髪の毛が減っていくようです。また、抜け落ちた髪を見て、薄毛のパターンが診断できるのだとか。皮膚科医の吉木伸子先生にお話を伺いました。

99歳の寂聴さんが、これからを生きる女性に「大切にしてほしい」こと

「女に生まれたということは、私たちが選んだことではありません。女に生まれる前に私たちは人間であるということを忘れてはいないでしょうか。母である前に人間であるということを忘れてはいないでしょうか」。女として、自分をどう生ききるかを説いた1968…

「自宅は職場」は当たり前!今後10年で大きく変わる副業の概念

「2030年までに副業と本業の垣根がどんどん低くなっていくでしょう」と話すのは中小企業診断士の滝岡幸子さん。実際に現在進行形で働き方を変化させている滝岡さんがこれからの副業事情について詳しく教えてくれました。

仕事も子供も老後もあきらめない! 女性が知っておきたい稼ぎ方

女性の場合、結婚、出産・育児、介護などのライフイベントが仕事に与える影響は大きいもの。収入が安定しないと、「人生100年」といわれる時代に老後不安が残ります。働き方の自由度が高まっている今、女性はどうすれば人生を充実させるような仕事へとシフト…

更年期3大トラブルを乗り切る「○○しない」法則

食事や睡眠など、生活習慣が若いころよりますます大事になってくるのが更年期。「わかっちゃいるけどイライラする」「情緒不安定で家族にあたってしまう」など、自分をコントロールできずに日常生活に支障をきたしている人もいるのでは? どうしたら心地よく…

「○○を持っている女性は更年期が軽い」という事実が判明!

40代半ば以降は、仕事の立場や内容が変わったり、子どもが巣立って家族構成が変わったり、親の介護が必要になったりと環境も大きく変わるとき。周囲のことに手がかかるかもしれない時期に、更年期の不調が重なったら……と考えるとかなりユーウツです。でも、…