宇多川久美子

一般社団法人国際感食協会理事長。ハッピーウォーク主宰。薬剤師・栄養学博士。1959年生まれ。明治薬科大学卒業。薬剤師として総合病院に勤務していたが、「薬で病気は治らない」現実に目覚め、病院を辞め、自らも薬をやめたことで、不調だった身体が健康になり、生き方が大きく変わる。現在は自身の経験を活かし、医者依存、薬依存から脱却できる、病気にならない、病気を治す方法を広める啓蒙活動を行っている。

実は健康に逆効果!? カラダに効くはずの「薬」が老化を早める理由

いまや高齢者の約40%が1日5種類以上の薬を、25%が1日7種類の薬を飲んでいるといわれています。年を重ねれば仕方がないと思われるかもしれませんが、薬剤師の宇多川久美子氏によれば、「健康のために飲んでいる薬が、老化を促進させている」のだそうです。…

薬剤師が伝授! 薬いらずの身体をつくるカギは「正しい歩き方」

高齢者の“多錠服用”が問題になるなか、「薬を使わない薬剤師」として知られる宇多川久美子氏が重要視するのが「筋肉」。筋肉を鍛えることで免疫力が上がり、薬のいらない身体を手に入れることができるといいます。しかも、歩き方を少し意識するだけで筋肉量…