小柴大輔

1968年、静岡県出身。上智大学大学院哲学研究科博士前期課程中退。リクルート「スタディサプリ」講師・Z会東大進学教室講師。担当科目は、現代文・小論文。辰已法律研究所で法科大学院受験生を対象とした一般教養小論文を指導。「対 比」「言い換え」の考え方に代表される方法論で、一見難解な問題文をクリアに読み解く講義が知的な興奮を呼び起こし大好評。「現代文は知の宝庫だ! 」と気づく受講生や社会人に熱く支持されている。著書に『読み解くための現代文単語[評論・小説]』(文英堂)、『小柴大輔の1冊読むだけで現代文の読み方&解き方が面白いほど身につく本』(KADOKAWA)等がある。

「生きた教養」を身につけるには東大の入試現代文が最適な理由

最近、テレビのクイズ番組などに現役東大生がよく出演します。日本一入るのが難しい大学として、受験生以外からも注目を集めているようです。予備校講師の小柴大輔氏は、東大入試で出題される現代文は、「今読む価値のある本はコレだ!」という東大からの提…