年金

今さら聞けない「iDeCo」「ふるさと納税」のお得なしくみとは

”老後2000万円問題”を機に「iDeCo(個人型確定拠出年金)」や「ふるさと納税」にあらためてスポットが当たりました。気になりつつもまだやっていない…という人も多いのではないでしょうか。「会社員にとって具体的にどうお得なのか」について、公認会計士・…

定年後の再就職を成功させるには「50代からの準備」が不可欠な理由

人生100年時代、できるだけ長くしっかり稼ぐことが必要不可欠になってきています。それには、まず定年後の「再就職」を成功させなければなりませんが、なかなかうまくいかないという人も多いようです。シニア世代の再就職を成功させる実践的ノウハウを、人材…

iDeCo(イデコ)は「年金は自己責任」という国からのメッセージ

税制面で大きな優遇が受けられることから、開始以来多くの人が加入しているiDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)。徴収できるはずの税金を国が免税してまでこの仕組みを推進しようとするのはなぜでしょうか? そこには政府からの日本国民へのある“メッセージ…

シニアの再就職で履歴書に書くべきこと・絶対書くべきでないこと

60歳で定年リタイアできるのは今や一握り。むしろ、長すぎる老後を少しでも充実したものにするために、60歳を超えてからも転職してバリバリ働きたいという人が増えています。でも、そこで自分の経歴をアピールしようと履歴書にいろいろ書き込んでしまうと………

日本人の年金がピンチ!? 運用成績が世界と比べて明らかに低い理由

これから急激な少子高齢化を迎える日本では、「年金」の原資不足が懸念されています。政府は少しでもそれを補おうと巨大な資金を投資に回していますが、その成績は世界標準の半分以下。それにはどのような理由があるのでしょうか。信州大学特任教授の上地明…

50歳でも遅くない! “世界の成長に乗るだけ”の老後資金づくり

老後には最低限「2000万円」が必要だといわれます。「でも、もう50歳で貯金がほとんどなくて……いまさら間に合うの?」という人でも大丈夫! 「貯金ゼロ・知識ゼロ」でも、世界ではごく当たり前の2つの資産運用術を実践するだけで、リスクを最小限に抑えた老…