教養

仕事はイマイチ…なのに「みんなに好かれる同僚」が使っている心理テク

私たちは日常の行動を主体的に選択し、管理していると思いがちですが、実は多くの事柄はあらかじめそうなるように仕組まれたものだとしたら? 特に消費や人間関係においては、数々の心理テクニックがあなたの周囲に自然に溶け込んでいるのです。では、私たち…

『三国志』を生き残った「呉」が中国全土を制覇できなかった理由

劉備玄徳、諸葛亮孔明、関羽雲長、張飛翼徳、さらには曹操、夏侯惇、仲達、孫権、周瑜、呂布などなど、『三国志』ファンなら、このうちどの名前を聞いてもワクワクするに違いない。ご存じのように、われわれ日本人が三国志というと、明(一四世紀後半〜一七…

対談【葉一×横山明日希】③「親が優秀」であるより、教育で大事なこと

「数学のお兄さん」こと横山明日希さんと、話題の教育系YouTuber・葉一さんの白熱対談、第3弾! 最終回は、子どもの教育に本当に役立つために、保護者や指導者がどうあるべきかに焦点を当てて、お話しいただきました。

たった一つの駅弁で巡る伊達家の足跡【旅する日本史・番外編】

今回は「旅する日本史」の番外編として、“一つの駅弁から日本史に思いを馳せる”というテーマでお届けします。ある駅弁と地図を片手に、伊達家の歴史をたどりながら伊達政宗ゆかりの地を廻ってみましょう。実際に辿るルートもご紹介していきますので、自由に…

SNSにハマる人は高級車を買いがち!? つながりへの欲望を煽るワナ

私たちは日常の行動を主体的に選択し、管理していると思いがちですが、実は多くの事柄はあらかじめそうなるように仕組まれたものだとしたら? 特に消費や人間関係においては、数々の心理テクニックがあなたの周囲に自然に溶け込んでいるのです。では、私たち…

対談【葉一×横山明日希】②基礎の計算だけはマスターしておくべき理由

教育界のホープ、横山明日希さんと葉一さんの特別対談、第2弾! 算数と数学は別モノで、子どものうちは「成功体験」を積むこと、計算問題をクリアしておくことなどが大事なのだそうです。それはなぜなのでしょうか?

デキる大人だけが解ける!? 脳が目覚める「思考力」クイズ

「思考力」を鍛えるには、目の前の問題にじっくり取り組めばいいというわけではありません。ここで紹介するのは、デキる大人しか解けない、クセのある問題ばかり。記憶力や集中力などの脳のパワーを総動員して、瞬時に解く姿勢を保つことがカギになります。…

対談【葉一×横山明日希】①なぜ数学は「苦手な子ほど成績が上がる」のか?

講演、イベント、執筆活動など多方面で活躍する“数学のお兄さん”こと横山明日希さんがナビゲーターとなり、各界で話題の著名人と対談するシリーズがスタート! 最初のゲストは教育系YouTuberとして大人気の葉一さん。ふたりとも子どもの頃から数学がすごく得…

今の日本人にはオリンピックより『堕落論』が必要なワケ【佐藤優】

数年前に想像していたのとは、まったく違う形で東京オリンピックを迎えることになった日本。私たちはこの一大イベントをどのようにとらえればいいのでしょうか? 作家の佐藤優さんは、坂口安吾の『堕落論』がヒントになると言います。世間の潮流や雰囲気に流…

読めたらインテリ!? できる大人が身につけている「手強い漢字」

難しい漢字をサラッと読めたり書けたりすると格好いいですが、覚えるのはなかなか難しいもの。そこでおさえておきたいのが、漢字が本来持つ”意味”を理解しておくことです。一見、手強いけれど、大人として知っておきたい漢字を、意味とともにご紹介します。

日本が太平洋戦争に突入した本当の契機は「ノモンハン事件」だった

歴史には大きなターニングポイントがいくつも存在し、日本人はその時々で進む道を選んできました。そのなかで、小さな出来事にすぎないように見えるものが、実は大きな失敗のきっかけであることもあります。日本軍がソ連軍に大敗したノモンハン事件もその一…

ネット記事やSNSなどの「時間泥棒」から自分を守る方法【佐藤優】

自分の仕事もこなさなければいけないし、部下の面倒も見なければならない。家族との時間も必要……。ビジネスパーソンはいつも忙しいですが、スマホやPCは常に私たちの時間を奪おうとしてきます。自覚のないままこれらの機器に身を委ねていると、いつの間にか…

「強弁」「比肩」「密林」…漢字の意味をめぐる”大いなる誤解”とは

漢字は”多義的な表意文字”。ひとつひとつの文字が意味を持っていますが、その意味は一つとは限りません。たとえば「独白」という言葉が表すように、「白」には「しろ」のほかに「ものを言う」という意味もあります。そうした見慣れた漢字のなかでも、誤解さ…

西郷隆盛と巡る「江戸無血開城への旅」~②駿府城から洗足池へ【旅する日本史】

歴史は人々の営みによりつくられ、人々の営みは人々の足跡によりつくられる。一つの史実に沿って、歴史上の人物が歩んだ足跡を巡る旅のプランを提案する『旅する日本史』の第二回目。史実の英雄になったつもりで、あるいは参謀役になったつもりで時系列に沿…

【動画】大人気Youtuberに聞く「数学好きな子」の育て方(横山明日希×葉一)

数学が不得手な子どもが少なくありませんが、いまや必修科目となった「プログラミング」のベースとしても数学的思考が欠かせません。“算数・数学好き”な子を育てるには、どうしたらいいのでしょうか? 教育界の気鋭ふたり、横山明日希さん・葉一さんの夢の対…

還暦後の生き方は「港に引き揚げてきた船」のイメージ【佐藤優】

超高齢社会になった今の60歳は、江戸時代であれば40歳くらいの感覚かもしれません。だからといって、還暦をすぎてから仕事、生活、お金の面で“勝負”に出るのは非常に危険だと作家の佐藤優さんは指摘します。いったいどのような心構えで、私たちは還暦後の生…

図解だからよくわかる!「see」「look」「watch」…“見る”の使い分け方

英単語はただ丸暗記するより、同類のものを並べて図で理解するほうが、細かいニュアンスまで覚えられるものです。たとえば、“見る”を表す単語に「see」「look」「watch」などがありますが、どんな風に使い分けられるのでしょうか。英語にまつわるベストセラ…

日本を代表する頭脳集団からの出題! あなたは何問解けるか?

大学で学ぶかたわら、クイズの研究や考案、テレビ番組への問題提供など、日々クイズを楽しむ活動を行っている東京大学クイズ研究会。すぐにネット検索で様々なことがわかってしまう現代では、知識や情報を詰め込むことより「どう活かすか」が重要だといいま…

誰にも訪れる“死”という大問題に宗教はどう答えているか【佐藤優】

還暦からの人生で最も重要なのは、死と向き合う心の準備だといっても過言ではありません。死は誰にでも訪れるものですが、誰もその経験や真実を知る人はいないからです。ただし、作家の佐藤優さんによると、死をむやみに恐れる必要はなく、どうやって受け止…

戦国時代の開始は応仁の乱ではない!? 真の起源とされる2つの事件

武将が知勇を競い合って戦いを繰り広げた戦国時代は、日本史の中でもロマンあふれる時代です。一般的には、戦国時代の始まりは応仁の乱がきっかけだという認識が広まっていますが、最近では新たな見解が示されているようです。歴史研究家の河合敦氏に、戦国…

還暦後の学び直しには「大学の教科書」が最適の教材だ【佐藤優】

いまや人生百年時代を迎え、いくつになっても学習し続けることはもはや当たり前になってきた感があります。ただし作家の佐藤優さんによると、還暦からの勉強の方法には、場所選びや題材などについてのちょっとした方法論があるようです。詳しく教えてもらい…

電話の「#」の読み方は? 意外と知らない言葉の知識5選

「『味あわせる』と『味わわせる』正しいのはどっち?」「『めくじら』って体のどこのこと?」…あらためて聞かれると、意外とわからないかもしれません。あるいは、間違って覚えていたりも。そうした言葉にまつわる雑学を5つご紹介します。

西郷隆盛と巡る「江戸無血開城への旅」~①箱根から駿府城へ【旅する日本史】

歴史は人々の営みによりつくられ、人々の営みは人々の足跡によりつくられる。一つの史実に沿って、歴史上の人物が歩んだ足跡を巡る旅のプランを提案する『旅する日本史』の第二回目。史実の英雄になったつもりで、あるいは参謀役になったつもりで時系列に沿…

「talk」「speak」「say」「tell」の違いをひと言で説明できますか?

シンプルな言葉なのに、使い分けの難しい英単語があります。その代表格ともいえるのが、「talk」「speak」「say」「tell」など”話す、言う”を表す言葉。違いをなんとなくわかっているようでも、いざ説明するとなると難しいものです。英語にまつわるベストセ…

「ひとりじゃ淋しい」は思い込み? ペット多頭飼いの前に確認する事

複数のペットを飼っている人の中には、「最初に飼っていたペットのためにと思って、もう一頭をお迎えしたら、ケンカばかりになってしまった」という人が少なくありません。そうならないためには、どうしたらいいのでしょうか。アニマルコミュニケーターとし…

幕末の京洛で凶剣をふるった四人の人斬りは、どんな最期を迎えたか

尊王攘夷の嵐が吹き荒れた幕末の京都で、人々から「人斬り」と恐れられた暗殺者たちがいた。その中でも特に有名なのが、「幕末の四大刺客」と呼ばれた田中新兵衛、岡田以蔵、河上彦斎、中村半次郎の四人である。彼らがどんな晩年を迎えたのかは、あまり知ら…

「昭和世代」と「平成世代」を見分ける教科書についての3つの質問

「教科書に載っていることは正しい知識」。そんなイメージを持っている人は多いと思いますが、実は教科書は4年に1回の更新があり、そのつど内容も更新されています。だから、どんな教科書の常識を持っているかで世代を判別することも可能。自分は昭和の教…

いつかくる「最愛のペットとの別れ」の時のために、知っておきたいこと

人間よりもずいぶんと早い時間軸で生きる動物たち。どんなに大切にしていても、「最期のとき」を避けることはできません。せめて穏やかで幸せな気持ちで逝かせてあげたいものですが、具体的にどうすればいいのでしょうか。動物と意識で交流するアニマルコミ…

3Dプリンターで心臓をつくれるって本当? 人体にまつわるふしぎ雑学

さまざまな研究と技術革新が進み、ひと昔前までは考えられなかったような発見や発明が日々報告されています。最近では「3Dプリンターで心臓をつくれる」などという話もあるようです。そうした人間の体にまつわる雑学を4つご紹介します。

唸る、トイレ失敗…ペットの問題行動の原因は「飼い主の心」だった!?

「すぐ唸る」「おトイレを失敗する」など、ペットを飼っている人なら誰でも、しつけの問題に直面したことがあるでしょう。アニマルコミュニケーターの大河内りこさんによれば、そうした行動はペットからのサインだと言います。どんなメッセージが隠されてい…

秀吉になりきって巡る「中国大返しの旅」~②備中高松城から山崎へ【旅する日本史】

歴史は人々の営みによって作られるもの。人々の営みは人々の行動によって作られるもの。一つの史実に沿って、歴史上の人物が歩んだ足跡を巡る旅のプランを提案する新連載『旅する日本史』。史実の英雄になったつもりで、あるいは参謀役になったつもりで時系…

中小企業の倒産は自己責任!? 菅政権の「自助」政策とは【浜矩子】

自民党総裁選の時から一貫して、目指す社会像として「自助・共助・公助」を掲げてきた菅義偉首相。「まずは自助」ということで、「自分でできることは、まず自分でやってみる」と「自助」の重要性を説いてきた。エコノミストの浜矩子氏によると、その裏には…

たとえロボットでも褒められると人は伸びる!? 理系のニュース4選

コロナ禍をきっかけに、「ウイルスって細菌とどう違う?」「肌に触れない体温計はどんなしくみ?」などの疑問が生じた人も多いかもしれません。そうした私たちの暮らしに大きく関わる理系のニュースをご紹介します。

消費税の「四捨五入」。得をするのはお客とお店のどっち?

“塵も積もれば山となる”といいます。消費税の計算で生じた半端な数字は「四捨五入」されますが、これが積み重なったとき、得するのはお客とお店のどちらなのでしょうか? 日々の生活に役立つ数学の知識を、ベストセラー作家の白取春彦先生に紹介していただき…

「権力は快感」というビジョンなき菅政権が行き着く先は【浜矩子】

新聞や雑誌の見出しで、「理念無き」「ビジョンが見えない」などと評されることが多い菅義偉首相の政治手腕。従来、やりたい政策があって権力を奪取するはずだが、菅首相の場合は順番が逆なのだろうか? 自署で「(思想家の)マキャベリの言葉を胸に歩んでい…

菅政権が空虚なグリーン政策の前に本当にすべきこと【浜矩子】

菅義偉首相は「成長戦略の柱に経済と環境の好循環を掲げて、グリーン社会の実現に最大限注力してまいります」と所信表明で発言している。だが、何十年後の遠い目標について語る前に、もっと身近にすべきことがあるのではないか? 菅政権の政策を舌鋒鋭く“ス…

秀吉になりきって巡る「中国大返しの旅」~①岡山城から備中高松城へ【旅する日本史】

歴史は人々の営みによりつくられ、人々の営みは人々の足跡によりつくられる。一つの史実に沿って、歴史上の人物が歩んだ足跡を巡る旅のプランを提案する新連載『旅する日本史』がスタート。史実の英雄になったつもりで、あるいは参謀役になったつもりで時系…

ヴィトンのモノグラムは家紋がモチーフ!知られざる「かたち」の雑学

日常でよく目にするあの企業やブランドのロゴマークには、驚くべき秘密があった! 誰もがつい真相を知りたくなってしまう秘密をご紹介しましょう。

99歳の寂聴さんが、これからを生きる女性に「大切にしてほしい」こと

「女に生まれたということは、私たちが選んだことではありません。女に生まれる前に私たちは人間であるということを忘れてはいないでしょうか。母である前に人間であるということを忘れてはいないでしょうか」。女として、自分をどう生ききるかを説いた1968…

明治末期の超能力ブーム「千里眼騒動」の不可解な経緯

一九七〇年代前半、スプーン曲げで一世を風靡したイスラエル出身の自称超能力者、ユリ・ゲラーのことを記憶している人も多いだろう。実は日本でも、明治末期に同様の超能力ブームがあったことをご存じだろうか。透視能力を持つ女と称された御船千鶴子と、当…

「マスク生活の違和感」にもかかわる!? “ニューロセプション”の重要性

「これといった原因はわからないけれど、なんとなく○○」と感じた経験は誰しもあるでしょう。そうした感覚は「ニューロセプション」と名づけられており、マスク生活の“違和感”とも関わっているようです。ナチュラル心療内科院長の竹林直紀先生に解説していた…

「メロン大きめ1個と小さめ2個どちらが得か?」は計算式でわかる!

数学なんて難しいし、日常で役に立たないと思っていませんか? だとしたらもったいないこと。知っていると買い物などでお得な計算式・考え方があるのです。ベストセラー作家の白取春彦先生に解説していただきました。

武田勝頼は織田信長に敗れた後もなぜ版図を拡大できたのか

甲斐の武田信玄といえば戦国期を代表する武将だが、その偉大な信玄の跡を継いだのが息子の武田勝頼だ。後世の史家の多くはこの勝頼に対し、「無能な後継者」「背伸びしすぎた凡将」……などなどマイナス評価を与えてきたが、実際は近代になり、勝頼への評価は…

歯磨きしながらできる! 「ストレスケア」を毎日の習慣にする方法

ストレスのない生活というと羨ましく感じられるかもしれません。しかし、健康のためには適度なストレスが必要であり、どうストレスと対応するかが重要なのだそうです。これまで多くの患者さんを診てこられたナチュラル心療内科院長の竹林直紀先生に、日常生…

コロナ疲れにも影響あり!?…「自律神経は3種類」という新常識

出口の見えないコロナ禍に、社会全体が不安に包まれたような状態が続いています。ナチュラル心療内科院長の竹林直紀先生によると、そこには「自律神経の乱れ」が関わっているそうです。とくに「第3の自律神経」が鍵を握っているのだとか。どういうことなの…

江戸無血開城を実現した勝海舟が新政府入りを蹴った意外な事情

勝海舟(1823~1899年、享年77)幕末、微禄の幕臣の子として生まれる。西郷隆盛との会談で江戸城を無血開城に導いた立役者。明治に入ると政府とは距離を置いて旧幕臣の救済に努める。

数学で納得! 動画再生120万回と視聴率1%はどっちがすごい?

映画の中でトム・クルーズが歩いた距離は? 動画120万回再生って、TVの視聴率と比べるとどれくらいの価値がある? そんな疑問も、数式や図を使って考えると納得できます。ベストセラー作家の白取春彦先生に解説していただきました。

サケは実は白身魚!? 知ってると一目おかれる! 生きものの雑学5選

情報過多な時代になっても、あまり知られていないことは無数にあります。そうした雑学の中でも人気があるのが、生きものにまつわる話。「サケは赤身でなく白身」「世界初の輸血は羊の血」など、知っていると一目おかれる豆知識を集めてみました。

“士族の商法”にも成功例があった―名産「静岡茶」の意外な由来

日本史上、唯一の革命とも言える明治維新は武士が主導して実現したが、皮肉なことにその後の大変革で一番割を食ったのも武士であった。国民の6%にものぼる人々が突然職を失うという大リストラとなり、自立を促す制度は存在したものの、いわゆる「士族の商…

自分の写真が無断でSNS上に…ありがちな「ネットのハラスメント」

近年ではいろいろなことが「ハラスメント」と結びつき、それを窮屈に感じている人もいます。だからこそ押さえておきたいのが、「やってしまいがちなNG行為」。これは特に、ネット上で多く見られるようです。でも事前に注意点がわかっていれば、過剰に気にす…