料理

家事がこんなにラクになるなんて! 続けたくなる「時産」テクニック

「手抜き家事」は気が引けても、効率化できてなおかつクオリティも上々な方法なら、試してみる価値があると思いませんか。ゆとりうむプロジェクト理事長の筒井教授は、家事の効率化を図るのも、夫婦で家事分担するのも、すべては楽しい暮らしを手に入れるた…

家事をする子ほど“AIを使いこなせる人間”になる納得の理由

コロナ禍でリモートワークが促進され、親が家にいることが増えました。日本ではいまだに女性が家事をする時間は男性より圧倒的に長いですが、開成中高の校長だった柳沢幸雄先生は、これからは男子にも家事のスキルが必要だと話します。家事ができるようにな…

缶詰にも“食べごろ”がある!? 知って得する食べものの雑学5選

「唐揚げにはレモン」「チャーハンには冷やごはん」といったことは当たり前のように思われていますが、「なぜ?」と聞かれるとよくわからないかもしれません。そうした料理にまつわる意外な疑問について、5つご紹介します。

家庭で中華鍋を振るう人が知らない「弱火料理」のすごいメリット

家で野菜いためをつくると、ビチャッと水っぽくなってしまう……。シェフ・料理科学研究家の水島弘史先生は、その原因は「強すぎる火加減」にあると断言します。どんな方法でつくると野菜いためは美味しくなるのか、秘訣を教えてもらいました!

「味が決まらない……」という料理の9割は“塩”が足りない!

ほとんどの料理の味は塩で決まります。でも、「塩――適量」としか書いていないレシピも多いので、本当に「テキトーな量」の塩で味つけをしていると、ボンヤリした味の料理になりかねません。「適切な塩の分量」を見つける方法を、シェフで料理科学研究家の水…

包丁の“スイートスポット”を使うと切るだけでトマトが美味しい!

よく切れなくなったからといい包丁を買ってみたり、包丁研ぎ器で入念に研いだりする人は多いかもしれません。でも、実はそれより大事なのが“包丁のどの部分を使って切るか”ということ。料理の味までよくなる切り方を、シェフ・料理科学研究家の水島弘史先生…