暮らし

大手塾に入れておけば中学受験は安心? 失敗しない塾選びのヒント

中学受験で難関校を目指すとすれば、大手進学塾に通うことは不可欠。大手進学塾には、中学受験を勝ち抜くための豊富なカリキュラムがあるからです。でも、そこにもいろいろな特徴があり、大手進学塾に通いさえすれば成績が上がるわけではありません。どうす…

血糖値の急上昇も“物忘れ”の原因。脳をいたわる食べ方とは

「血糖値」と「物忘れ」が関連しているとは想像しづらいが、国内外の様々な研究によって、実はこのふたつには密接な関連があることがわかってきている。脳に悪い影響を与えないようにするには、どのようなことに気をつけて、どのような栄養の取り方をすれば…

必要なのは“孤独”を受け入れる覚悟―仏教が教える人間関係のコツ

職場や家庭、ご近所づきあい…ストレスの大きな原因になるのが人間関係。波風を立てないように気を遣って疲れてしまったり、よかれと思ってやったことが誤解されてしまったり。尽きぬ対人問題に役立つ考え方を、元結不動密蔵院の名取芳彦住職に説いていただき…

仏教的アプローチで納得!「イライラ・もやもや」の上手な発散法

誰しも思い通りにならないことにイライラ、もやもや、くさくさすることはあります。そんなとき、その気持ちをどう処理していますか? 名取芳彦和尚は、「仏教の智慧を使うと、知らずに抱え込んだ感情も上手に速く発散できるようになる」と説きます。具体的に…

家にある食材ですぐ絶品! ポリ袋でつくる発酵食レシピ3選

発酵食というとヨーグルトや納豆、塩麹などが思い浮かぶかもしれませんが、それ以外にも「酢」や「みそ」、「みりん」などの立派な発酵食材が身近にあります。今回はポリ袋で作る発酵食レシピを3つご紹介。思い立ったらすぐ試してみましょう!

難関校合格には“受験ファースト”が必須! 中学受験3つのスタンス

「全身全霊をかけて中学受験に挑む」というご家庭もあれば、「中学受験はもちろん大切だけど、人生それだけじゃないでしょ」というご家庭もあります。必要なのは、家庭ごとの中学受験に対するスタンスを最初にしっかり決めて、それに沿って継続的に学習を続…

ポリ袋でつくるのにこのコク! 冬こそ美味しい「白菜キムチ」

今年は家での時間がとれそう。だとしたら、少しの手間をかけて“いつもは買っているけど自分でもつくれる一品”にチャレンジしてみましょう。今回はポリ袋だけで作る白菜キムチ。 韓国唐辛子もアミの塩漬けも必要なし! 思わず食べすぎてしまうかもしれないの…

「とりあえず塾」が一番危険! 女の子の中学受験でまず決めるべき事

成熟度が男の子に比べて高く、宿題もコツコツできることの多い女の子。だからこそ中学受験も比較的ラクだと思われてきました。でも同性なのに、いや同性だからこそ、お母さんとさまざまなあつれきが起こり、どうにもならなくなってしまうことがよくあります…

家族ほどこじれやすい! 人間関係を修復する“アサーティブ”の技術

家族や友人といった身近な人とは、距離が近いだけに良好な関係を維持し続けることは簡単ではありません。アサーティブ・トレーナーの森田汐生さんによれば、相手との関係の期間が長いと、「地雷があちこちに埋まっていることが多い」そうです。だからこそ、…

実は一番心配な「反抗期がない男子」その親に見られる共通点とは

「呼びかけてもまったく返事をしない」「すぐ反発して話にならない」……。親にとって男の子の反抗期は特に憂鬱なものです。でも、大学で27年間、私立中高一貫男子校で9年間、のべ4000人の男子学生と面談をし、彼らの成長を逆からたどって調査してきた獨協医…

中学生が見違えるように勉強を始める「アクティブ進路」の見つけ方

「もう中学3年生なのに、まったく勉強しない…」。受験生の親なら心配が止まりません。ただ、やみくもに「勉強しろ」というだけでは、効果はほぼゼロ。実は、子どもが一気にやる気になるポイントは“進路”を見つけることにあります。親を変えることで子どもの…

もう高校受験なのに勉強しない…を解消する「アクティブ進路」とは

「もう中学3年生なのに、まったく勉強しない…」。受験生の親なら心配が止まりません。ただ、やみくもに「勉強しろ」というだけでは、効果はほぼゼロ。実は、子どもが一気にやる気になるポイントは“進路”を見つけることにあります。親を変えることで子どもの…

中学受験に挑戦すべきか、やめるべきかは「片づけ」で判断できる

中学受験シーズンになると「そろそろウチの子も」と意識し始める親は多いですが、まだその時期ではないのに無理にチャレンジすると、あとで親子関係を壊してしまいかねません。親は子どものどこを見て中学受験をすべきか、しないで高校受験をするかを判断す…

実は三日坊主で上出来! 続かない目標を「習慣化」するためのコツ

「今度こそ絶対に続ける!」と決意した目標を、わずか3日でやめてしまった…。そんなときは落ち込んでしまうかもしれませんが、実際は行動したこと自体が大きな「成果」。さらに、これを習慣化するにはもう少しの工夫が必要なの。前回に続き、これまで1万200…

心が苦しいときは“逃げる”が正解! ストレスを受け流す4つの方法

傍から見て負荷がかかる状況下にあっても、心おだやかに過ごせる人がいます。そのような人は、自分をストレスから解放する方法をストックしているもの。著述家の植西聰先生は、「心さえ折れずにいれば、どれだけ今がつらくても、人生は上向いていく」と私た…

子育てで気をつけたい! 「厳しさ」と「優しさ」の微妙なさじ加減

「親から受けついだネガティブな習慣が自分の身につき、それが私たちを苦しめる」ことについて、サイキック・カウンセラーの原田真裕美さんは「親子呪縛」と定義しています。そのネガティブな影響は、自分が子育てをするときにも連鎖してしまうのだそうです…

誰もが持つ「親の闇」…“生きづらさ”の原因はここにあった

いまの世の中では“生きづらさ”を感じている人が多く、年代によっては半数以上という調査結果も出ています。サイキック・カウンセラーの原田真裕美さんによれば、「私たちが人生で抱えるほとんどの問題は、親との関係が原因」。だからこそ、“生きづらさ”から…

心が沈んだとき最も大事なこととは? 「自分を救う」考え方&ワーク

新しい感染症が世界的に蔓延したことで、私たちの日常は一変しました。働き方や暮らしが変わり、様々な不安が積み重なって、「無力感」にさいなまれているという人も少なくないようです。そうした状態から脱却するための考え方や、そういう時にこそやってお…

勉強・筋トレ…続かない人が知らない、行動を「習慣」に変えるコツ

年初の決意はたいてい挫折に終わるものですが、原因をよくよく分析してみると、そこには習慣化できなかった何らかの理由が存在しています。それさえわかれば、今度こそ英会話、筋トレ、勉強が継続できるかも――。これまで1万2,000人以上のメンタルコーチング…

高校受験の模試でC判定…親子関係を壊さない志望校選びのコツ

頑張って高校受験の勉強をしてきたけど、受けた模試での第一志望校は「C判定」。受験をあきらめさせるべき? それとも頑張らせるべき? 親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍し、年間3,000組の親子をサポートしている思春期の子育てアドバイ…

中高年ひきこもり―スキルを過信して会社を辞めてしまった人の末路

ひきこもりといえば、若い人たちがなるもの。そんなイメージとは異なり、実は中高年のひきこもりが多いという事実が明らかになっています。2018年の内閣府の実態調査によると、40~64歳のひきこもりは推計約61万人。「中高年のひきこもり」は、突然の会社か…

将来のリーダーは必修! 子どもに伝えたいプログラミングの本質

「これからの時代、日本でもプログラミングに関する教育が大切」とよく言われますが、子どもにパソコンを与えても自然に理解してくれるわけではありません。どうやってその本質を教えればいいのでしょうか? インドのスーパーインテリであるジョシさんとの会…

第一志望は不合格…それでも中学受験を人生の糧にできる家庭の心得

いよいよ中学受験本番。でも、実は希望通り第一志望に合格できる子は全体のわずか約3分の1。多くの子がそれ以外の学校に通うことになります。そんなとき、親の考え方や声がけ一つで、中学受験やその後の人生そのものを有意義にできるのです。これまで受験…

「あれ誰だっけ…?」“心配ない物忘れ”と“危険な物忘れ”の大きな違い

街で知人にばったり出会い、顔は覚えているが、名前が出てこなくて冷や汗をかく。昨日見たドラマのタイトルが思い出せなくてイライラする。話をするなかで、「あれ」「それ」という言葉が以前よりも増えてきた…。いよいよボケてきたかも…と不安になるかもし…

親の介護、突然の解雇…「中高年ひきこもり」は他人事じゃない

ひきこもりといえば、若い人たちがなるもの。そんなイメージとは異なり、実は中高年のひきこもりが多いという事実が明らかになっています。2018年の内閣府の実態調査によると、40~64歳のひきこもりは推計約61万人。「中高年のひきこもり」は、突然の会社か…

介護はお金の問題!? “モメる家族”と“モメない家族”の大きな違い

寿命が延びて“人生100年時代”といわれる昨今、親の介護や認知症に直面する人が増えています。さらに、2019年に相続法が改正されたことで、相続に関する状況も変化してきています。これまで1万件以上の相続の「現場」を見てきた税理士法人レガシィさんに、親…

中学生の勉強に親のサポートは必要?過干渉? 高校受験成功の心得

ウチの子ももう中学生。勉強する気持ちはあるみたいだけど、机の前に座っているだけで勉強が進んでない。高校受験は大丈夫かしら……。そんなお子さんに対して、親はつい口出しをしたくなりますが、どこまで親がサポートすべきか、迷ってしまう人も多いでしょ…

野菜はもちろん肉料理もワンランクUP! 万能調味料「塩麹」を自作

今年は家での時間がとれそう。だとしたら、少しの手間をかけて“いつもは買っているけど自分でもつくれる一品”にチャレンジしてみましょう。今回はポリ袋だけで作る塩麹。あまった野菜や切れ端にからめるだけで、簡単に即席漬けができるのでオススメ!

“ゆでる”と“ゆがく”は大違い! 9割が知らないレシピの正しい読み方

いくら料理に自信がある人でも、“自己流”でやっている限りあまり上手くはなりません。先人たちの智恵であるレシピを使いこなしてこそ、ワンランク上の味が出せるようになるものです。ただし、レシピで使われている言葉にはまぎらわしいもの、よく注意しない…

相続人でなくても現金請求が可能!“介護損”がなくなる新制度

寿命が延びて“人生100年時代”といわれる昨今、親の介護や認知症に直面する人が増えています。さらに、2019年に相続法が改正されたことで、相続に関する状況も変化してきています。これまで1万件以上の相続の「現場」を見てきた税理士法人レガシィさんに、親…

意外と簡単なのに美味しい! こんなときこそ作りたい自家製みそ

今年は家での時間がとれそう。だとしたら、少しの手間をかけて“いつもは買っているけど自分でもつくれる一品”にチャレンジしてみましょう。今回はポリ袋で作る「みそ」。自作するのにはハードルが高いように思うかもしれませんが、手順をしっかり守れば意外…

今年こそ続けられる!「早起き」を習慣化した人のちょっとした工夫

「良いとわかっていても続かないこと」の代表格とも言える“早起き”。いったいどうすれば、毎朝早く起きられるようになるのでしょうか。朝型生活を実践することで、「毎日残業のダメ営業マン」から「毎日定時で帰れるトップ営業マン」に変身したという菊原智…

まず玄関を片づけると、いつの間にか家全体がキレイになる理由

「家の片づけができない……」という方は多いですが、“とりあえず玄関だけ”をスッキリさせてみませんか? 玄関はどの家庭でも比較的狭く、置くモノも決まっているため、片づけが苦手な人でも取り組みやすい場所。そして「家の顔」である玄関がキレイになると、…

「ウチの親、認知症かも…」預金凍結される前にすべき相続手続き

寿命が延びて“人生100年時代”といわれる昨今、親の介護や認知症に直面する人が増えています。さらに、2019年に相続法が改正されたことで、相続に関する状況も変化してきています。これまで1万件以上の相続の「現場」を見てきた税理士法人レガシィさんに、親…

ポリ袋でつくるから簡単、なのに絶品! 冬の定番「白菜漬け」

今年は家での時間がとれそう。だとしたら、少しの手間をかけて“いつもは買っているけど自分でもつくれる一品”にチャレンジしてみましょう。今回はポリ袋だけで作る白菜漬け。手軽さと発酵による美味しさで、思わず食べすぎてしまうかもしれないので要注意!

今夜はビール? やみつき確定の「発酵おつまみ」【ザワークラフト】

今年は宴会も少ないし、家でゆっくり晩酌を楽しみたい――。そんなときにおすすめなのが、「発酵おつまみ」。ポリ袋だけで作る手軽さと発酵による美味しさで、思わずお酒が進みすぎてしまうかもしれないので要注意!

言っている本人は無意識! 不快な「マウンティング」をかわすコツ

なんてことはない世間話なのに自慢話をかぶせたり、こちらの話を否定したり。人を疲れさせ、不快にさせる「マウンティング」という行為ですが、脳神経外科医の菅原道仁先生によると「それは本能であり、誰もが気づかないうちにマウントしている可能性がある…

カロリー厳守?糖質制限? ダイエットにまつわる5つの誤解

「レコーディングダイエット」「夕食抜きダイエット」「○○ダイエット」……。ダイエットにはさまざまな説があるため、いったい何が本当なのか、わからなくなっている人も多いのではないでしょうか。さまざまな方法や知識の中から、誤解されがちなものを集めま…

子どもが塾に行きたがらない…中学受験をやめるべき3つのケース

それまで楽しそうに塾に通っていたのに、あるときから急に塾に行くのをイヤがるようになってしまった……。たしかに今の時代の中学受験は大変そうだし、毎日勉強ばかりでつらいのもわかる。でも、今ここでやめるわけには……。このように悩んでしまう人は多くい…

腹筋運動を毎日しても決して「シックスパック」にはならない!

憧れの「シックスパック」を目指して、毎日腹筋運動に励んでいるという人がいるかもしれません。でも、単に腹筋を鍛えるだけでは、決してその目標には到達しないこと、ご存じですか?

80歳になっても資産が減らない!? 「取り崩し運用」のすごい効果

以前話題になった「老後2000万円問題」を例に出すまでもなく、老後資金の不安を抱えている人は数多くいます。そこで必要になるのが「投資」ですが、いざ実行しようとしても、投資に対する誤ったイメージや疑問が壁になっているようです。そこで、一般投資家…

暴落も問題ナシ! 投資初心者が老後資金をつくるたった1つの方法

以前話題になった「老後2000万円問題」を例に出すまでもなく、老後資金の不安を抱えている人は数多くいます。そこで必要になるのが「投資」ですが、いざ実行しようとしても、投資に対する誤ったイメージや疑問が壁になっているようです。そこで、一般投資家…

どんな教材より学力が上がる!「安心」を与えてあげる事の重要性

いじめを受けて学校にいけない子、発達障害など支援の必要な子がたくさん転校してきたにもかかわらず、不登校ゼロ、全国学力調査で全国一の県を上回ったこともあるという「大空小学校」。初代校長の木村泰子先生は、「学力は勝手に上がっていく」と言います…

今夜はワイン? やみつき確定の「発酵おつまみ」【ピクルス】

今年は宴会も少ないし、家でゆっくり晩酌を楽しみたい――。そんなときにおすすめなのが、「発酵おつまみ」。ポリ袋だけで作る手軽さと発酵による美味しさで、思わずお酒が進んでしまうかもしれないので要注意!

女の子の才能を伸ばす!「脳の見る力」をつける4つの習慣

女の子の才能を開花させ、伸ばしていくには「脳の見る力」が大切―。発達脳科学の専門家・加藤俊徳先生はそう言います。といっても、特別な訓練が必要なのではなく、日常生活でも十分、脳に刺激を与えることができるといいます。ぜひ、親子で取り組んでみてく…

勉強より大切! 子どもを幸せにするには「お金の価値観」を育てなさい

5女1男をもつ大人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの家庭では、月に一度「家族マネー会議」を開き、家計について貯蓄額まですべてオープンにしているそうです。それによって子どもには「お金の価値観」が育ち、他にも思わぬ効果が生まれていた…

いよいよ中学受験! 直前期に勉強を増やすのは逆効果でしかない

直前期には一日のほとんどの時間を勉強に費やさなければならいないほど過酷な中学受験。「算数のあの解き方を復習しなきゃ」「理科や社会の暗記物はこれからが本番」「過去問もこなしておきたい」と、しなければならないことが山のように出てくるものです。…

「老後のお金」はこう考えると楽になる―弘兼憲史の“やめる”生き方

“老後”がどんどん長くなってきている昨今、誰にとってもお金の問題は切実なものですが、あまり深刻に考えるとそれが「心の重荷」になってしまいかねません。年齢とともに“やめる”生き方を提唱している弘兼憲史さんに、心が穏やかになるお金に対する考え方を…

「人見知り・口ベタ・ネクラ」の三重苦でも“生きづらさゼロ”の秘訣

「明るくて会話上手の人は、人生楽しいんだろうな……」。もしあなたがそう思っているなら、考えを少し改めましょう。なにしろ不動産投資コンサルタントとして活躍している午堂登紀雄氏は、「人見知り、口下手、ネクラ」の三重苦を受け入れて活躍し、自由に楽…

今夜は日本酒? やみつき確定の「発酵おつまみ」【いかの塩辛】

今年は宴会も少ないし、家でゆっくり晩酌を楽しみたい――。そんなときにおすすめなのが、「発酵おつまみ」。今回は「いかの塩辛」です。ポリ袋だけで作る手軽さと発酵による美味しさで、思わずお酒が進んでしまうかもしれないので要注意!