暮らし

ノートとペンだけでOK! 自己肯定感を上げるもっとも簡単な方法

あなたは自分の存在価値や能力などをありのままに認めることができますか? 日本人は自分を尊ぶ「自己肯定感」が低い傾向にあるといわれています。でも、ノートとペンさえあれば大丈夫! 誰もが自己肯定感を上げることができ、仕事や人間関係もうまく回り出…

今年は風雅に月を愛でる―5分でできる「お月見おやつ」

今年の十五夜は10月1日。せっかくなら秋を味わう「お月見おやつ」を用意してみては? どれも材料を混ぜてレンジでチンするだけ。簡単で優しい味わいだから、子どもと一緒につくるのもいいかもしれませんね。

残暑を乗り切る!まぜるだけのお手軽「サバ薬膳」レシピ

いまや亜熱帯と化した日本の夏。暑さにより1年で最も体力を消耗する季節が過ぎ、元気の源である「気」、体の中の「水」、そして「血」が不足しているかもしれません。こんな時はまぜるだけのお手軽「サバ薬膳」で体の中から元気を取り戻しましょう!

何事も上手くいく人が「地元の神社」へのご挨拶を欠かさない理由

運が悪いからと、ご利益を求めて神社巡りをする人は要注意! あなたの特別な力になってくれる神様はとある神社にいます。なぜかいつもうまくいくような運のいい人ほどお参りしている神社について、神道研究家の藤原美津子さんに聞きました。

「なんで中学受験しなきゃいけないの?」に親はどう答えるべきか

直前期には一日のほとんどの時間を勉強に費やさなければならいないほど過酷な今の中学受験。まして、まわりの友だちがあまり受験をしない場合、「他の子が遊んでいるのになんで自分は勉強なの?」と不満になることもあるでしょう。そんなとき、親はどのよう…

簡単なのに栄養満点! お惣菜+お米=大満足の炊き込みごはん

お惣菜を買ってきても、それ一品をおかずにするのはちょっとさびしい…。副菜や汁物をつくるのも億劫…。それなら、いっそのことお惣菜を炊き込みごはんの具材にして、食べ応えのある一品にしてしまいましょう! 材料を炊飯器に入れてスイッチを入れるだけ。疲…

優等生だった親ほど虐待まがいの「過剰なしつけ」をする理由

やんちゃ盛りの子どもを厳しく叱っているうちに、つい手が出てしまった。「これはしつけか、虐待か…」と悩んでしまう親御さんも多いことでしょう。親であれば、誰もが抱える悩みに超人気教育カウンセラーの諸富祥彦先生がズバリ答えます!

「読書をしない子は成績が悪い」を東北大の大規模アンケートが立証

最近の子どもたちの手には常にスマートフォンが握られ、暇を見つけてはSNSやゲームに興じています。親としてはなるべく読書など有意義なことに時間を使ってほしいものですし、読書が学校の成績に大きな影響を与えるとすればなおさらです。東北大学加齢研…

「倍返し」は一番ムダ!? 85歳現役美容家が教える怒りへの対処法

やられたら倍にしてやり返す――。リベンジに燃えるのは原動力になることもありますが、それだけでは人生を前に進めることができません。85歳の現役美容家である小林照子さんに、怒りに支配されず「いい人生」を送る秘訣を教えてもらいました。

中学受験の大敵! 「否定の言葉」は子どものやる気を急激に下げる

中学受験を始めてすぐ、ほとんどの親は「順位や点数が思うように上がらない」ことに悩みます。中学受験をするのはほとんどが「よくできる子」なので当然ですが、そこで子どもを追い詰めるようなことを言うと、事態はますます悪い方向に行きかねません。5,000…

簡単なのに本格派! おウチで海外気分を味わう炊き込みごはん4選

海外旅行に行って食べ歩きをしたいけど、今は行けない……。こんなときは、せめてごはんだけでも世界旅行に出かけましょう! 材料を炊飯器に入れてスイッチを入れるだけで、異国のにおいがお腹をくすぐります。

資産のはずが不良債権…「住まない実家」はいつ売るのがベストか

相続をすればお金が入って得をする――。そう考えている方が多いでしょう。かつては相続する財産のために、子どもたちが骨肉の争いをするという話があちこちにありました。しかし、最近は相続することで「厄介なもの」を押しつけられるのを嫌い、きょうだいで…

炊飯器におまかせ!一品で栄養バランス完璧な炊き込みごはん3選

「毎食何品もつくるのはもうめんどう!」そんなあなたにおすすめなのが‟オールインワン炊き込みごはん”です。「主菜」「副菜」「主食」の要素がすべてそろった栄養満点の炊き込みごはんなら、材料を炊飯器に入れてスイッチを入れるだけ! 暑くて火を使いたく…

中学受験における親の仕事は“問題の取捨選択”と“スケジューリング”

親が積極的に子どもの勉強に関わってきた記憶がないという世代の人は、最近の中学受験の常識を知るとビックリするかもしれません。今の中学受験では膨大な量の勉強をしなければならないため、宿題の取捨選択をしたりスケジューリングをしたりするのが親の“当…

相続でモメる家族とモメない家族…違いは長男だった

「相続」と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか? テレビドラマで観るような資産家の相続争いでしょうか? きょうだいや親戚の財産の奪い合いでしょうか? そんな光景は自分には関係ないと思う方も多いようですが、税制改正により多くの人に相続税がかかる…

「セキュリティソフトを二重にかければ安心」が絶対NGなワケ

Windows7のサポート終了によって、パソコンのハードはそのままでWindows10にOSをアップグレードした、または思いきってWindows10のパソコンを新規に購入したという人は多いだろう。だが、二つのOSの間にはWindows8もあったため、大きく操作が異なる部分も…

子どもに「投資」について教えるのに、早すぎるということはない

5女1男をもつ大人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの家庭では、月に一度「家族マネー会議」を開き、家計について貯蓄額まですべてオープンにしているそうです。それにはどんな狙いがあり、どんな効果が生まれているのでしょうか?

むしろ逆効果!? 子どものやる気を削いでいる親の“残念なほめ方”

いま、世の中は「ほめて育てる」が主流です。ほめることは子育てにおいて大きな力になることは間違いありませんが、効果的な場合とむしろ逆効果になってしまう場合があること、ご存じですか? より子どもの力になるほめ方を中学受験指導の第一人者である小川…

バーベキューやキャンプで一目置かれる! 食材の上手な扱い方

3密は避けつつ、夏らしいことがしたい! そんなニーズに応えて、混雑を避けたバーベキューやキャンプが人気です。仲間とワイワイ食材を焼くだけ、と思いきや、食材の扱い方を少し工夫するだけで味は大きく変わります。日常の料理もワンランクアップすること…

なかなか伸びない子どもの成績…“感覚タイプ”の違いが原因だった!

「いくら教えても全然成績が上がらない……」そんなとき、もしかしたらお子さんの感覚タイプには合わない方法でアプローチしているだけなのかもしれません。視覚、聴覚、身体感覚の三つのうち、どの感覚から得た情報に頭と心が反応しやすいかは人それぞれ。タ…

中学受験は最初が肝心! 入塾テストで上位に入ることが重要な理由

「中学受験なんてまだまだ先のこと。最初はのんびりでいいんじゃない?」なんて考えていると、後で苦労することにもなりかねません。実は3年生の11月から始まる入塾テストで上位クラスに入っておくと、将来の志望校合格に向けての大きなアドバンテージにな…

オムロンヘルスケア社員食堂の人気パスタは減塩でも美味しい!

減塩生活中にパスタは御法度? そんなことはありません。オムロンヘルスケアの社員食堂にはとびっきり美味しい「減塩パスタ」があります。中でもペペロンチーノが一番人気。今回はそんな大人気減塩レシピを特別に公開! 健康増進に、高血圧予防に、ぜひ活用…

夏野菜は今が旬! レシピ検索の前に知っておきたい美味しい食べ方

スイカやトウモロコシ、トマト、オクラなど、暑くなるにつれ美味しさが増していく夏野菜! しかし、調理や保存の仕方を間違えていると、その美味しさも半減してしまいます。何をつくろうかな~とレシピ検索する前に、本当に美味しい食べ方を知っておきましょ…

将来お金で失敗しない子になる 「家族マネー会議」のススメ

5女1男をもつ大人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの家庭では、月に一度「家族マネー会議」を開き、家計について貯蓄額まですべてオープンにしているそうです。それにはどんな狙いがあり、どんな効果が生まれているのでしょうか?

家庭で中華鍋を振るう人が知らない「弱火料理」のすごいメリット

家で野菜いためをつくると、ビチャッと水っぽくなってしまう……。シェフ・料理科学研究家の水島弘史先生は、その原因は「強すぎる火加減」にあると断言します。どんな方法でつくると野菜いためは美味しくなるのか、秘訣を教えてもらいました!

子どもの学力を落としてしまっている親の残念な口グセ

「子どもが勉強をしない」「学校の成績が悪くて」と悩んでいる方も多いですが、親が日常で使っている言葉にその原因があるのだとしたら……。子どものセルフイメージを変える言葉がけについて、教育のプロコーチである田嶋英子さんに教えてもらいました。

Windows7から10にアップグレードした人がまず驚く4つの大きな変更点

Windows7のサポート終了によって、パソコンのハードはそのままでWindows10にOSをアップグレードした、または思いきってWindows10のパソコンを新規に購入したという人は多いだろう。だが、二つのOSの間にはWindows8もあったため、大きく操作が異なる部分も…

中学受験は最初が肝心! 3歳からでも勉強習慣がつくすごい方法

3年生の3学期あたりから中学受験が始まると、「勉強をさせたい親」と「やりたくない子ども」のバトルも始まります。でも、中学受験指導の第一人者である小川大介先生によると、早いうちから子どもに「勉強するのは当たり前」という意識を持たせると、無用…

小学校の社会科で「踏み絵」が「絵踏み」に変えられた事情

数ある歴史用語の中には、知らないうちに微妙に変わっているものがあります。10年ごとに行われる教科書の学習指導要領の改訂の際、「この言い回し、ちょっと不自然では?」「もっとわかりやすい言葉に変えてはどうだろう?」「では、ちょっと考えてみようか……

オムロンヘルスケア社員食堂の「エスニック飯」は減塩なのに絶品!

「減塩料理=わびしいもの」という認識はもう昔のもの。オムロンヘルスケアの社員食堂では減塩の和食や洋食だけでなく、エスニック料理もあります! 料理のバリエーションが豊富なら、飽きることなく減塩食を続けられます。社員食堂で大人気の減塩レシピを、…

減塩とは思えない!オムロンヘルスケアの社食でNo.1のレシピ

家庭用血圧計の世界シェアNo.1であるオムロンヘルスケア。じつは社員食堂では血圧コントロールのための「減塩レシピ」がふるまわれているとのこと。しかも、減塩とは思えない美味しさで毎日完売するほど大人気といいます! そんな門外不出の減塩レシピを特…

雷・竜巻が発生! 遭遇したときの正しい行動はどっち?

不気味な黒い積乱雲が空に出現したら、雷と竜巻に要注意!近い場所で発生すれば命の危険もある。年間を通して発生するが、特に多くなってくるのは8月、9月。いざというとき、正しい行動が取れるように、クイズに答えながら正確な知識を身につけましょう!

ダイエット中の新定番「スパイスカレー」は未知の刺激が効く⁉

「ダイエット中でもおいしいものは我慢したくない!」そんな時におすすめなのが「スパイスカレー」です。スパイス料理研究家の印度カリー子さんに、ダイエットに良い食べ方のコツを聞きました。

「味が決まらない……」という料理の9割は“塩”が足りない!

ほとんどの料理の味は塩で決まります。でも、「塩――適量」としか書いていないレシピも多いので、本当に「テキトーな量」の塩で味つけをしていると、ボンヤリした味の料理になりかねません。「適切な塩の分量」を見つける方法を、シェフで料理科学研究家の水…

小学校で「士農工商」「四民平等」はもう習わないって本当?

学校生活で誰もがお世話になった「教科書」。でも、教科書に書かれた「常識」は時代と共にどんどん変わり、今は旧常識になっているものも多くあります。若手社員や子どもたちから「それ、昔の常識ですよね」「そんなことも知らないの!?」なんて言われないよ…

日本人の年金がピンチ!? 運用成績が世界と比べて明らかに低い理由

これから急激な少子高齢化を迎える日本では、「年金」の原資不足が懸念されています。政府は少しでもそれを補おうと巨大な資金を投資に回していますが、その成績は世界標準の半分以下。それにはどのような理由があるのでしょうか。信州大学特任教授の上地明…

紫外線に負けない! 抗酸化野菜とラム肉の“美白スープ”

日焼け止めだけでは防ぎきれない紫外線は美味しいスープで防ぎましょう。シミの素になる活性酸素を抑制する栄養素を持つ夏野菜とラム肉をエスニック風味のスープに仕立てて、暑い夏でも食欲増進。夏の”美白”ケアに差がつくこと間違いなし!

「ダメ」はもう禁句? 子どもの自己肯定感が高くなる魔法の言い方

子どもがいちばん耳にするのは親の言葉。そして、その言葉には子どもの人生を変える力があります。自己肯定感を上げる言葉がけについて、教育のプロコーチである田嶋英子さんに教えてもらいました。

ダイエット中も美味しく食べて7キロ減! スパイスカレーの秘密

毎日カレーを食べていたら7キロやせたというスパイス料理研究家の印度カリー子さん。その秘密は、カレーには必須と思われている「小麦粉」を使わず、少量の油でつくるので、とっても低カロリーだから。簡単に作れておいしくやせる「スパイスカレー」の基本を…

瀬戸内寂聴さんが五十路のときに語った「出逢いの本質」とは

「恋を得たことのない人は不幸である。それにもまして、恋を失ったことのない人はもっと不幸である」。こう語るのは僧侶、小説家である瀬戸内寂聴さん。様々な愛に生きた彼女が、多くの恋の途上で傷つけ、傷つけられて見つけた出逢いの本質とは? 初版1973年…

副業に才能は不要! “平凡”だからこそ稼げる3つのステップ

ボーナスがあてにならない昨今、副業でもはじめてみようかなと考えている人は多いかもしれません。じつは、副業で稼ぐのに「華やかな経験」「目覚ましい実績」「ネットやSNSの知識」なんていりません。あなたの持ち味を生かした、無理のない副業の見つけ方を…

プライバシーに敏感ならWindows10を初期設定で使ってはいけない

という人も多いだろう。だが、Windows10は“ユーザー寄り”であるがために、そのまま使うと多くの個人情報を第三者に渡してしまうことになりかねない。注意すべき点をまとめた。

答えが合っているのにバツ!? 大人も混乱する今どき算数のルール

小学校の算数は「以前より格段に難しくなった」と噂されています。教科書もどんどん厚くなってきていて、ここ10年で1.7倍とかなりのボリュームアップ。計算のやり方なども大きく変わってきています。子どもの大変さを知るためにも、今の常識がどんなものか知…

50歳でも遅くない! “世界の成長に乗るだけ”の老後資金づくり

老後には最低限「2000万円」が必要だといわれます。「でも、もう50歳で貯金がほとんどなくて……いまさら間に合うの?」という人でも大丈夫! 「貯金ゼロ・知識ゼロ」でも、世界ではごく当たり前の2つの資産運用術を実践するだけで、リスクを最小限に抑えた老…

カルボナーラは卵黄を“のっけるだけ”の釜玉うどん式がベスト!

カルボナーラの基本は「火加減」。卵黄を急激に加熱せず、パスタの余熱でゆっくりあえながらとろみを出していく水島先生のやり方なら、ボロボロのいり卵状態になったり、逆に卵がかたまらず生っぽいままになる失敗はありません。

「あ!……地震!?」命を守る行動、正しいのはどっち?

いつどこで発生するのかわからない大地震。けがにつながりやすいのが家具類の転倒や落下で、2003年の宮城県北部地震(最大震度6強)では負傷者の半数近くを占めていました。誤った対策をしていると、激しい揺れに襲われたとき最悪の事態を迎えてしまいかねま…

子どもが自分から勉強を始めるようになる朝食時の「魔法の質問」

「もう宿題はやったの?」からスタートして、なかなかやらない子どもに業を煮やし、「いいから早くやりなさい!」と怒鳴るのがいつものパターン……というご家庭も多いのではないでしょうか。でも、朝ごはんのときに今日の予定を問いかけるという習慣を続ける…

美肌管理栄養士が「作りおきスープ」をすすめる7つの理由

シミ、たるみ、吹き出物……。肌トラブルは化粧品で何とかしようと考える人も多いかもしれません。しかし、じつは「作りおきスープ」で内側からのケアをすれば、若く美しい肌を保つことができます。そのためには毎日の食事がとても大切。「食事からのアンチエ…

偽サイトに釣り上げようとする「フィッシング詐欺」に要注意

メールにあるリンクをクリックしたら、見慣れたサイトの画面が現れた。サイトの不自然な部分には気がつかず手続きを進めたが、実は個人情報を奪うことが目的だった……。このような経験、ありませんか?

包丁の“スイートスポット”を使うと切るだけでトマトが美味しい!

よく切れなくなったからといい包丁を買ってみたり、包丁研ぎ器で入念に研いだりする人は多いかもしれません。でも、実はそれより大事なのが“包丁のどの部分を使って切るか”ということ。料理の味までよくなる切り方を、シェフ・料理科学研究家の水島弘史先生…