暮らし

「責任感の強さ」がリストラ候補の理由!? 会社で評価されにくい人の特徴

「コロナリストラ」が相次いでいると報道されていますが、どんな人が肩たたきにあいやすいのでしょうか? 不動産投資コンサルタントとして活躍している午堂登紀雄氏は、「自己肯定感」がカギを握るといいます。

孤独を楽しめる人ほど人生が豊かになる―弘兼憲史の“やめる”生き方

孤独という言葉をどうとらえるか? 「一人寂しいつまらない時間」と考える人がいる一方、「自分のやりたいことができる、実りある時間」と考える人もいます。60歳以降の時間を充実させるには、やはり孤独を前向きにとらえることが、実りある老後にするための…

人生の重さに押しつぶされそうなとき、あなたを支える3つの言葉

人生にはうまくいかないことも不測の事態もおこるもの。こんなとき、不安な気持ちのまま過ごすのか、それとも自分の人生を愛しながら過ごしていくのかは、「未来をよくする言葉」をもっているかどうかで決まります。85歳の現役美容家、小林照子さんがこころ…

免疫力アップの特効薬! ポリ袋でつくる簡単ぬか漬けレシピ

おこもり時にも最適!ということから、「ぬか漬け」がブームになっています。免疫力アップにもなるので、 ぜひ日本の伝統的な発酵食を手づくりしてみましょう! 大変そう? いえいえ、「ポリ袋」で作るこの方法なら、とても簡単で失敗知らず。 この機会に、…

「どっちがいい?」と聞くのが幼児期の子にとって負担でしかない理由

「子どもには自ら動くようになってほしい。ならば、早いうちから自分で選択するクセをつければいいんじゃないか」。このように考えて、食べるものや洋服を選ぶときに「どっちがいい?」と子どもに選ばせる親は多くいます。でも、よかれと思ってやっているこ…

「ササミ最強説」は本当? “肉は最良のタンパク質”という大誤解

高タンパク・低カロリーの「鶏ササミ」。健康にいいからと意識して摂っている人も多いかもしれません。しかし、その思い込みが健康を害している可能性も……。30年間、断食について研究をしている山田豊文氏に、その真意を聞きました。

自己肯定感が低い人ほど「いい人」でいることが苦しくなる理由

コンプライアンスやマナーについて厳しく問われる昨今、「嫌われたくない、好かれなければ……」と思いつめてしまう人がいます。そんな人は要注意! もしかしたら、その思いこそが自分を苦しめてしまっているのかもしれません。40代に入ってから、人の目を気に…

還暦後はいい人より「魅力ある人」に―弘兼憲史の“やめる”生き方

60歳をすぎたら、周囲の人に「いい人」と思われるのではなく、自分にとっての「いい人」になるべきだ――。『課長島耕作』『黄昏流星群』で数々の人間模様を描いてきた漫画家の弘兼憲史さんが、心がラクになる60歳からの生き方について教えてくれます。

「人に迷惑をかけないように」と言われ続けた子どもの末路 

「まわりの子と仲良くしてほしい」という願いは、親にとって当然のことでしょう。しかしその思いが強すぎると、子どもへの伝え方によっては逆効果になってしまうことも……。いじめを受けて学校に行けない子、発達障害など支援の必要な子がたくさん転校してき…

有害物質を体外に放出! 病気を遠ざける「断食」の解毒パワー

30年以上にわたり、食や栄養をはじめとする健康法について研究してきた山田豊文氏は、「断食」こそ人生を変えるほどの可能性を秘めているといいます。やせる、体調がよくなる以外の、断食の「リセット&デトックス効果」について教えてもらいました。

きじま流・時短アクアパッツァ! サバ缶のごちそうレシピ5選

アクアパッツァや麻婆豆腐など一見手が込んでいるように見えるごちそうも、人気料理研究家のきじまりゅうたさんの腕にかかれば、簡単なのに絶品! その秘密は「フライパン1つ」という手軽さと 「サバ缶」を活用するから。メインの料理に悩んだときは ぜひ、…

大人気カウンセラーが駆け出し時代に気づいた「心の傷」の存在

もしいま、あなたが生きづらさを感じているのなら、それは過去の「心の傷」が大きく影響しているからかもしれません。人が過去に縛られてしまうのはなぜなのか? 大人気カウンセラーが「心の傷」と「生き方」の関係に気づいたきっかけを教えてくれました。

タオルの黒いしみはカビ!? 知っておきたい日用品の買い替えサイン

タオルや歯ブラシなどの日用品から電子レンジやパソコンなどの電化製品まで、モノの寿命を見極めるのはなかなか難しい。もう少し使えるかな~と思っているうちに完全に故障したり、気づかぬうちに健康被害を被ってしまうことも。快適な生活を送るためにも、…

認知症と間違えやられやすい「老人性うつ病」に要注意!

「心の老化」でとくに気をつけたいのが「うつ病」であり、「心の老い支度」をもっと大切にしてほしいと、長年、高齢者を診てきた精神科医の和田秀樹氏は言います。一見、認知症と見間違うような高齢者のうつ病は、見落としやすく、予防と早期対策が重要です…

きじま流! ちゃちゃっとできる絶品サバ缶メシ5選

人気料理研究家のきじまりゅうたさんの腕にかかれば、ランチにも、子どものごはんにも、最高な「サバ缶料理」があっという間に完成! 時短なのに栄養満点で美味しいので、ぜひお試しを。

思いもよらず自分の本音が出てくる「中指ビンゴ」ゲーム

「頭ではわかっているつもりなんだけれど、どうも納得できない」。このような経験をしたことがある人も多いと思います。じつは,わたしたちの本心を知るには頭で考えるよりも「中指」に聞くほうが早いということがあるのだそうです。一体どういうことなのか…

ボージョレ・ヌーヴォに合わせたい! 簡単イワシ缶おつまみ

秋は新ワインの季節! 美味しそうなワインを手に入れたら、ぜひ試してみてほしいのが「イワシ缶」でつくる絶品おつまみ。缶詰を使うので調理はとっても簡単! なのにとってもワインに合う逸品ぞろいです。

「出不精」になったら要注意! 男性がボケないための生活習慣

老化現象はだれにでも起こるものですが、「できることならボケてまわりに迷惑をかけたくない……」とは誰しも思うこと。医療分野では、ボケの進行について日々解明が進んでいます。高齢者専門の精神科医として多くの患者を診てきた和田秀樹氏が、今からできる…

きじま流! 「サバ缶+お惣菜」でつくる忙しい日の救世主レシピ

忙しいときに頼りになるのが「お惣菜」。とはいえ、栄養の偏りが気になるという人も多いかもしれません。そんなときは「サバ缶」を加えるだけで旨味も栄養価もアップ! 教えてくれたのは人気料理研究家のきじまりゅうたさん。仕事でヘトヘトだけど美味しくて…

しめサバの美味しさと栄養を最大限引き出す! お手軽薬膳レシピ

サバにはさまざまな調理法があり栄養豊富ですが、「しめサバ」は酢との相乗効果でさらに栄養価が向上しており、もはや「スーパーフード」! さらに、血流効果を高める食材と組み合わせることで実現した「最強のサバ薬膳レシピ」、ぜひつくってみてください。

「脳トレ」にはあまり効果がない!? 誤解の多い認知症の実態

認知症を発症すると、記憶することや読み書き、計算などができなくなり、普通の日常生活を送ることが難しくなってしまう……。こんな風に考えてはいませんか? しかし、認知症を発症したからといって、急にこれまでの自分でなくなってしまうわけではありません…

電子マネーは「魔法のカード」!? 子どもにお金の価値を教える方法

急速にキャッシュレス化が進む昨今、子どもにはお金に対する考え方をしっかり教えておく必要があります。学校では行われないお金の教育について、キッズマネースクール代表の三浦康司さんに教えてもらいました。子どもと一緒に知っておきたい、「これからの…

「他人を気にして、言いたいことが言えない」という悩みの正体

人間関係をうまくやっていくためには多少の気づかいも大切。けれど、気を使いすぎて自分の気持ちを押し殺すようになってしまったら、本当の自分の気持ちすらわからなくなってしまうかもしれません。「本来の自分」を生きていくためにはどうしたらいいのでし…

細胞レベルで若返る! 体重減だけじゃない「断食」のすごい効果

体調管理やダイエット効果から「断食」が話題ですが、いざ実践するとなると「キツそう……」「かえって体調が悪くならない?」などと感じて、二の足を踏んでしまう人も多いでしょう。そこで、30年間「断食」にまつわる研究を行ってきた山田豊文氏に、断食の意…

「貧乏ゆすり」はストレス鎮静物質を出すための“良いクセ”だった!

「つい、貧乏ゆすりをしてしまう」「電車に揺られると、いつの間にかうたた寝をしている」―。精巧につくられている人体にも、よく見れば実は残念な現象がいろいろと起こっています。人体にまつわる身近で不思議な現象の仕組みを、テレビでも活躍する工藤孝文…

高齢者が車の運転免許証を返納すべきケース、しなくていいケース

高齢者の運転による交通事故がたびたびニュースになり、当人や周囲の人は「そろそろ自主的に運転免許を返納したほうがいいかも…」と考えているかもしれません。でも、一律にすべての人が免許を返還する必要はないのです。むしろ、運転をやめることでかえって…

定番料理を一気に格上げ! お手軽イワシ缶レシピ4選

本格的に作るとなると、ちょっと面倒なのがイワシの定番料理。ところが、「イワシ缶」と「簡単だれ」さえあれば、あっという間に“あの味”に! 今夜のおかずに困ったら、栄養も旨味もたっぷりつまったイワシ料理をお試しあれ!

レンチン3分で完成! 新米がもっと美味しくなるご飯のおとも5選

新米シーズン到来! そのまま食べても美味しいけれど、さらに美味しさの増すご飯のおかずと一緒にいただきましょう。レンチンだけで簡単につくれるので、常備しておくのもおすすめ。ついついご飯がすすんでしまうので、食べ過ぎには要注意です!

「8時間睡眠で健康」は昔の常識。日本人が知らない睡眠の習慣

睡眠は栄養や運動と並んで健康を維持するための基本ですが、ストレスフルな昨今はなかなか上手くいかないことが多いもの。正しい睡眠法を身につけて、人生の質を向上させましょう。

お金の失敗は早い方がいい! 日本の子供に足りない「お金の教養」

日本でも急速にキャッシュレス化が進んでおり、お金の形はどんどん変化しています。親としては、これからの時代を生きる子どもたちに、できるだけ正しく「お金」のことを教えたいものです。お金との向き合い方について、キッズマネースクール代表の三浦康司…

人の老化は感情から始まる―認知症にならないための対策

私たちは認知症になってまわりに迷惑をかけることを怖れますが、実はその認知症は突然発症するわけではなく、はるかに早く「心の老化」が起こっています。高齢者専門の精神科医として多くの患者を診てきた和田秀樹氏が、「認知症」と「心の老化」について解…

あっという間に一品追加! 大満足の「 レンチン」スープレシピ

寒さが身にしみる季節になると、恋しくなるのが温かいスープ。出汁をとって、具材を煮込んで……なんてしなくても、この「レンチンスープ」ならあっという間! クタクタに疲れて帰ってきた夜、あわただしい朝、スープでほっこり栄養をチャージしましょう。

無理な糖質制限はかえって太る! 実は逆効果な食習慣3つ

食生活は日々の健康に直結するもの。そのため、糖質制限が健康にいいと言われれば試してみた人がいるかもしれません。でも、そうやって信じて励んでいたことが大きな誤りやカン違い、定説が覆された危険な食習慣だとしたら….。実は逆効果な食生活を3つご紹…

「子育て失敗したかも…」を立て直してくれるメンターという存在

もう中学生になったのに学習習慣は身につかず、生活もだらしない……。子育てに後悔を感じてしまっている人がいるかもしれませんが、実はまだまだ立て直すことは可能です。それには親の覚悟と、家族の外部にいる「メンター」を活用することが必要になります。…

家事の運動強度は歩行より上! 9割が間違えている「運動」の常識

健康のために体を動かそうとするのに、「ひざが痛いからスクワットはNG」「骨密度が低いから運動は控える」など、間違った常識を信じている人が多くいます。目からウロコの"運動新常識”で、いつまでも健康でいられる体を手に入れましょう!

おいしいものを食べたほうがやせる!? 食欲の秋を満喫する裏ワザ 

芋、栗、ぶどうなど豊富な旬の食材に加えて、ちょっとこっくりした味わいのものがおいしい季節ですが、食べ過ぎて体重が気になるという人も多いのでは? だからといって、苦手でもヘルシーなものを食べる必要はありません。そのような間違った思い込みに翻弄…

もう一品に! お弁当のおかずに! レンチンでできる常備菜レシピ

ご飯、お弁当、おつまみ…。「もう一品ほしい!」というとき、あると便利なのが常備菜です。でも、便利だとはわかっていても、作るのは面倒……という人におススメなのがレンチンでできる常備菜。他の料理をしながら、あっというまにできあがります!

少量の消毒液では効果なし!? 9割が間違えている感染症予防の常識

新型コロナウイルスに加えて、インフルエンザの感染にも注意が必要となる時期が近づいてきています。まずはかからないための予防が第一ですが、正しい方法を行っていないと感染リスクが上がるだけです。あなたの感染症予防法は正しいか、いま一度確認してみ…

お母さんにとって男の子はモンスター!? やってはいけない10の育て方

「やんちゃなのに繊細」「あきっぽいのに変なことにのめり込む……」。異性であるお母さんにとって、男の子は理解を超えた存在です。でも「やってはいけないタブー」を理解してあげさえすれば、あとはいつの間にか大きく育ってくれるのも男の子なのです。大学…

「自分を責めてしまう人」は脳に“ほめ言葉”を聞かせ続ける!

最近、いつほめましたか? また、いつほめられましたか? 思い当たらない人は、もしかしたら自分を責めやすいタイプかもしれません。でも不安に思わないで! 「脳の思考回路は変えられる」と、自己尊重プラクティス協会理事の手塚千砂子さんが教えてくれまし…

しつけはいつから始める? 子育てで大切な2回の「ギアチェンジ期」

「‟三つ子の魂百まで”というし、早くからのしつけが大事なのではないか?」。そう思って、毎日子どもを怒ってばかり…という親御さんも多いかもしれません。でも、超人気教育カウンセラーの諸富祥彦先生は、じつは早期のしつけよりも「ギアチェンジ」のほうが…

肉料理も電子レンジで! 保存容器でチンするだけのごちそうレシピ

みんな大好きなガッツリお肉のごちそうも、レンチンだけで簡単にできるって知っていましたか? 時間がないとき、疲れて料理したくない時でも、このレシピ通りに作れば食卓が一気に華やぐこと間違いなし!

不本意な仕事で悶々とする人、逆に一生懸命になる人の思考の違い

仕事は思い通りにいかないことの連続。しかし、必ず仕事ぶりを見ている人はいるし、大きなチャンスはやってくる―。30年以上の会社勤め経験のある85歳の現役美容家、小林照子さんはこのように言います。どんな境遇であっても「いい人生」をつくる、シンプルな…

子どもが突然の不登校! 親にできること、絶対してはいけないこと

突然、学校に行かなくなってしまった我が子。こんな時、親は心配のあまりあれこれ理由を問いただしたり、無理に学校へ行かせようとしてしまうかもしれません。10年以上、不登校支援をしてきた菜花俊さんによると、それではますます子どもは心を閉ざしてしま…

「自分のものは何もない」―心がスッと軽くなるマヤ人の考え方

うまくいかない人間関係、先が見えない不安な日々、なんだか「心」押しつぶされてしまいそう……。そんなときは、今から約4000年前、現在のメキシコやグアテマラあたり、ユカタン半島のジャングルに住んでいた「マヤ民族の叡智」にヒントを求めてみましょ…

あなたは神様に味方されるか? チャンスを掴むのがうまい人の秘密

「私は、神頼みなんかしない」と思っている人もいるかもしれません。でも、大成功した方の多くは、大事な時には必ず神様を頼っています。いざという時に、神様が力を貸してくれる人になれるか否か。その差を分けるものは何なのでしょうか? 神道研究家の藤原…

「学校に行きたくない」と言い出した時、親ができるたった1つのこと

コロナ休校により、変則的な学校生活を送ることになってしまった子どもたち。そうした日常から受けたストレスは「不登校」という形で表れているかもしれません。もし、子どもが「学校へ行きたくない」と言い出した時、親はどう対処すればいいのでしょうか? …

ノートとペンだけでOK! 自己肯定感を上げるもっとも簡単な方法

あなたは自分の存在価値や能力などをありのままに認めることができますか? 日本人は自分を尊ぶ「自己肯定感」が低い傾向にあるといわれています。でも、ノートとペンさえあれば大丈夫! 誰もが自己肯定感を上げることができ、仕事や人間関係もうまく回り出…

今年は風雅に月を愛でる―5分でできる「お月見おやつ」

今年の十五夜は10月1日。せっかくなら秋を味わう「お月見おやつ」を用意してみては? どれも材料を混ぜてレンジでチンするだけ。簡単で優しい味わいだから、子どもと一緒につくるのもいいかもしれませんね。

残暑を乗り切る!まぜるだけのお手軽「サバ薬膳」レシピ

いまや亜熱帯と化した日本の夏。暑さにより1年で最も体力を消耗する季節が過ぎ、元気の源である「気」、体の中の「水」、そして「血」が不足しているかもしれません。こんな時はまぜるだけのお手軽「サバ薬膳」で体の中から元気を取り戻しましょう!