暮らし

高校受験の模試でC判定…親子関係を壊さない志望校選びのコツ

頑張って高校受験の勉強をしてきたけど、受けた模試での第一志望校は「C判定」。受験をあきらめさせるべき? それとも頑張らせるべき? 親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍し、年間3,000組の親子をサポートしている思春期の子育てアドバイ…

中高年ひきこもり―スキルを過信して会社を辞めてしまった人の末路

ひきこもりといえば、若い人たちがなるもの。そんなイメージとは異なり、実は中高年のひきこもりが多いという事実が明らかになっています。2018年の内閣府の実態調査によると、40~64歳のひきこもりは推計約61万人。「中高年のひきこもり」は、突然の会社か…

将来のリーダーは必修! 子どもに伝えたいプログラミングの本質

「これからの時代、日本でもプログラミングに関する教育が大切」とよく言われますが、子どもにパソコンを与えても自然に理解してくれるわけではありません。どうやってその本質を教えればいいのでしょうか? インドのスーパーインテリであるジョシさんとの会…

第一志望は不合格…それでも中学受験を人生の糧にできる家庭の心得

いよいよ中学受験本番。でも、実は希望通り第一志望に合格できる子は全体のわずか約3分の1。多くの子がそれ以外の学校に通うことになります。そんなとき、親の考え方や声がけ一つで、中学受験やその後の人生そのものを有意義にできるのです。これまで受験…

「あれ誰だっけ…?」“心配ない物忘れ”と“危険な物忘れ”の大きな違い

街で知人にばったり出会い、顔は覚えているが、名前が出てこなくて冷や汗をかく。昨日見たドラマのタイトルが思い出せなくてイライラする。話をするなかで、「あれ」「それ」という言葉が以前よりも増えてきた…。いよいよボケてきたかも…と不安になるかもし…

親の介護、突然の解雇…「中高年ひきこもり」は他人事じゃない

ひきこもりといえば、若い人たちがなるもの。そんなイメージとは異なり、実は中高年のひきこもりが多いという事実が明らかになっています。2018年の内閣府の実態調査によると、40~64歳のひきこもりは推計約61万人。「中高年のひきこもり」は、突然の会社か…

介護はお金の問題!? “モメる家族”と“モメない家族”の大きな違い

寿命が延びて“人生100年時代”といわれる昨今、親の介護や認知症に直面する人が増えています。さらに、2019年に相続法が改正されたことで、相続に関する状況も変化してきています。これまで1万件以上の相続の「現場」を見てきた税理士法人レガシィさんに、親…

中学生の勉強に親のサポートは必要?過干渉? 高校受験成功の心得

ウチの子ももう中学生。勉強する気持ちはあるみたいだけど、机の前に座っているだけで勉強が進んでない。高校受験は大丈夫かしら……。そんなお子さんに対して、親はつい口出しをしたくなりますが、どこまで親がサポートすべきか、迷ってしまう人も多いでしょ…

野菜はもちろん肉料理もワンランクUP! 万能調味料「塩麹」を自作

今年は家での時間がとれそう。だとしたら、少しの手間をかけて“いつもは買っているけど自分でもつくれる一品”にチャレンジしてみましょう。今回はポリ袋だけで作る塩麹。あまった野菜や切れ端にからめるだけで、簡単に即席漬けができるのでオススメ!

“ゆでる”と“ゆがく”は大違い! 9割が知らないレシピの正しい読み方

いくら料理に自信がある人でも、“自己流”でやっている限りあまり上手くはなりません。先人たちの智恵であるレシピを使いこなしてこそ、ワンランク上の味が出せるようになるものです。ただし、レシピで使われている言葉にはまぎらわしいもの、よく注意しない…

相続人でなくても現金請求が可能!“介護損”がなくなる新制度

寿命が延びて“人生100年時代”といわれる昨今、親の介護や認知症に直面する人が増えています。さらに、2019年に相続法が改正されたことで、相続に関する状況も変化してきています。これまで1万件以上の相続の「現場」を見てきた税理士法人レガシィさんに、親…

意外と簡単なのに美味しい! こんなときこそ作りたい自家製みそ

今年は家での時間がとれそう。だとしたら、少しの手間をかけて“いつもは買っているけど自分でもつくれる一品”にチャレンジしてみましょう。今回はポリ袋で作る「みそ」。自作するのにはハードルが高いように思うかもしれませんが、手順をしっかり守れば意外…

今年こそ続けられる!「早起き」を習慣化した人のちょっとした工夫

「良いとわかっていても続かないこと」の代表格とも言える“早起き”。いったいどうすれば、毎朝早く起きられるようになるのでしょうか。朝型生活を実践することで、「毎日残業のダメ営業マン」から「毎日定時で帰れるトップ営業マン」に変身したという菊原智…

まず玄関を片づけると、いつの間にか家全体がキレイになる理由

「家の片づけができない……」という方は多いですが、“とりあえず玄関だけ”をスッキリさせてみませんか? 玄関はどの家庭でも比較的狭く、置くモノも決まっているため、片づけが苦手な人でも取り組みやすい場所。そして「家の顔」である玄関がキレイになると、…

「ウチの親、認知症かも…」預金凍結される前にすべき相続手続き

寿命が延びて“人生100年時代”といわれる昨今、親の介護や認知症に直面する人が増えています。さらに、2019年に相続法が改正されたことで、相続に関する状況も変化してきています。これまで1万件以上の相続の「現場」を見てきた税理士法人レガシィさんに、親…

ポリ袋でつくるから簡単、なのに絶品! 冬の定番「白菜漬け」

今年は家での時間がとれそう。だとしたら、少しの手間をかけて“いつもは買っているけど自分でもつくれる一品”にチャレンジしてみましょう。今回はポリ袋だけで作る白菜漬け。手軽さと発酵による美味しさで、思わず食べすぎてしまうかもしれないので要注意!

今夜はビール? やみつき確定の「発酵おつまみ」【ザワークラフト】

今年は宴会も少ないし、家でゆっくり晩酌を楽しみたい――。そんなときにおすすめなのが、「発酵おつまみ」。ポリ袋だけで作る手軽さと発酵による美味しさで、思わずお酒が進みすぎてしまうかもしれないので要注意!

言っている本人は無意識! 不快な「マウンティング」をかわすコツ

なんてことはない世間話なのに自慢話をかぶせたり、こちらの話を否定したり。人を疲れさせ、不快にさせる「マウンティング」という行為ですが、脳神経外科医の菅原道仁先生によると「それは本能であり、誰もが気づかないうちにマウントしている可能性がある…

カロリー厳守?糖質制限? ダイエットにまつわる5つの誤解

「レコーディングダイエット」「夕食抜きダイエット」「○○ダイエット」……。ダイエットにはさまざまな説があるため、いったい何が本当なのか、わからなくなっている人も多いのではないでしょうか。さまざまな方法や知識の中から、誤解されがちなものを集めま…

子どもが塾に行きたがらない…中学受験をやめるべき3つのケース

それまで楽しそうに塾に通っていたのに、あるときから急に塾に行くのをイヤがるようになってしまった……。たしかに今の時代の中学受験は大変そうだし、毎日勉強ばかりでつらいのもわかる。でも、今ここでやめるわけには……。このように悩んでしまう人は多くい…

腹筋運動を毎日しても決して「シックスパック」にはならない!

憧れの「シックスパック」を目指して、毎日腹筋運動に励んでいるという人がいるかもしれません。でも、単に腹筋を鍛えるだけでは、決してその目標には到達しないこと、ご存じですか?

80歳になっても資産が減らない!? 「取り崩し運用」のすごい効果

以前話題になった「老後2000万円問題」を例に出すまでもなく、老後資金の不安を抱えている人は数多くいます。そこで必要になるのが「投資」ですが、いざ実行しようとしても、投資に対する誤ったイメージや疑問が壁になっているようです。そこで、一般投資家…

暴落も問題ナシ! 投資初心者が老後資金をつくるたった1つの方法

以前話題になった「老後2000万円問題」を例に出すまでもなく、老後資金の不安を抱えている人は数多くいます。そこで必要になるのが「投資」ですが、いざ実行しようとしても、投資に対する誤ったイメージや疑問が壁になっているようです。そこで、一般投資家…

どんな教材より学力が上がる!「安心」を与えてあげる事の重要性

いじめを受けて学校にいけない子、発達障害など支援の必要な子がたくさん転校してきたにもかかわらず、不登校ゼロ、全国学力調査で全国一の県を上回ったこともあるという「大空小学校」。初代校長の木村泰子先生は、「学力は勝手に上がっていく」と言います…

今夜はワイン? やみつき確定の「発酵おつまみ」【ピクルス】

今年は宴会も少ないし、家でゆっくり晩酌を楽しみたい――。そんなときにおすすめなのが、「発酵おつまみ」。ポリ袋だけで作る手軽さと発酵による美味しさで、思わずお酒が進んでしまうかもしれないので要注意!

女の子の才能を伸ばす!「脳の見る力」をつける4つの習慣

女の子の才能を開花させ、伸ばしていくには「脳の見る力」が大切―。発達脳科学の専門家・加藤俊徳先生はそう言います。といっても、特別な訓練が必要なのではなく、日常生活でも十分、脳に刺激を与えることができるといいます。ぜひ、親子で取り組んでみてく…

勉強より大切! 子どもを幸せにするには「お金の価値観」を育てなさい

5女1男をもつ大人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんの家庭では、月に一度「家族マネー会議」を開き、家計について貯蓄額まですべてオープンにしているそうです。それによって子どもには「お金の価値観」が育ち、他にも思わぬ効果が生まれていた…

いよいよ中学受験! 直前期に勉強を増やすのは逆効果でしかない

直前期には一日のほとんどの時間を勉強に費やさなければならいないほど過酷な中学受験。「算数のあの解き方を復習しなきゃ」「理科や社会の暗記物はこれからが本番」「過去問もこなしておきたい」と、しなければならないことが山のように出てくるものです。…

「老後のお金」はこう考えると楽になる―弘兼憲史の“やめる”生き方

“老後”がどんどん長くなってきている昨今、誰にとってもお金の問題は切実なものですが、あまり深刻に考えるとそれが「心の重荷」になってしまいかねません。年齢とともに“やめる”生き方を提唱している弘兼憲史さんに、心が穏やかになるお金に対する考え方を…

「人見知り・口ベタ・ネクラ」の三重苦でも“生きづらさゼロ”の秘訣

「明るくて会話上手の人は、人生楽しいんだろうな……」。もしあなたがそう思っているなら、考えを少し改めましょう。なにしろ不動産投資コンサルタントとして活躍している午堂登紀雄氏は、「人見知り、口下手、ネクラ」の三重苦を受け入れて活躍し、自由に楽…

今夜は日本酒? やみつき確定の「発酵おつまみ」【いかの塩辛】

今年は宴会も少ないし、家でゆっくり晩酌を楽しみたい――。そんなときにおすすめなのが、「発酵おつまみ」。今回は「いかの塩辛」です。ポリ袋だけで作る手軽さと発酵による美味しさで、思わずお酒が進んでしまうかもしれないので要注意!

“友達親子”は要注意! 子どもの精神を安定させる「親子の距離感」

「友達のような仲良し親子」「子どもの欲求に応えられる親」。どちらも一見、子どもの発育に良さそうな気がします。でも、幼児教育者の虹乃美稀子さんによると、それだけでは子どもの精神的は安定しないのだそうです。大人が子供を守り、導く存在であり続け…

「脳の見る力」をつけると女の子の才能はグンと伸びる!  

女の子を育てるうえで出てくる特有の困りごとには、「脳の見る力」が関係している――。この「脳の見る力」とは、目で見る事とどう違うのか? また、脳のネットワークを強化する方法について、発達脳科学の専門家・加藤俊徳先生に教えてもらいました。

女の子の“育てにくさ”は「海馬」の発達の違いが原因だった!?

口が達者で手に負えない、友達トラブルが多いなど、女の子の子育てならではの悩み、ありませんか? じつは、脳の成長には男女差があり、それが女の子特有の育てにくさにつながっていると発達脳科学の専門家・加藤俊徳先生はいいます。女の子の脳の成長につい…

“正解のない時代”の子育てに大切な「見えない学力」の伸ばし方

いじめを受けて学校にいけない子、発達障害など支援の必要な子がたくさん転校してきたにもかかわらず、不登校ゼロ。全国学力調査で全国一の県を上回ったこともあり、「奇跡の公立小学校」と注目を集めた大空小学校初代校長の木村泰子先生が、想定外の時代を…

何を漬ける? ポリ袋でつくる自家製キムチが簡単かつ自由自在な件

乳酸菌たっぷり!体もぽかぽか温まる白菜キムチを家で作ってみませんか? 韓国唐辛子もアミの塩漬けも必要ありません。近所のスーパーで手に入る食材だけで本格キムチが楽しめる、とっておきのレシピをご紹介します。

「静かになるから」とスマホで動画を見せられ続ける子どもの末路

アラームやブザーなどの電子音、大型テレビの映像、そして動画などが映し出されたスマホの画面……。こうした現代生活にあふれる刺激は、幼児や赤ちゃんに逃れられない「攻撃」を知らず知らずのうちに与えてしまっているのかもしれません。特に、今や私たちの…

「責任感の強さ」がリストラ候補の理由!? 会社で評価されにくい人の特徴

「コロナリストラ」が相次いでいると報道されていますが、どんな人が肩たたきにあいやすいのでしょうか? 不動産投資コンサルタントとして活躍している午堂登紀雄氏は、「自己肯定感」がカギを握るといいます。

孤独を楽しめる人ほど人生が豊かになる―弘兼憲史の“やめる”生き方

孤独という言葉をどうとらえるか? 「一人寂しいつまらない時間」と考える人がいる一方、「自分のやりたいことができる、実りある時間」と考える人もいます。60歳以降の時間を充実させるには、やはり孤独を前向きにとらえることが、実りある老後にするための…

人生の重さに押しつぶされそうなとき、あなたを支える3つの言葉

人生にはうまくいかないことも不測の事態もおこるもの。こんなとき、不安な気持ちのまま過ごすのか、それとも自分の人生を愛しながら過ごしていくのかは、「未来をよくする言葉」をもっているかどうかで決まります。85歳の現役美容家、小林照子さんがこころ…

免疫力アップの特効薬! ポリ袋でつくる簡単ぬか漬けレシピ

おこもり時にも最適!ということから、「ぬか漬け」がブームになっています。免疫力アップにもなるので、 ぜひ日本の伝統的な発酵食を手づくりしてみましょう! 大変そう? いえいえ、「ポリ袋」で作るこの方法なら、とても簡単で失敗知らず。 この機会に、…

「どっちがいい?」と聞くのが幼児期の子にとって負担でしかない理由

「子どもには自ら動くようになってほしい。ならば、早いうちから自分で選択するクセをつければいいんじゃないか」。このように考えて、食べるものや洋服を選ぶときに「どっちがいい?」と子どもに選ばせる親は多くいます。でも、よかれと思ってやっているこ…

「ササミ最強説」は本当? “肉は最良のタンパク質”という大誤解

高タンパク・低カロリーの「鶏ササミ」。健康にいいからと意識して摂っている人も多いかもしれません。しかし、その思い込みが健康を害している可能性も……。30年間、断食について研究をしている山田豊文氏に、その真意を聞きました。

自己肯定感が低い人ほど「いい人」でいることが苦しくなる理由

コンプライアンスやマナーについて厳しく問われる昨今、「嫌われたくない、好かれなければ……」と思いつめてしまう人がいます。そんな人は要注意! もしかしたら、その思いこそが自分を苦しめてしまっているのかもしれません。40代に入ってから、人の目を気に…

還暦後はいい人より「魅力ある人」に―弘兼憲史の“やめる”生き方

60歳をすぎたら、周囲の人に「いい人」と思われるのではなく、自分にとっての「いい人」になるべきだ――。『課長島耕作』『黄昏流星群』で数々の人間模様を描いてきた漫画家の弘兼憲史さんが、心がラクになる60歳からの生き方について教えてくれます。

「人に迷惑をかけないように」と言われ続けた子どもの末路 

「まわりの子と仲良くしてほしい」という願いは、親にとって当然のことでしょう。しかしその思いが強すぎると、子どもへの伝え方によっては逆効果になってしまうことも……。いじめを受けて学校に行けない子、発達障害など支援の必要な子がたくさん転校してき…

有害物質を体外に放出! 病気を遠ざける「断食」の解毒パワー

30年以上にわたり、食や栄養をはじめとする健康法について研究してきた山田豊文氏は、「断食」こそ人生を変えるほどの可能性を秘めているといいます。やせる、体調がよくなる以外の、断食の「リセット&デトックス効果」について教えてもらいました。

きじま流・時短アクアパッツァ! サバ缶のごちそうレシピ5選

アクアパッツァや麻婆豆腐など一見手が込んでいるように見えるごちそうも、人気料理研究家のきじまりゅうたさんの腕にかかれば、簡単なのに絶品! その秘密は「フライパン1つ」という手軽さと 「サバ缶」を活用するから。メインの料理に悩んだときは ぜひ、…

大人気カウンセラーが駆け出し時代に気づいた「心の傷」の存在

もしいま、あなたが生きづらさを感じているのなら、それは過去の「心の傷」が大きく影響しているからかもしれません。人が過去に縛られてしまうのはなぜなのか? 大人気カウンセラーが「心の傷」と「生き方」の関係に気づいたきっかけを教えてくれました。

タオルの黒いしみはカビ!? 知っておきたい日用品の買い替えサイン

タオルや歯ブラシなどの日用品から電子レンジやパソコンなどの電化製品まで、モノの寿命を見極めるのはなかなか難しい。もう少し使えるかな~と思っているうちに完全に故障したり、気づかぬうちに健康被害を被ってしまうことも。快適な生活を送るためにも、…