松村剛志

1971年東京都生まれ。クローバ経営研究所代表取締役。一般社団法人マンダラチャート協会代表理事。経営コンサルタントである松村寧雄が開発した「マンダラチャート」「マンダラ手帳」の普及と啓蒙のために、手帳活用、人生計画、認定講師セミナーを主催。ビジネスにマンダラチャートを取り入れた経営コンサルタントとしても活躍している。

大谷選手もやっていた!「できる力」を引き出す”マンダラチャート”

成し遂げたい目標や夢があり、頑張っているのになかなかうまくいかない…そんなときにおすすめなのが「マンダラチャート」。歴史的活躍と話題のメジャーリーガー・大谷翔平選手も使っていたようです。クローバ経営研究所の松村剛志さんにお話を伺いました。