森由香子

管理栄養士。日本抗加齢医学会指導士。東京農業大学農学部栄養学科卒業。2005年より、東京・千代田区のクリニックにて、入院・外来患者の血液検査値の改善にともなう栄養指導、食事記録の栄養分析、ダイエット指導などに従事している。また、フランス料理の三國清三シェフとともに、病院食や院内レストラン「ミクニマンスール」のメニュー開発、料理本の制作などを行う。抗加齢指導士の立場からは、〈食事からのアンチエイジング〉を提唱している。(ウェッジ)などがある。

紫外線に負けない! 抗酸化野菜とラム肉の“美白スープ”

日焼け止めだけでは防ぎきれない紫外線は美味しいスープで防ぎましょう。シミの素になる活性酸素を抑制する栄養素を持つ夏野菜とラム肉をエスニック風味のスープに仕立てて、暑い夏でも食欲増進。夏の”美白”ケアに差がつくこと間違いなし!

美肌管理栄養士が「作りおきスープ」をすすめる7つの理由

シミ、たるみ、吹き出物……。肌トラブルは化粧品で何とかしようと考える人も多いかもしれません。しかし、じつは「作りおきスープ」で内側からのケアをすれば、若く美しい肌を保つことができます。そのためには毎日の食事がとても大切。「食事からのアンチエ…

夕食を二度食べると太りづらくなる!? 毎日の食習慣のひと工夫

ついつい食べすぎてしまうことは誰でもあるもの。でも、食べ方を少し工夫するだけで太りづらくなること、ご存じでしたか? これまで3000人以上の患者の食事指導をしてきた管理栄養士の森由香子さんに、上手な食べ方のコツを教えてもらいましょう。