橋本五郎

1946年秋田県生まれ。70年慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、読売新聞社に入社。論説委員、政治部長、編集局次長を歴任。2006年より特別編集委員。読売新聞紙上で「五郎ワールド」を連載し、書評委員も担当。日本テレビ「スッキリ」、読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」、「情報ライブ ミヤネ屋」にレギュラー出演。2014年度日本記者クラブ賞受賞。

記者会見はほんの一部 政権を支える大黒柱「官房長官」の役割とは

安倍首相の辞任、菅官房長官の総裁選出馬――。ゆくえを見守っている人の中には、そもそも「官房長官って何をするの?」という人が多いかもしれない。40年以上に及ぶ橋本五郎氏の政治記者生活から見えてきた、知られざる役割と権力の源泉を語る。

総裁選のキーマン「二階幹事長」の動向が注視される5つの理由

党をあずかる最高責任者、幹事長。政治記者を40年以上続けてきた橋本五郎氏によると、自民党幹事長の二階俊博は歴代幹事長の中でも影響の強い特筆すべき政治家であるという。総裁選を前に、二階幹事長の動向がこれほどまでに注視されているのはなぜなのか、…

首相候補へ急浮上! 政治記者が見た「菅官房長官」5つの強み

自民党総裁選でポスト安倍の大本命とも言われている菅官房長官。内閣官房長官は総理大臣の一番の側近で、いわば右腕的な存在。見えないところで汗をかき、頭を使い、時に清濁併せのみながら政治力を発揮してきた。歴代最長の長期政権を支え続けた仕事師の才…