水島弘史

水島弘史
フランス料理シェフ、料理研究家。1967年、福岡県に生まれる。大阪あべの辻調理師専門学校および同校フランス校卒業後、フランスの三つ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」で研修。帰国後、渋谷区恵比寿のフレンチレストラン「ラブレー」に勤務、1994年より3年間シェフを務める。2000年7月に恵比寿にフレンチレストラン「サントゥール」を開店。後に「エムズキッチンサントゥール」と改め、2009年4月まで営業。現在は、麻布十番にて水島弘史の調理・料理研究所を主宰し、すべての料理に通じるプロのルールを伝えている。

家庭で中華鍋を振るう人が知らない「弱火料理」のすごいメリット

家で野菜いためをつくると、ビチャッと水っぽくなってしまう……。シェフ・料理科学研究家の水島弘史先生は、その原因は「強すぎる火加減」にあると断言します。どんな方法でつくると野菜いためは美味しくなるのか、秘訣を教えてもらいました!

「味が決まらない……」という料理の9割は“塩”が足りない!

ほとんどの料理の味は塩で決まります。でも、「塩――適量」としか書いていないレシピも多いので、本当に「テキトーな量」の塩で味つけをしていると、ボンヤリした味の料理になりかねません。「適切な塩の分量」を見つける方法を、シェフで料理科学研究家の水…

カルボナーラは卵黄を“のっけるだけ”の釜玉うどん式がベスト!

カルボナーラの基本は「火加減」。卵黄を急激に加熱せず、パスタの余熱でゆっくりあえながらとろみを出していく水島先生のやり方なら、ボロボロのいり卵状態になったり、逆に卵がかたまらず生っぽいままになる失敗はありません。

包丁の“スイートスポット”を使うと切るだけでトマトが美味しい!

よく切れなくなったからといい包丁を買ってみたり、包丁研ぎ器で入念に研いだりする人は多いかもしれません。でも、実はそれより大事なのが“包丁のどの部分を使って切るか”ということ。料理の味までよくなる切り方を、シェフ・料理科学研究家の水島弘史先生…