溝口徹

1964年神奈川県生まれ。福島県立医科大学卒業。横浜市立大学病院、国立循環器病センターを経て、1996年、痛みや内科系疾患を扱う辻堂クリニックを開設。2003年には日本初の栄養療法専門クリニックである新宿溝口クリニックを開設。オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)療法に基づくアプローチで、精神疾患のほか多くの疾患の治療にあたるとともに、患者や医師向けの講演会もおこなっている。

「飲みすぎて眠い、ダルい…」翌朝の不調は“夜間低血糖”のせい!?

毎日忙しく働いている現代人にとって、お酒は1日の疲れを癒やしてくれる便利なものです。この1杯があるからこそ、明日も元気に頑張れる。酒好きにとって、お酒は大切な“ガソリン”だとも言えます。ただしデメリットもあるので、お酒とのつきあいには注意が…

ウィズコロナの時代に知っておきたい! 免疫力を高める栄養と食事

健康であるための条件として、しばしば取り沙汰される「免疫力」。新型コロナウイルス対策でも、私たち一人ひとりの免疫力を高めることが重要だといわれています。そのために欠かせないのが食事、つまり栄養をしっかりと摂ることです。近年注目が高まってい…

「栄養療法」を取り入れている人は、なぜウイルスに強いのか?

「私たちの体を守る免疫の力は、『防御』と『攻撃』の2段階から成り立っています。いずれも大事ですが、ウィズコロナの時代に特に必要なのは、『防御』の力です」。そう語るのは、日本初の栄養療法専門クリニックを開設した医師の溝口徹先生。私たちの体に…