牛田享宏

愛知医科大学医学部教授、同大学学際的痛みセンター長および運動療育センター長を兼任。医学博士。1991年、高知医科大学(現高知大学医学部)を卒業後、神経障害性疼痛モデルを学ぶため1995年に渡米。テキサス大学医学部 客員研究員、ノースウエスタン大学 客員研究員、同年高知大学整形外科講師を経て、2007年、愛知医科大学教授に就任。慢性の痛みに対する集学的な治療・研究に取り組み、厚生労働省の研究班が2018年に作成した『慢性疼痛治療ガイドライン』では研究代表者を務めた。

諦めないで! 肩こり、腰痛、ひざ痛…「慢性的な痛み」を和らげるコツ

長く続く肩こりや腰痛、ひざの痛み、首の痛みなどを「治らない」と諦めていませんか。日本の「痛み治療」をリードする医師の牛田享宏先生によると、慢性的な痛みをとるカギは「脳」にあるのだとか。どういうことなのでしょうか。