生きがい

ナースは見た! 激しい痛みの中でも礼節を失わなかった元戦争兵の矜恃

「最期のわずかな時間にこそ、その人の人生のエッセンスが詰まっている」。そう語るのは、訪問看護師、在宅ホスピスナースとして長年、人々の死と向き合ってこられたラプレツィオーサ伸子さん。世の中の人の数だけ、素晴らしい人生のドラマがあるとおっしゃ…

50代以降も「求められる人」とそうでない人は、何が違うのか?

人生が長くなり、「いつまで働けるか」が気になる人は多いでしょう。何歳になっても“求められる人”でいつづけられれば、不安に苛まれることはなくなります。その分岐点となりそうな50代に向けて、中谷彰宏さんに極意を伺いました。

「死ぬときに後悔しない」ためには、自分の武器を見つけるのが第一歩

「自分の人生、このままで終わるのだろうか」。ある程度の年齢になると、一度はそんな風に考えるのではないでしょうか。死ぬ間際に後悔することで最も多いのが、「もっと自分らしい人生を生きればよかった」ということだそうです。予約3年待ちの起業コンサ…