町田宗鳳

広島大学名誉教授・比較宗教学者。御殿場高原「ありがとう寺」住職。1950年京都府生まれ。14歳で出家し、臨済宗大徳寺で20年間修行。その後ハーバード大学で神学修士号、ペンシルバニア大学で哲学博士号を取得。プリンストン大学助教授、国立シンガポール大学准教授、東京外国語大学教授などを経て現職。『人類は「宗教」に勝てるか』(NHKブックス)、『「ありがとう禅」が世界を変える』(春秋社)、『異界探訪』(山と渓谷社)など著書多数。国内各地およびアメリカ、フランス、台湾などで「ありがとう禅」を、静岡県御殿場市で「ありがとう断食セミナー」を開催している。

「ありがとう」で老化防止!? 坐禅と同じ効果が得られる“声の力”

スマホやパソコンといったデジタル機器を一人ずつ持つことが当たり前となり、日々数え切れないほどの情報を得ている私たち。そんな時代のなか比較宗教学者の町田宗鳳先生は、「情報化社会に生きる現代人は、『燃え尽き症候群』にかかっている」と危惧してい…

“ネガティブな想い”は感染する! 自分の潜在意識を掃除する方法

コロナ禍で在宅時間が増えたことに伴い、自分自身の「心」と向き合う時間が増えたという人も多いのでは。比較宗教学者にして僧侶の町田宗鳳先生によれば、誰しも心の奥底には否定的な想い(情念)を抱えています。自分では気づいていなくても、そうした想い…