発達障害

「女子の発達障害」はなぜ親も医者も見逃してしまうのか?

男子に比べると本人も周囲も気づきにくい女子の発達障害。そのため対応が後手に回りやすく、大人になってから生きづらさが増していきます。周囲にいる人は発達障害の女子、女性にどのような対応をすべきなのか。医学博士の岩波明先生に教えてもらいましょう。

子どもの「発達障害」を疑う前に“いつもの食事”を見直すべき理由

発達障害の認知度が上がるなか、少しでも落ち着きがないとすぐに「多動では?」と疑うケースが増えているようです。そうした傾向について、スクエアクリニック院長の本間良子氏は、「すぐに病気と決めつけるのではなく、困っている症状をなくしていくべき」…

多くの人が「発達障害といえばアスペルガー」と誤解している理由

「大人の発達障害」は最近よく話題になりますが、この病気に関する偏ったイメージや誤解がまかり通っているというのが現状です。病気の疑いがある方、ご家族、あるいは職場で当事者と関わりのある方などに向けて、医学博士の岩波明先生が発達障害の正しい知…

「ひと言多い人」は発達障害!? 世間にあふれる誤解と偏見

「大人の発達障害」について話題になる事がよくありますが、この病気に関する偏ったイメージや誤解がまかり通っているというのが現状です。病気の疑いがある方、ご家族、あるいは職場で当事者と関わりのある方などに向けて、医学博士の岩波明先生が発達障害…

「何で普通にできないの?」は“発達女子”には暴力です!

まったく悪気がないのに、周囲の人を混乱と困惑、怒りの渦に巻き込んでしまう発達障害の人たち。実際にはどんなことを考え、どんなことに悩んでいるのか? 『透明なゆりかご』の作者でトリプル発達障害の漫画家沖田×華さんと、精神医学の第一人者である岩波…

「ウチの子もしかして発達障害?」親が絶対にしてはいけないこと

日本では500万人以上の人がADHD(注意欠如多動性障害)だといわれています。もしわが子が発達障害だと感じられるとき、また実際に発達障害であるとわかったとき、親はどのように向き合うべきなのでしょうか? 医学博士の岩波明先生に教えてもらいます…