秋元里奈

1991年神奈川県相模原市出身。住宅街にポツンとある野菜農家で生まれ育つ。慶應義塾大学理工学部卒業後、2013年に株式会社ディー・エヌ・エーに入社。webサービスのディレクター、営業チームリーダーなどを経験する。実家の農地の荒れ果てた姿を目にし、起業を決意。2016年に農業支援ベンチャー「ビビッドガーデン」を創業する。翌年、農家や漁師がオンラインで直売できる「食べチョク」をスタート。各方面で話題となる。2020年、同様のサービスの中で食べチョクの利用率がNo.1に。『Forbes』の「アジアを代表する30歳未満の人」に選出。TBSの報道番組『Nスタ』にレギュラー出演中。著書に『365日#Tシャツ起業家』(KADOKAWA)がある。

「食べチョク」創業者が公開! クラブハウスを120%活用する極意【秋元里奈】

自粛生活とも相まって、急速に利用者が増えた音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。著名人の生の声に触れたり、仕事のヒントを得たり、あるいは同好の士で集うなど、様々な楽しみ方があります。「食べチョク」の創業者であり、報道番組のコメンテーターと…