腰塚勇人

1965年、神奈川県生まれ。元・中学校体育教師。元・養護学校教師。大学卒業後、「天職」と思えた中学校の体育教師になる。学級担任。バスケット部顧問として「熱血指導」の日々を送る。2002年3月1日、スキーでの転倒で首の骨を折り、奇跡的に命はとりとめたものの、首から下が全く動かなくなる。当時、医師から「一生、寝たきりか、よくて車いす」の宣告を受け、絶望で自殺未遂をする。その後、妻、両親、主治医、看護師、生徒たち、職場の同僚などの応援と励ましを受け、奇跡的な回復力を発揮。身体に障がいを残しながらも、現場に復帰する。その体験を「命の授業」としてムービー(動画)として公開したところ、30万人を超える人々の目にふれることとなる。2010年「命の授業」の活動に専念するため、教員を辞職。現在まで、学校、企業、自治体などをはじめとする全国各地での講演会は大盛況で、まもなく2000回を迎えようとしている。著書に『命の授業』(ダイヤモンド社)や『感謝の授業』(PHP)。

大事故から立ち直った元教員が語る「心の自家発電」の重要性とは

スキーの転倒事故で首の骨を折る大事故から、教員として奇跡の復活を遂げた腰塚勇人さん。厳しい現実を前に、心が折れてしまったことも。そうしたみずからの体験を「命の授業」「気もちの授業」と呼ばれる講演会で伝え、全国各地で感動を巻き起こしています…