言葉

伝え方の難関「断る」は、ちょっとしたテクニックで印象が大違い

たとえ親しい間柄でも気を遣うのが「断る」という行為。言い方ひとつで関係にヒビが入ることにもなりかねません。そんな事態を避けるためにも、ひと味効かせた「言い換えフレーズ」を覚えておきましょう。

お願いを聞いてもらうカギはこれ!〝ナッジ〟を効かせた言い換え術

この世の中、うまく暮らしていけるかどうかは、「モノの言い方」が大きなカギを握っています。ちょっと工夫して言葉を添えるだけで、「自分が期待する結果」を導きやすくなるものです。そんな言い換え術をご紹介します。

胡椒が入っていないのに、なぜ「ゆず胡椒」? 意外と知らない雑学5選

「標高1メートルと 海抜1メートル、どっちが高い?」「『グリル』『ソテー』『ロースト』の違いとは?」こうした疑問に明確に答えられない人は多いかもしれません。そんな“知っていると雑談力が上がりそうな豆知識”を5つご紹介します。

「追伸」を目上に使うのはNG? オトナも間違いがちなマナー4選

「なんの気なしにやっていたけれど、マナー違反の習慣だった」「長い間、正しいと思っていたことが、実は非常識だった…」という経験はありませんか。そうした言動をあらためるのは、何歳になっても遅いということはありません。大人でも知らないことが多いマ…

その一言で印象が大違い! 目上の人への「大丈夫です」の伝え方

「大丈夫」「できない」などの意思表示をしたいとき、目上の人にどのように伝えているでしょうか?「よく使われているけれど、相手の立場によって気をつけたい言葉」と、オススメの言い換えフレーズをご紹介します。

添えるだけで印象がまるで違う! 覚えておくと便利な“決めフレーズ”

頼みづらいことや聞きづらいことがあるとき、ちょっとした言い方の違いで印象がガラリと変わるものです。交渉や質問を円滑に進めるために便利な、「社会人として覚えておきたいフレーズ」を、90万部突破のベストセラー書籍からご紹介します。

読めたらインテリ!? できる大人が身につけている「手強い漢字」

難しい漢字をサラッと読めたり書けたりすると格好いいですが、覚えるのはなかなか難しいもの。そこでおさえておきたいのが、漢字が本来持つ”意味”を理解しておくことです。一見、手強いけれど、大人として知っておきたい漢字を、意味とともにご紹介します。

「強弁」「比肩」「密林」…漢字の意味をめぐる”大いなる誤解”とは

漢字は”多義的な表意文字”。ひとつひとつの文字が意味を持っていますが、その意味は一つとは限りません。たとえば「独白」という言葉が表すように、「白」には「しろ」のほかに「ものを言う」という意味もあります。そうした見慣れた漢字のなかでも、誤解さ…

電話の「#」の読み方は? 意外と知らない言葉の知識5選

「『味あわせる』と『味わわせる』正しいのはどっち?」「『めくじら』って体のどこのこと?」…あらためて聞かれると、意外とわからないかもしれません。あるいは、間違って覚えていたりも。そうした言葉にまつわる雑学を5つご紹介します。

“ネガティブな想い”は感染する! 自分の潜在意識を掃除する方法

コロナ禍で在宅時間が増えたことに伴い、自分自身の「心」と向き合う時間が増えたという人も多いのでは。比較宗教学者にして僧侶の町田宗鳳先生によれば、誰しも心の奥底には否定的な想い(情念)を抱えています。自分では気づいていなくても、そうした想い…

子どものころの感動よふたたび! 洋書で味わうレオ・レオニの世界

英語を習得するには、たくさんの英文に触れて英語に慣れることが必要ですが、「勉強」となると気がひけるという人も多いでしょう。そんな人にぴったりなのが、親しみやすく読みやすい洋書の絵本にトライすること。「Asahi Weekly」紙上で洋書に関する記事を…

たったひと言が‟極上のプレゼント”に! できる大人の言葉の選び方

同じ事実、同じ出来事なのに、選ぶ言葉によって相手に与える影響は大きく変わります。あなたの「小さな言葉のプレゼント」が、出逢う人に「大きな喜びと感動」を与える――。そんな言葉の使い方を、実際に言葉によって人生を大きく変えた松本秀男さんが教えて…

人生の重さに押しつぶされそうなとき、あなたを支える3つの言葉

人生にはうまくいかないことも不測の事態もおこるもの。こんなとき、不安な気持ちのまま過ごすのか、それとも自分の人生を愛しながら過ごしていくのかは、「未来をよくする言葉」をもっているかどうかで決まります。85歳の現役美容家、小林照子さんがこころ…