話題の達人倶楽部

カジュアルな話題から高尚なジャンルまで、あらゆる分野の情報を網羅し、常に話題の中心を追いかける柔軟思考型プロ集団。彼らの提供する話題のクオリティの高さは、業界内外で注目のマトである。

先行きが不安なときの道標になる「世界のことわざ」7選 《植物編》

迷いや悩みが深いほど、心にズシンと響いてくる「ことわざ」。人生の様々な岐路で、判断の指標となったり、前へ進む力をもたらしてくれたりします。今回は、「植物」に関連することわざをピックアップしました。

学びになる・心を強くする「世界のことわざ」7選 《動物編》

自分を戒めたいとき、しんどいとき、何かを始めようとするとき、びっくりしたときなど、様々なシーンでふと浮かんでくる「ことわざ」。ここでは、「動物」がモチーフになっているものを、世界から集めてみました。本来、教え諭す意味を持つものなのに、思わ…

ベテランアナウンサーも間違える!意味を取り違えやすい言葉20選

一般的に使われている言葉なのに、実は意味を取り違えた使い方だった…という言葉はたくさんあります。多数派なんだからいいじゃないかと言われればそれまでですが、日本語はあくまで正しく使いたいもの。知らずのうちに日本語の「誤用」をしていないか、チェ…

自分を律する力になる「世界のことわざ」7選 《食べもの編》

自分に喝を入れるために、折に触れて思い出したい「ことわざ」。今回は、身近な「食べもの」や「飲みもの」がモチーフになっているものを選びました。当たり前のことを言っているようで、含蓄があるものも。あなたが知っているフレーズは、あるでしょうか。

新人アナウンサーが一度は間違える読み方の“落とし穴”10選

「顔を汚す」は「かおをよごす」、「名を汚す」を「なをけがす」。このように、まぎらわしいのに間違えて使うと恥をかいてしまう言葉はたくさんあります。まずは、知らずのうちに日本語の「読み間違い」をしていないか、チェックしてみましょう。

「インフルエンザ」は占星術が名付け親!? 意外なカタカナ語源20選

よく使うわりにルーツが知られていないカタカナ語を集めました。どんな成り立ちがあるのか答えられるでしょうか? クイズ感覚でトライしてみてください。

「いただく」の使いすぎはかえって失礼! 残念な敬語の使い方

最近は、相手に失礼があってはいけないと過剰に思うあまり、電話で「いただく」を多用しすぎているケースが目立ちます。謙譲語と尊敬語、丁寧語はどう使い分けるべきなのか? 残念な言い方を例に探っていきます。

「へなちょこ」は実は知的な言葉!? 悪口の意外な語源20選

大根役者、へなちょこ、ぼんくら……。こうした悪口も、ルーツを知っていればより的確に、もしかしたら相手のためになるように使えるかもしれません。どんな成り立ちがあるのか、クイズ感覚でトライしてみてください。

「薩摩揚」は関東生まれ!? おいしい語源20選

パスタとスパゲッティの違い、カレーのもともとの意味、ケチャップの起源など、食にまつわる言葉を集めました。どんな成り立ちがあるのか答えられるでしょうか? クイズ感覚でトライしてみてください。

「全国」は黒船到来で使われ始めた!? 続きが気になる語源20選

全国、圧巻、空気……。なじみのある言葉ばかりですが、その言葉が生まれるまでには意外なストーリーがあること、ご存じでしょうか? そんな語源が気になる言葉を20個集めました。どんなルーツを持っているのか、クイズ感覚でトライしてみてください。

ひょんな事の「ひょん」って? 知られていない言葉のルーツ20選

「いびつ」はもともとお米に関する言葉、「しゃにむに」は漢字で「遮二無二」と書く仏教用語――。よく使うわりにルーツが知られていない言葉を集めました。どんな成り立ちがあるのか答えられるでしょうか? クイズ感覚でトライしてみてください。

「おまけ」は漢字で「御負け」。 ルーツが気になる謎の言葉20選

よく聞いたり使ったりする言葉でも、あらためて意味を考えてみると、実はよくわからない…。そんな、ルーツの気になる言葉を集めました。どんな成り立ちがあるのか答えられるでしょうか? クイズ感覚でトライしてみてください。

「左うちわ」は相手に失礼!? 品がよくなる慣用句の言い換え20

会話の中にさりげなく慣用句や成句を入れられますか? 同じ意味でもより品のいい言葉が選べると、あえて会話に入れたいやらしい感じがなくなります。ぜひ、さらりと使いこなしてください。

日本人の9割がつまずく! 書き間違えやすい漢字13選

「かき入れ時」「かつを入れる」などの漢字は、会話の中で使ってはいてもいざ正しく書けるかというと……。今回はよく使うわりに漢字の書き間違いが多いフレーズを集めました。正しい漢字はどちらなのか、1秒で選んでみてください!

言葉は人間関係の潤滑油! 角が立たない大人の言い換え13選

ストレートな表現は、時として人間関係にヒビを入れかねません。ネガティブなことを角が立たないように伝えられてこそ大人というもの。13の例を挙げるので、ぜひ使いこなしてください。

四角い書類カバンは「アタッシェケース」9割が間違えている日本語

正しいと信じて使っていた言葉。じつは間違った使い方をしているかもしれません。中には誤用率7割というものもあります、はたしてあなたは正しい言葉の使い方ができているでしょうか? ぜひ2択にチャレンジしてみてください!

「切符」と「きっぷ」は別モノ!? 恥をかかない言葉の使いわけ10選

いつもなんとなく使っているけど、いざ違いを聞かれると「?」となってしまう言葉たち。それぞれの意味を調べると、「へぇ~」「なるほど!」と驚くことがたくさんあります。正しく覚えて、ぜひ実際の会話で使ってみてください!

「中華料理」と「中国料理」は違う!? 一目置かれる言葉の使いわけ

いつもなんとなく使っているけど、いざ違いを聞かれると「?」となってしまう言葉たち。それぞれの意味を調べると、「へぇ~」「なるほど!」と驚くことがたくさんあります。正しく覚えて、ぜひ実際の会話で使ってみてください!

「この人、語彙力がある」と思わせる!大人な言い換え20

会話のなかで何度も何度も同じ言い回しを使うと、なんとなく幼稚な印象を与えてしまうもの。同じ内容をいかに格調高く言い換えられるか。大人なら、言葉のアイテムはいくつも持っていたいものですね。ぜひ使いこなしてください。

「あずきバー」はダイヤモンドの次にかたい!? 身近な科学知識5選

「ダイヤモンドの次にかたい」「これまで〇〇本の歯を折ってきた」という伝説を持つあずきバー、粒の数が必ず偶数になるトウモロコシ、暑さで傷まないダチョウのタマゴ……。説明できそうでできない疑問を“理系”の観点から紐解いてみると、面白くてためになる…

「この人仕事できる!」と思わせる、大人の言い換え20

初対面にもかかわらず「なんだかわからないけれど、この人できる!」。仕事でそう感じたことはありませんか? おそらく言葉のいいまわしが仕事のできるビジネスマンを演出しているのです。商談の挨拶、電話、メールなど、言葉は自分を印象付けるアイテムです…

社交辞礼?社交辞令? いざとなると書けない四字熟語

「顔を汚す」は「かおをよごす」、 「名を汚す」を「なをけがす」。このように、まぎらわしいのに間違えて使うと恥をかいてしまう言葉はたくさんあります。まずは、知らずのうちに日本語の「読み間違い」をしていないか、チェックしてみましょう。

「この人、育ちがいい!」と感じさせる大人の言葉の選び方20

同じことを同じように話していても、品がいい人と悪い人はすぐわかるもの。これは使っている言葉が違うからです。たったひと言の違いでも印象は大きく変わります。品のいい言葉選びができているかどうか、テストしてみてください。

もう会話で地雷を踏まない! できる大人のとっさの言い換え20

軽い気持ちで言ったひと言で、なんだかいや~な雰囲気に……。こんな事態を避けるためにも、相手の「地雷」を回避する言葉を持っておくのが大人のマナー。ぜひ使いこなしてください。

世論は「せろん」?「よろん」? 正しい読みはどっち20選

「世論」は「せろん」か「よろん」か、「気骨」は「きこつ」と「きぼね」でどう読み分けるか……など、目にする機会が多いわりにいざ読もうとすると意外と答えに窮するものがありませんか? 教養ある大人の皆さまには”秒”で答えられるものばかりだと思いますが…

送り仮名がつくと、とたんに読めなくなる漢字20選

「見慣れた漢字のはずなのに、送り仮名がついていると……え~っとなんだっけ?」そんな、スラスラ読みこなしたいけれど、手ごわい漢字を集めました。よく使う漢字ばかりです。ぜひチャレンジしてみてください。

大人なら、読めて使えて当然の慣用句20選

慣用句は日本語の花。巧みでおもしろい表現が多いので、うまく使えば言葉づかいがぐんと華やかになります。ただし、慣用句は定型句(決まった形で表す言葉)なので、読み方も意味も正確に知って使わないと、思わぬところで恥をかくことに……。あなたは正しく…

たった一文字!なのに読めない漢字20選

一文字の漢字は意外と強敵です。なぜなら古い大和言葉に漢字をあてはめたものが多いため、耳慣れた音読みとはかけ離れた読み方をするからです。「見たことはあるんだけど…読めそうで読めない!」そんな漢字ばかりを集めました。ぜひチャレンジしてみてくださ…

小学校で習った漢字なのに…意外に読めない言葉20選

漢字の間違いで圧倒的に多いのは読み間違い。これからご紹介するものは小学校で習う漢字で構成された熟語ですが、みなさんパッと読むことができるでしょうか?ぜひ、”秒”で答えてみてください!

誰にも指摘されないまま9割の人が読み間違えている日本語

「顔を汚す」は「かおをよごす」、 「名を汚す」を「なをけがす」。このように、まぎらわしいのに間違えて使うと恥をかいてしまう言葉はたくさんあります。まずは、知らずのうちに日本語の「読み間違い」をしていないか、チェックしてみましょう。