語彙力

プロの校正者も見落とす! 9割が気づかない“書き間違い”20選

豊富な語彙力を披露するつもりで使ったものの、実はビミョーに漢字が違っていて、恥ずかしい思いをした……。このようなことは誰にもあり得ます。なかには、プロの校正者ですら見逃してしまうようなやっかいなミスも。知らずのうちに日本語の「書き間違い」を…

プロの校正者も見落とす! 言われれば納得の“書き間違い”20選

豊富な語彙力を披露するつもりで使ったものの、実はビミョーに漢字が違っていて、恥ずかしい思いをした……。このようなことは誰にもあり得ます。なかには、プロの校正者ですら見逃してしまうようなやっかいなミスも……。知らずのうちに日本語の「書き間違い」…

先行きが不安なときの道標になる「世界のことわざ」7選 《植物編》

迷いや悩みが深いほど、心にズシンと響いてくる「ことわざ」。人生の様々な岐路で、判断の指標となったり、前へ進む力をもたらしてくれたりします。今回は、「植物」に関連することわざをピックアップしました。

学びになる・心を強くする「世界のことわざ」7選 《動物編》

自分を戒めたいとき、しんどいとき、何かを始めようとするとき、びっくりしたときなど、様々なシーンでふと浮かんでくる「ことわざ」。ここでは、「動物」がモチーフになっているものを、世界から集めてみました。本来、教え諭す意味を持つものなのに、思わ…

ベテランアナウンサーも間違える!意味を取り違えやすい言葉20選

一般的に使われている言葉なのに、実は意味を取り違えた使い方だった…という言葉はたくさんあります。多数派なんだからいいじゃないかと言われればそれまでですが、日本語はあくまで正しく使いたいもの。知らずのうちに日本語の「誤用」をしていないか、チェ…

自分を律する力になる「世界のことわざ」7選 《食べもの編》

自分に喝を入れるために、折に触れて思い出したい「ことわざ」。今回は、身近な「食べもの」や「飲みもの」がモチーフになっているものを選びました。当たり前のことを言っているようで、含蓄があるものも。あなたが知っているフレーズは、あるでしょうか。

新人アナウンサーが一度は間違える読み方の“落とし穴”10選

「顔を汚す」は「かおをよごす」、「名を汚す」を「なをけがす」。このように、まぎらわしいのに間違えて使うと恥をかいてしまう言葉はたくさんあります。まずは、知らずのうちに日本語の「読み間違い」をしていないか、チェックしてみましょう。

「いただく」の使いすぎはかえって失礼! 残念な敬語の使い方

最近は、相手に失礼があってはいけないと過剰に思うあまり、電話で「いただく」を多用しすぎているケースが目立ちます。謙譲語と尊敬語、丁寧語はどう使い分けるべきなのか? 残念な言い方を例に探っていきます。

「左うちわ」は相手に失礼!? 品がよくなる慣用句の言い換え20

会話の中にさりげなく慣用句や成句を入れられますか? 同じ意味でもより品のいい言葉が選べると、あえて会話に入れたいやらしい感じがなくなります。ぜひ、さらりと使いこなしてください。

言葉は人間関係の潤滑油! 角が立たない大人の言い換え13選

ストレートな表現は、時として人間関係にヒビを入れかねません。ネガティブなことを角が立たないように伝えられてこそ大人というもの。13の例を挙げるので、ぜひ使いこなしてください。

四角い書類カバンは「アタッシェケース」9割が間違えている日本語

正しいと信じて使っていた言葉。じつは間違った使い方をしているかもしれません。中には誤用率7割というものもあります、はたしてあなたは正しい言葉の使い方ができているでしょうか? ぜひ2択にチャレンジしてみてください!

「この人、語彙力がある」と思わせる!大人な言い換え20

会話のなかで何度も何度も同じ言い回しを使うと、なんとなく幼稚な印象を与えてしまうもの。同じ内容をいかに格調高く言い換えられるか。大人なら、言葉のアイテムはいくつも持っていたいものですね。ぜひ使いこなしてください。

「この人仕事できる!」と思わせる、大人の言い換え20

初対面にもかかわらず「なんだかわからないけれど、この人できる!」。仕事でそう感じたことはありませんか? おそらく言葉のいいまわしが仕事のできるビジネスマンを演出しているのです。商談の挨拶、電話、メールなど、言葉は自分を印象付けるアイテムです…

「この人、育ちがいい!」と感じさせる大人の言葉の選び方20

同じことを同じように話していても、品がいい人と悪い人はすぐわかるもの。これは使っている言葉が違うからです。たったひと言の違いでも印象は大きく変わります。品のいい言葉選びができているかどうか、テストしてみてください。

もう会話で地雷を踏まない! できる大人のとっさの言い換え20

軽い気持ちで言ったひと言で、なんだかいや~な雰囲気に……。こんな事態を避けるためにも、相手の「地雷」を回避する言葉を持っておくのが大人のマナー。ぜひ使いこなしてください。

「濡れ衣」の衣はなぜ濡れたのか? 素朴な疑問が解消する語源の話

「足がつく」は「手」ではなく「足」の理由、「濡れ衣」の「衣」が濡れたワケ、それぞれ一体なんのこと? 普段なにげなく使っている言葉も、よくよく考えてみると謎に満ちた言葉が多数潜んでいる。こんな疑問を解決するには言葉の語源をたどるのが一番。知れ…

虫がいいってなんの「虫」? 知らずに使っている語源の話

「虫がいい」の「虫」、「管を巻く」の「管」、それぞれ一体なんのこと?日常、何気なく使っている言葉も、よくよく考えてみると謎に満ちた言葉が多数潜んでいる。こんな疑問を解決するには言葉の語源をたどるのが一番。知れば納得!思わず人に話したくなる…

切り身なのにどうして「刺身」? 人に教えたくなる語源の話

「刺身」は明らかに魚の「切り身」なのになぜ「刺身」というのか?「他人」はどうして青でも黒でもなく「”赤”の他人」なのだろうか?日常、何気なく使っている言葉も、よくよく考えてみると謎に満ちた言葉が多数潜んでいる。こんな疑問を解決するには言葉の…

誰にも指摘されないまま9割の人が読み間違えている日本語

「顔を汚す」は「かおをよごす」、 「名を汚す」を「なをけがす」。このように、まぎらわしいのに間違えて使うと恥をかいてしまう言葉はたくさんあります。まずは、知らずのうちに日本語の「読み間違い」をしていないか、チェックしてみましょう。