道鏡

“命のビザ”を発給し続けた杉原千畝の語られなかった「その後」

杉原千畝(1900~1986年、享年86)―岐阜県美濃市の出身。第二次世界大戦中、リトアニアの領事館に赴任していた彼は、ユダヤ難民を救うため我が身の危険も顧みず、大量のビザを発給する。

天皇になろうとした道鏡、それを阻んだ和気清麻呂の意外な「その後」

和気清麻呂(733~799年、享年67)奈良時代末期から平安時代初期にかけての貴族。皇位を狙った妖僧・道鏡の思惑を阻止したことで流罪となる。のちに赦され、実務官僚として重用された。