野村克也

1935年京都府生まれ。京都府立峰山高校卒業後、54年にテスト生として南海ホークスに入団。球界を代表する捕手として、戦後初の三冠王、歴代2位の通算657本塁打など数々の大記録を打ち立てる。70年より選手兼監督。その後、ロッテ、西武と移り80年に現役引退。90年にはヤクルトの監督に就任、9年連続Bクラスだったチームを、4度のリーグ優勝、3度の日本一に導く。その後、阪神、楽天等で監督を歴任。2020年2月逝去。

「リーダーは孤独なくらいでちょうどいい」野村克也さんの至言

プロ野球解説者・野村克也さんが逝去されたのは2020年の2月11日。野球界屈指の強打者、名捕手、知将でありつつ、試合後の会見やインタビューで残された名言やボヤキは、今も多くの人の記憶に残っています。野村さんの名言から、“野村イズム”の神髄をご紹介…

名将・野村監督が清原氏に伝えたかったメッセージ

プロ野球界きっての知将・野村克也氏。2020年2月に惜しくも亡くなられましたが、その偉大な足跡とともに、残していった珠玉の名言、格言、ぼやきの数々はまったく色あせることがありません。そんな野村氏が期待をかけていた野球人の一人に清原和博氏がいま…