雑学

もし富士山が噴火したら被害総額は?… お金にまつわる豆知識5選

「”老後2000万円問題”はコロナ禍でどう変化したか」「いまさら聞けない”YouTuber が儲かるしくみ”」「もし富士山が噴火したら、被害額はどれくらいか」…など。雑談力が高まりそうな、お金に関する豆知識を5つご紹介します。

添えるだけで印象がまるで違う! 覚えておくと便利な“決めフレーズ”

頼みづらいことや聞きづらいことがあるとき、ちょっとした言い方の違いで印象がガラリと変わるものです。交渉や質問を円滑に進めるために便利な、「社会人として覚えておきたいフレーズ」を、90万部突破のベストセラー書籍からご紹介します。

読めたらインテリ!? できる大人が身につけている「手強い漢字」

難しい漢字をサラッと読めたり書けたりすると格好いいですが、覚えるのはなかなか難しいもの。そこでおさえておきたいのが、漢字が本来持つ”意味”を理解しておくことです。一見、手強いけれど、大人として知っておきたい漢字を、意味とともにご紹介します。

「強弁」「比肩」「密林」…漢字の意味をめぐる”大いなる誤解”とは

漢字は”多義的な表意文字”。ひとつひとつの文字が意味を持っていますが、その意味は一つとは限りません。たとえば「独白」という言葉が表すように、「白」には「しろ」のほかに「ものを言う」という意味もあります。そうした見慣れた漢字のなかでも、誤解さ…

電話の「#」の読み方は? 意外と知らない言葉の知識5選

「『味あわせる』と『味わわせる』正しいのはどっち?」「『めくじら』って体のどこのこと?」…あらためて聞かれると、意外とわからないかもしれません。あるいは、間違って覚えていたりも。そうした言葉にまつわる雑学を5つご紹介します。

3Dプリンターで心臓をつくれるって本当? 人体にまつわるふしぎ雑学

さまざまな研究と技術革新が進み、ひと昔前までは考えられなかったような発見や発明が日々報告されています。最近では「3Dプリンターで心臓をつくれる」などという話もあるようです。そうした人間の体にまつわる雑学を4つご紹介します。

たとえロボットでも褒められると人は伸びる!? 理系のニュース4選

コロナ禍をきっかけに、「ウイルスって細菌とどう違う?」「肌に触れない体温計はどんなしくみ?」などの疑問が生じた人も多いかもしれません。そうした私たちの暮らしに大きく関わる理系のニュースをご紹介します。

消費税の「四捨五入」。得をするのはお客とお店のどっち?

“塵も積もれば山となる”といいます。消費税の計算で生じた半端な数字は「四捨五入」されますが、これが積み重なったとき、得するのはお客とお店のどちらなのでしょうか? 日々の生活に役立つ数学の知識を、ベストセラー作家の白取春彦先生に紹介していただき…

ヴィトンのモノグラムは家紋がモチーフ!知られざる「かたち」の雑学

日常でよく目にするあの企業やブランドのロゴマークには、驚くべき秘密があった! 誰もがつい真相を知りたくなってしまう秘密をご紹介しましょう。

「メロン大きめ1個と小さめ2個どちらが得か?」は計算式でわかる!

数学なんて難しいし、日常で役に立たないと思っていませんか? だとしたらもったいないこと。知っていると買い物などでお得な計算式・考え方があるのです。ベストセラー作家の白取春彦先生に解説していただきました。

数学で納得! 動画再生120万回と視聴率1%はどっちがすごい?

映画の中でトム・クルーズが歩いた距離は? 動画120万回再生って、TVの視聴率と比べるとどれくらいの価値がある? そんな疑問も、数式や図を使って考えると納得できます。ベストセラー作家の白取春彦先生に解説していただきました。

サケは実は白身魚!? 知ってると一目おかれる! 生きものの雑学5選

情報過多な時代になっても、あまり知られていないことは無数にあります。そうした雑学の中でも人気があるのが、生きものにまつわる話。「サケは赤身でなく白身」「世界初の輸血は羊の血」など、知っていると一目おかれる豆知識を集めてみました。

相手のウソもまる見え!? いざこざの回避に役立つ心理雑学5選

他人は自分の思った通りに動いてはくれないもの。だからといって、無理に操ろうとすれば人間関係は悪化してしまいます。そこで活用したいのが心理テクニック。仕事からプライベートまで、相手の心を見抜いてうまく自分の身を守るコツをご紹介します。

これで、思い通りの結果を引き寄せられる!「攻め」の心理作戦5選

交渉や人間関係に手詰まりを感じているときは、「攻め」の“心理作戦”を試してみてはいかがでしょうか? ちょっとしたしぐさで相手にプレッシャーをかけたり、言い方で本音を聞き出したり、実はそれほど難しいものではありません。思い通りの結果を引き寄せる…

材料を半分に切ると調理時間は4分の1? 科学でわかる料理のコツ

私たちの身の回りでおこるさまざまな現象には、科学のチカラが働いています。普段は見逃しているけど、あらためて考えると不思議なことがたくさん! 学校では教えてくれなかった“科学の小ネタ”を3つご紹介します。

ここぞの場面では“ハッタリ”も効果的! 手軽な心理マジック5選

交渉ごとやプレゼンなど、仕事では自分を強く見せた方がいい場面があるもの。奥の手として心理学の知見を応用した“ハッタリ”の知識を持っておくと、少し安心できるかもしれません。ここぞという場面で使える対人関係の心理テクニックを5つ、ご紹介します。

お辞儀の角度で印象はどう変わる? 心理術で解く人づきあいのコツ

人の信頼を失うのは一瞬と言われます。でも、「相手の心理」を考慮し、礼儀を持って接することで、大きな失敗は避けられるはず。人とちょうどいい距離感を保ち続けるための「マナーのツボ」をご紹介します。

こういう時こそ心理術が効く! 「困った人」を感じよく撃退する知恵

「気づけばいつも自慢話」「一方的にまくし立てる」「明らかに人を見下した態度」など…話していてあまり気持ちのよくない相手と関わる必要があるとき、我慢し続けていれば、相手は増長するばかり。そんなときに役立つのが、心理術を使った対応です。困った人…

2つのお願いを同時にすると断られない!? 心理を突いた交渉術4選

同じ内容のことを伝えるにしても、ちょっとした言い方の違いでうまくいったり、反対に、相手との関係がこじれてしまったりするものです。たとえば、何かお願いをしたいときや断りたいときは、どんなコツがあるのでしょうか。相手の心理をつかんでスムーズに…

ムンクの『叫び』は叫んでない!? アートにまつわる意外な事実5選

美術愛好家でなくても、ムンクの『叫び』や『モナ・リザ』『考える人』と聞けば、すぐにイメージを思い浮かべることができるでしょう。そうした有名な作品や画家には、意外なエピソードがつきもののようです。

缶詰にも“食べごろ”がある!? 知って得する食べものの雑学5選

「唐揚げにはレモン」「チャーハンには冷やごはん」といったことは当たり前のように思われていますが、「なぜ?」と聞かれるとよくわからないかもしれません。そうした料理にまつわる意外な疑問について、5つご紹介します。

ヤギに新聞をあげても大丈夫? 動物にまつわる素朴な疑問5選

なんとなく知っていたつもりでも、あらためて聞かれるとわからないことはたくさんあるもの。たとえば、ネコが高いところから飛び降りても骨折しない理由は? ニワトリのとさかは何のため? そうした動物にまつわる素朴な疑問について、調べてみました。

今年こそ続けられる!「早起き」を習慣化した人のちょっとした工夫

「良いとわかっていても続かないこと」の代表格とも言える“早起き”。いったいどうすれば、毎朝早く起きられるようになるのでしょうか。朝型生活を実践することで、「毎日残業のダメ営業マン」から「毎日定時で帰れるトップ営業マン」に変身したという菊原智…

“八百万の神”の祖「日本で最初に生まれた神様」を知っていますか

合格祈願、仕事の成功、病気平癒、縁結び……信心深いわけではなくても、人生の節目などでつい頼りたくなる「神様」。全国各地に神社もあって、神様は日本人にとって身近なはずですが、「最初に生まれた神さまは?」と聞かれると、意外とわからないかもしれま…

お風呂だと歌が上手くなるのはなぜ? 音にまつわる科学知識3選

私たちの身の回りでおこるさまざまな現象には、科学のチカラが働いています。普段は見逃しているけど、あらためて考えると不思議なことがたくさん! 学校では教えてくれなかった“科学の小ネタ”を3つご紹介します。

タオルの黒いしみはカビ!? 知っておきたい日用品の買い替えサイン

タオルや歯ブラシなどの日用品から電子レンジやパソコンなどの電化製品まで、モノの寿命を見極めるのはなかなか難しい。もう少し使えるかな~と思っているうちに完全に故障したり、気づかぬうちに健康被害を被ってしまうことも。快適な生活を送るためにも、…

“虹のたもと”にどうやってもたどり着けない理由 身近な科学知識3選

私たちの身の回りでおこるさまざまな現象には、科学のチカラが働いています。普段は見逃しているけど、あらためて考えると不思議なことがたくさん! 学校では教えてくれなかった“科学の小ネタ”を3つご紹介します。

100℃のサウナでやけどしないのはなぜ? 身近な科学知識3選

私たちの身の回りでおこるさまざまな現象には、科学のチカラが働いています。普段は見逃しているけど、あらためて考えると不思議なことがたくさん! 学校では教えてくれなかった“科学の小ネタ”を3つご紹介します。

ヨットはなぜ風に向かって進む? 意外に知らない科学知識3選

私たちの身の回りでおこるさまざまな現象には、科学のチカラが働いています。普段は見逃しているけど、あらためて考えると不思議なことがたくさん! 学校では教えてくれなかった“科学の小ネタ”を3つご紹介します。

「あずきバー」はダイヤモンドの次にかたい!? 身近な科学知識5選

「ダイヤモンドの次にかたい」「これまで〇〇本の歯を折ってきた」という伝説を持つあずきバー、粒の数が必ず偶数になるトウモロコシ、暑さで傷まないダチョウのタマゴ……。説明できそうでできない疑問を“理系”の観点から紐解いてみると、面白くてためになる…