食事術

スマホのスヌーズ機能は悪影響!? ココロの健康に役立つ知識5選

なかなか終わりが見えないコロナ禍に、気分がふさぎこみがちな人も多いかもしれません。そこで大切なのが、毎日の生活習慣。ちょっとした工夫で、ココロの健康を保つことができるようです。“うつ消し先生”として著名な医師の工藤孝文先生にお話を伺いました。

アトピー体質の人に朗報!〇〇を控えるだけで、症状は改善する

最新の遺伝子検査では、「アトピー体質=ヒスタミンを分解しにくい人」ということがわかってきたようです。食生活を見直すだけでも、症状がかなり改善することが珍しくないのだとか。スクエアクリニック院長の本間良子先生、副院長の本間龍介先生にお話を伺…

メンタルの不調は生活習慣を変えると良くなる!? おすすめ食材4選

気分が落ち込む、肩こりがひどい、お腹の調子が悪い、眠れない...など。内科医の工藤孝文先生によると、コロナ禍で、うつっぽい症状を訴える患者さんが急激に増えているものの、生活習慣の見直しで症状が改善する人が多いようです。おすすめの食習慣について…

スムージーの飲みすぎで老化が加速!? 意外に知らない残念な食習慣

健康だけでなく美容の観点からも、食べものにこだわりを持つ方は多いでしょう。気をつけたいのは、よく言われている「美容にいい」とされる食習慣の中には、逆に“老け”を加速してしまうものもあるということ。アンチエイジングの食情報の真偽について、管理…

コラーゲン、ヒアルロン酸の摂りすぎは逆効果! 美肌作りの新常識

“見た目年齢”を左右する大きな要因として「肌」が挙げられます。とくに女性の場合は、「美肌のためにコラーゲンを摂っている」という人もいるでしょう。しかし、管理栄養士で日本抗加齢医学会指導士の森由香子氏は、「コラーゲンを食べてもいいことはない」…

加齢による冷えは色々な病気を呼び込む…体を温める「陽性食」とは

歳を重ねるにつれて、下半身の筋肉の衰えや「冷え」が気になるものです。その対策としては、筋肉運動だけでなく、食べものも大きく関わるのだとか。西洋医学、東洋医学の両方に精通する医師の石原結實先生に、「体を温める食べもの」について教えていただき…

食べすぎに長寿なし! 医者が実践している“朝食抜き”健康法

「健康のためには1日3食しっかり食べる」「とくに朝食は大切」というのが一般的な健康論。しかし、医学博士の石原結實先生は、「食べすぎに健康長寿なし」「朝食を抜くのが合理的」とおっしゃいます。その理由やオススメのメニューについて教えていただきま…

管理栄養士が伝授! 老化の元になる「AGEs」を減らす調理法

ここ数年、老化の原因として注目を集めている「AGEs」をご存じでしょうか? AGEsとは、私たちのからだと免疫力に悪影響を与える物質のことで、身近な食べものに含まれているようです。そこで、管理栄養士で日本抗加齢医学会指導士の森由香子氏に、A…

寝る前のホットミルクは逆効果!「睡眠の質」を高める食事術とは

新型ウイルス感染症の流行もあり、免疫力を高める方法に注目が集まっています。栄養をしっかりとることはもちろん、「質のよい睡眠」も免疫力の向上には欠かせません。管理栄養士の森由香子氏は、「食事のとり方」が免疫力に影響を与えていると指摘します。…