高齢者うつ

「奥歯」がないほどボケやすい!? 認知症予防には歯が重要な理由

いま日本では、65歳以上の高齢者の5人に1人が介護を必要とし、要介護になった人の5人に1人が認知症を発症しているというデータがあります。認知症の予防については様々な方法が伝えられていますが、社会歯科学の第一人者である山本龍生氏によると、大切…

認知症と間違えやられやすい「老人性うつ病」に要注意!

「心の老化」でとくに気をつけたいのが「うつ病」であり、「心の老い支度」をもっと大切にしてほしいと、長年、高齢者を診てきた精神科医の和田秀樹氏は言います。一見、認知症と見間違うような高齢者のうつ病は、見落としやすく、予防と早期対策が重要です…

「出不精」になったら要注意! 男性がボケないための生活習慣

老化現象はだれにでも起こるものですが、「できることならボケてまわりに迷惑をかけたくない……」とは誰しも思うこと。医療分野では、ボケの進行について日々解明が進んでいます。高齢者専門の精神科医として多くの患者を診てきた和田秀樹氏が、今からできる…