1秒で身につく日本語

漢字から語彙⼒、四字熟語、ことわざ、慣⽤句まで、⼀⽣モノの⽇本語に関する知識がここですべて⼿に⼊る︕

日本人の9割がつまずく! 書き間違えやすい漢字13選

「かき入れ時」「かつを入れる」などの漢字は、会話の中で使ってはいてもいざ正しく書けるかというと……。今回はよく使うわりに漢字の書き間違いが多いフレーズを集めました。正しい漢字はどちらなのか、1秒で選んでみてください!

四角い書類カバンは「アタッシェケース」9割が間違えている日本語

正しいと信じて使っていた言葉。じつは間違った使い方をしているかもしれません。中には誤用率7割というものもあります、はたしてあなたは正しい言葉の使い方ができているでしょうか? ぜひ2択にチャレンジしてみてください!

「切符」と「きっぷ」は別モノ!? 恥をかかない言葉の使いわけ10選

いつもなんとなく使っているけど、いざ違いを聞かれると「?」となってしまう言葉たち。それぞれの意味を調べると、「へぇ~」「なるほど!」と驚くことがたくさんあります。正しく覚えて、ぜひ実際の会話で使ってみてください!

「中華料理」と「中国料理」は違う!? 一目置かれる言葉の使いわけ

いつもなんとなく使っているけど、いざ違いを聞かれると「?」となってしまう言葉たち。それぞれの意味を調べると、「へぇ~」「なるほど!」と驚くことがたくさんあります。正しく覚えて、ぜひ実際の会話で使ってみてください!

「この人仕事できる!」と思わせる、大人の言い換え20

初対面にもかかわらず「なんだかわからないけれど、この人できる!」。仕事でそう感じたことはありませんか? おそらく言葉のいいまわしが仕事のできるビジネスマンを演出しているのです。商談の挨拶、電話、メールなど、言葉は自分を印象付けるアイテムです…

社交辞礼?社交辞令? いざとなると書けない四字熟語

「顔を汚す」は「かおをよごす」、 「名を汚す」を「なをけがす」。このように、まぎらわしいのに間違えて使うと恥をかいてしまう言葉はたくさんあります。まずは、知らずのうちに日本語の「読み間違い」をしていないか、チェックしてみましょう。

「この人、育ちがいい!」と感じさせる大人の言葉の選び方20

同じことを同じように話していても、品がいい人と悪い人はすぐわかるもの。これは使っている言葉が違うからです。たったひと言の違いでも印象は大きく変わります。品のいい言葉選びができているかどうか、テストしてみてください。

世論は「せろん」?「よろん」? 正しい読みはどっち20選

「世論」は「せろん」か「よろん」か、「気骨」は「きこつ」と「きぼね」でどう読み分けるか……など、目にする機会が多いわりにいざ読もうとすると意外と答えに窮するものがありませんか? 教養ある大人の皆さまには”秒”で答えられるものばかりだと思いますが…

「濡れ衣」の衣はなぜ濡れたのか? 素朴な疑問が解消する語源の話

「足がつく」は「手」ではなく「足」の理由、「濡れ衣」の「衣」が濡れたワケ、それぞれ一体なんのこと? 普段なにげなく使っている言葉も、よくよく考えてみると謎に満ちた言葉が多数潜んでいる。こんな疑問を解決するには言葉の語源をたどるのが一番。知れ…

送り仮名がつくと、とたんに読めなくなる漢字20選

「見慣れた漢字のはずなのに、送り仮名がついていると……え~っとなんだっけ?」そんな、スラスラ読みこなしたいけれど、手ごわい漢字を集めました。よく使う漢字ばかりです。ぜひチャレンジしてみてください。

虫がいいってなんの「虫」? 知らずに使っている語源の話

「虫がいい」の「虫」、「管を巻く」の「管」、それぞれ一体なんのこと?日常、何気なく使っている言葉も、よくよく考えてみると謎に満ちた言葉が多数潜んでいる。こんな疑問を解決するには言葉の語源をたどるのが一番。知れば納得!思わず人に話したくなる…

大人なら、読めて使えて当然の慣用句20選

慣用句は日本語の花。巧みでおもしろい表現が多いので、うまく使えば言葉づかいがぐんと華やかになります。ただし、慣用句は定型句(決まった形で表す言葉)なので、読み方も意味も正確に知って使わないと、思わぬところで恥をかくことに……。あなたは正しく…

たった一文字!なのに読めない漢字20選

一文字の漢字は意外と強敵です。なぜなら古い大和言葉に漢字をあてはめたものが多いため、耳慣れた音読みとはかけ離れた読み方をするからです。「見たことはあるんだけど…読めそうで読めない!」そんな漢字ばかりを集めました。ぜひチャレンジしてみてくださ…

小学校で習った漢字なのに…意外に読めない言葉20選

漢字の間違いで圧倒的に多いのは読み間違い。これからご紹介するものは小学校で習う漢字で構成された熟語ですが、みなさんパッと読むことができるでしょうか?ぜひ、”秒”で答えてみてください!

切り身なのにどうして「刺身」? 人に教えたくなる語源の話

「刺身」は明らかに魚の「切り身」なのになぜ「刺身」というのか?「他人」はどうして青でも黒でもなく「”赤”の他人」なのだろうか?日常、何気なく使っている言葉も、よくよく考えてみると謎に満ちた言葉が多数潜んでいる。こんな疑問を解決するには言葉の…

誰にも指摘されないまま9割の人が読み間違えている日本語

「顔を汚す」は「かおをよごす」、 「名を汚す」を「なをけがす」。このように、まぎらわしいのに間違えて使うと恥をかいてしまう言葉はたくさんあります。まずは、知らずのうちに日本語の「読み間違い」をしていないか、チェックしてみましょう。