「昭和世代」と「平成世代」を見分ける教科書についての3つの質問

「教科書に載っていることは正しい知識」。そんなイメージを持っている人は多いと思いますが、実は教科書は4年に1回の更新があり、そのつど内容も更新されています。だから、どんな教科書の常識を持っているかで世代を判別することも可能。自分は昭和の教育を受けた世代なのか平成の教育を受けた世代なのか、チェックしてみましょう。

質問1「鎌倉幕府の成立はいつ?」

歴史の年号を覚えるのに役立った「語呂合わせ」。かつて試験勉強で覚えたことの多くは忘れていても、語呂合わせで覚えたことは脳のメモリーに残っていて、今でもサッと思い出せるものもあるでしょう。

なかでも、語呂合わせの代表格といえば「イイクニつくろう鎌倉幕府」。昭和世代にとって「鎌倉幕府の成立年はイイクニ=1192年」が常識でした。

ところが、この語呂合わせはすでに過去のもの。時は流れて、今は「イイハコ(1185)つくろう鎌倉幕府」が新常識になっています。

歴史的な出来事が7年も繰り上がるとは異例の事態。そのタイムラグの謎に迫ってみると、1185年の他にも1180年説、1183年説、1190年説など諸説あることがわかりました。

というのも、鎌倉幕府は源頼朝が鎌倉に侍所(さむらいどころ・武家時代の役所)を置いた1180年を端緒に、1183年には朝廷が頼朝による東国支配権を公認するなど、徐々に確立されていったため、「この年にできた」とは断定しづらい状況があったのです。

現在、最有力とされる1185(イイハコ)年は、壇ノ浦の戦いで平氏を滅ぼしたのち、頼朝が全国に「守護(国の警備をする役職)」と「地頭(土地の管理をする役職)」を置いて、「実質的な支配権を得た年」とされています。つまり、朝廷から頼朝に権力が確実に移行したとされる年なのです。

一方、旧常識の1192(イイクニ)年は頼朝が征夷大将軍に任命され、「名実共に幕府が完成した年」。それ以前に幕府の基盤はでき上がっていたため、成立年は「イイハコ」の方が的確との判断から、定説は覆されたのです。教科書には、多くの学者が認めた説が第一に採用されるのです。

そもそも、「征夷大将軍になること=幕府の成立」という考え方は江戸時代後期に誕生したといわれ、鎌倉時代を生きていた人にとっては「鎌倉幕府? なんですかそれ?」という存在だったかもしれません。未来の教科書では、さらに塗り替えが進む可能性もあり、まだまだ目が離せません。

昭和世代→「1192(イイクニ)年」
平成世代→「1185(イイハコ)年」

質問2「富士山は休火山? それとも活火山」

「富士山は休火山と活火山、どっち?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

「教科書では休火山と習ったけど……」と思った方、その「休火山」という言葉、残念ながら現在は使われていません。また、活火山の定義が変わり、今の教科書では「富士山は活火山」と教えているのです。

以前は、噴火活動中の火山を「活火山」、噴火していない火山のうち過去に噴火記録があるものは「休火山」、記録がなければ「死火山」と呼んでいました。ですが、火山活動の寿命はヒトよりずっと長いため、数百年や数千年程度の休眠で「休火山」とするのはどうか、と異論が唱えられ、1950年代から再検討が始まったのです。

そして、2003年(平成15年)には、長く休眠中でも1万年以内に噴火した履歴があれば「活火山」と呼ぶことが決定。火山噴火予知連絡会が「過去1万年以内に噴火した火山、および現在活発な噴気活動のある火山を活火山とする」という新たな定義を設けたのです。こうして、富士山も晴れて活火山に確定したというわけです。

現在、火山の呼称は「活火山」か、「活火山でない火山」の二通りの分類になったので、「休火山」や「死火山」はすでに死語になっています。

昭和世代→「休火山」
平成世代→「活火山」

質問3「ひらがなの『そ』、どう書く?」

ひらがなの「そ」の字、あなたはどのように書いていますか? 普段は書き順など意識しないでしょうが、実は二通りの書き方があります。

一つが、一画目にテンを打つ「」。もう一つは、一筆でつなげて書く「そ」。要は、上部をつなげずに二画で書くか、つなげて一画で書くかの違いです。

小学校でどう教えているかというと、今の教科書ではつなげる方の「そ」が載っています。昭和世代は、主に二画の方で習っているので「おや?」と思うかもしれませんが、もちろん、それも誤りではありません。

「どっちの『そ』も正しい」となると、かえってすっきりしませんが、ひらがなの書き方とはそもそもあいまいなのです。

漢字の場合、文部科学省が「常用漢字表」で基準となる字体を示していますが、ひらがなにはそれがありません。ちょっと意外ですが、「絶対これ」と公的に規定された形がないのです。もともとひらがなは、漢字を省略してできた形ですから、だんだん書きやすい方に流れて定着したのが、つなげて書く今の「そ」なのです。

おおまかに分ければ、昭和世代はつなげない二画の「」、平成生まれはつなげる一画の「そ」を書く人が多く、今後はつなげるタイプが多数派になっていくでしょう。

わざわざ書き方を変える必要はありませんが、もし子どもに聞かれたら「つなげて書く方」で指導するといいでしょう。実際、二画の「」を書いたら、先生に「こっちはもう使わないよ」と言われることもあるようです。

昭和世代→「
平成世代→「そ」

 

 

seishun.jp

seishun.jp

seishun.jp

PROFILE
現代教育調査班

教育にまつわるさまざまな疑問、不思議について、綿密なリサーチをかけて調査するライター集団。学年や教科を問わず、情報を日々更新している。