大切にすべきはお金ではなく「自分にとって快適かどうか」

サーフィンをする人

クルマ、家、時計……。“当たり前の水準”に合わせる暮らしをしていると、いつの間にか身動きが取れなくなってしまいかねません。一歩先行くライフスタイルを実践してきた本田直之さんが、50代になってからのお金との向き合い方を教えてくれます。

老後にいくら必要か、なんて発想自体がナンセンス

定年退職後のお金に関する考え方も変化しています。あなたは、この先、お金がいくらあったら安心だと考えていますか?

人の金銭感覚についての研究によると、「あなたはお金がいくらあったら安心ですか?」というアンケートを取ると、たいていの人は自分の年収や持っている資産の2倍の額を答えるそうです。

年収500万円の人であれば1000万円、資産1億円の人は2億円、100億円持っている富裕層も200億円と答え、稼いでいる人、持っている人であっても金銭を求める欲と失うことへの不安には限りがありません。

実際、雑誌やネットでも「老後の資金にいくら必要」という記事は人気があります。「最低3000万円は備えておきましょう」とファイナンシャルプランナーが答えている場合もあれば、「1億円」とする記事も、「老後資金は貯めるな!」と異論を示す専門家もいます。

これはつまり、誰もが安心し、納得できる答えなどないということです。なぜなら、幸せな暮らしの定義は人それぞれだからです。

大切なのは、あなたのイメージする幸せな暮らしを実現するために、今やるべきこと、これからやりたいことをしっかり理解すること。それができている人は、人生においてすべてを得る必要はないことも理解できています。

50代が幸せになるお金の使い方4つのポイント

わたしたち50歳前後の世代は、十分な物に囲まれた社会を生きてきました。そして、働けば働くほど収入が増えていく右肩上がりの時代は終わり、多くの人が物による豊かさのために働くという構図に疑問を持つようになっています。

そんなこれからの50代が幸せになるためのお金の使い方は、次の4つのポイントが重要です。

・物ではなく経験にお金を使うこと
・自分が本当にやりたいことにお金を使い、生活の質を高めること
・ステレオタイプの価値観、周囲の目に振り回されないこと
・お金についてしっかり学ぶこと

高級外車を買って「すごいクルマだね!」と言われ、派手なブランド物の服を着てみんなに注目される。バブルの頃までは、物をセットで買うことで幸せが感じられる時代でした。

しかし、お金で人とは違う高級品を買い、他人から認められることで得られる幸せ感は持続しません。より高級な物、より新しい物に目が移り、周囲の評価に振り回されるからです。

日本は今、物が売れない時代だと言われていますが、これは若い世代を中心に多くの人が物を追いかける幸せのむなしさに気づき、お金に対する満足度が変わってきたからでしょう。

自分の価値観に沿って生きる時代へ

わたしは、ドイツ人建築家ミース・ファン・デル・ローエが提唱した「Less is more(レス・イズ・モア)」という言葉が好きです。意訳するなら、「より少ないことは、より豊かなことだ」となります。

彼が設計し、世界中に残している建築物はまさに「Less is more」を体現したものばかり。よりシンプルに。シンプルを極めることで良い建物ができることを感じさせてくれます。

そこには日本人のわたしたちから見ると、禅に通じる美学があり、「もともと僕らの持っていた価値観を生かしたら、もっとおもしろいことができるんじゃないかな」と思わせてくれます。

60年代、70年代生まれの日本人は、大量生産、大量消費の時代を生きてきたため、「多いことはいいことだ」という感覚を持っています。

わたしも子供の頃、家にクーラーが入れば「すげぇ涼しいな」とうれしかったですし、キッチンに電子レンジが置かれたら「どういう仕組み?」と驚き、ビデオデッキやウォークマンに興奮した記憶があります。

まさにそんな時代を生きてきて、より新しいもの、より機能的なものをたくさん手に入れることが正しいとされる価値観の中で成長してきました。しかし、そうした物質至上主義に疲れを感じる人が増え、今は精神的な充足を追い求める時代になってきています。

以前、「Less is more」をメインテーマに本を書いたとき、北欧へ取材に行きました。そこで暮らす多くの人はモノに興味を持っておらず、「今、欲しいモノは何ですか?」と聞いても物質的な何かが欲しいという人はほとんどいません。

返ってきたのは、「旅がしたい」「子どもが幸せになってほしい」「チャレンジングな仕事がしたい」「家族がみな健康でいてほしい」「初めての経験がしてみたい」といった答えでした。モノではなく、体験を大事にしている彼らの言葉には、自分の大切な価値観に沿ってシンプルに生きていく姿勢が感じられました。

「自分にとって」何が快適か

新しい幸せの価値観に気づいた人たちはすでに、ライフスタイルを変え始めています。物質的な幸せから、体験的、精神的な幸せへ。

物ではなく、インプットとなる体験にお金を使い、精神的な満足を重視する。働く時間を減らし、自分や家族と向き合う時間を大切にする。自分にとって何が必要な物かを吟味し、それが得られるかどうかを幸せの基準とする。

そんなふうに考えることでライフスタイルを変えた人たちは、お金に振り回される状態から脱しているのです。

たとえば、わたしが暮らしているハワイでは、高級車に乗ることも、ブランド物の高級時計を付けることも、ステータスになりません。温暖な気候のもと、お金持ちも地元の人も短パンとTシャツ、ビーサン。クルマは遊び道具や生活用品を積んで動けるミニバンが人気です。理由は、それが一番過ごしやすいから。

一方で、アメリカではよく、プロスポーツの世界で活躍し、莫大な額を稼いだスタープレイヤーが引退後に破産するというニュースが流れます。彼らに共通しているのは、自分らしいお金の使い方を学ばずにいたことです。

稼いだら稼いだ分だけ、お金持ちのスタイルに合わせて使ってしまい、気づけば収支が逆転し、借金生活に陥る……。周りの目に合わせるのではなく、自分と家族がどういう暮らしをしたいのかを改めて考えましょう。

年収1000万円になったら、高級スーパーで買い物をし、タワーマンションに住んで……と、ステレオタイプなライフスタイルに振り回されることほどもったいないことはありません。自分にとってどういうライフスタイルが心地いいものなのかを決められるのは、あなただけなのです。

 

 

seishun.jp

seishun.jp

seishun.jp

PROFILE
本田直之

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。現在は、日米のベンチャー企業への投資育成事業を行う。ハワイ、東京に拠点を構え、年の5ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月を日本の地域、2ヶ月をヨーロッパを中心にオセアニア・アジア等の国々を旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。(社)日本ソムリエ協会認定ソムリエ。アカデミー・デュ・ヴァン講師。明治大学・上智大学非常勤講師。